« 鞍馬寺金堂のパワースポット | トップページ | 3.京都旅行----5月5日 »

2011年8月28日 (日)

2.京都旅行----5月4日

 京都旅行っていつの話?!という感じですが……爆発的忙しさが小爆発くらいになったのに、全然書けませんでした。
 ブログも習慣というか、書く習慣が途切れると、ほんっと書かなくなるものですねえ。
 今さら感いっぱいですが、なんとなく落ち着かないので----このままいくと年を越しそうなので----備忘録的に記しておきます。
 ううーむ、ほんと今さらですが、興味のある方は読んでいただけると幸いです。

 さて、2日目は自然を散策しようということで、パワースポットの鞍馬山&鞍馬寺へ。
 鞍馬寺は、牛若丸(源義経)伝承説話の地、天狗伝説で有名。
 まずは、路面電車みたいに小さくて可愛い叡山電車鞍馬線で終点の鞍馬まで。
Img_2170

 








 


 鞍馬に近づくにつれ、車窓は緑でいっぱいになり、わくわくしてくる。
 さて、お昼のことは何も考えていなかったのだけれど、鞍馬駅に着いたら、パン屋さんの販売車が出ていて、いろいろ売っていて賑わっていた。
 一目見るなり、これは美味しいに違いないと感じた(パンは見た目で美味しさがわかる!)。
 ホットドッグ、バケットのフレンチトースト、シュークリームなどを買って、その場ですぐに食べた。それがまた、観光地だから適当に売れば何でも売れるし、といったものではなく、本当に美味しかったので、そういうレベルの高さは京都ならではだなと思った(しかし、このパン屋さんの店名は忘れた……)。
 Img_2172_2

 









 階段を少し上がって、ケーブルカーに乗って、鞍馬山の途中まで登ることにした。






Img_2176  
 
 ケーブルカーから鞍馬山の景色を眺める。→








 
 
 そして、前回にもUpしたけれど、鞍馬山のパワースポットと呼ばれる鞍馬金堂前にある六芒星へ。並んで、ひとりずつここに立って、手を合わせる。

Img_2189  
 鞍馬は、ここだけでなく、鞍馬山全体が自然のエネルギーに満ちた場所という感じがした。
 そこから徒歩で下山。いろいろなコースがあって迷ったが、由岐神社という古い神社を見て行くことにした。
Img_2206  巨大なご神木。写真だとスケール感が今ひとつ出ないけれど、天を貫くような高さで、見事だった。
 Img_2214
 
 神社の階段から見上げると、ちょうどご神木がこんなふうに門の真ん中に見える。というか、この木を崇めるために由岐神社が建てられたことがわかる。
 私たちは逆から来たので、後でこの風景に気づいたのだけれど、由岐神社目指して登っていくコースを選べば、こうしてまず門の向こうに巨木が見え、少しずつ近づき、その脇の階段を上がり、神社へ……という素晴らしい道程になるのだ。
 由岐神社は、桃山建築の割拝殿形式で重要文化財。
 ひなびた感じの味わい深い神社だった。

Img_2201








Img_2212















 

 

 

 

 鞍馬の自然を堪能し、夜は街へ。
 この日も先斗町で晩ご飯を食べることにする。
 お店がたくさんあるので、あれこれ迷いに迷って、結構どこも混んでるし、うーん、どうしようという時に、ふとメニューにあった「新生姜とコーンのかき揚げ」というのが目に留まり、妙にこれを食べたい!という気がして、入ってみると、たまたま席が空いていた。
 京町家すいしん というお店で、ここが大当たり!
 外観はよくあるタイプの古い町家を居酒屋にしたお店なのだけれど、頼んだ料理がどれもこれも素晴らしく、はずれなし。
 京野菜のスティック、新生姜とコーンのかき揚げ、穴子の天ぷら、湯豆腐(豆乳の湯豆腐)、鮎の塩焼き、〆は鯛釜飯!(もっと頼んだ気もするけれど、さすがに3か月以上経つと、忘れるなあ……)
Img_2233  水槽に鮎が泳いでいて、連れ合いと「あ、さっきの鮎かな」と言っていると、目の前の板前さんが「琵琶湖の鮎は、大きくならないんですよ」と教えてくれた。
「この鮎、小さいね」と、食べながら私たちが言っていたのをしっかり聞かれていたらしい……!
 私たちはちょうど板前さんが立ち働くカウンター席で、この板前さんがさっぱりした感じの男前で、動きが小気味よく、寡黙なのだけれど、何か聞くとちゃんと丁寧に答えてくれる。
 そして、これだけのクオリティの高さにも関わらず、値段はお手頃で、今度京都に来る時も絶対またここにしよう!と言い合う(前の晩の川床のお店より安いのに味はこちらの方が勝っていたと思う)。
 京野菜に琵琶湖の鮎……味がいいのはもちろんだけれど、とりあえず放射能のことを心配しなくてよさそうな食材であることが、この時期の私には何かとてもありがたい気がした。
 決して老舗の名店というわけではなく、チェーン店(後でHPを見て知った)なのにこれだけのものが出せるのは、やはり京都だなと思う(東京では考えられない)。
 京都へ行かれる方、自信をもっておすすめします! 

 2日目も充実の1日、鞍馬の自然に触れ、お昼のパンも夜の先斗町すいしんさんも美味しくて、幸せだった。
 京都は奥深い!(また続く)

|
|

« 鞍馬寺金堂のパワースポット | トップページ | 3.京都旅行----5月5日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鞍馬寺金堂のパワースポット | トップページ | 3.京都旅行----5月5日 »