« 「とりあえず、無事」の報告 | トップページ | 長い1週間だった »

2011年3月13日 (日)

3月11日から、その翌日にかけて

Img_2090_3
 11日の地震が起きた時は職場にいた。
 半地下のため、それ程揺れは感じなかったが、巨人が地面をぐわんぐわんとグラインドさせているような、今まであまり感じたことのない厭な感じだった。
 随分と長いので、職場の誰かが「仕事してる場合じゃないかもよ、外に出た方がいいんじゃないの」と言うので、出てみると、上のフロアの人が大勢いた。
 やはり上階はかなり揺れたようだ。
 実は2日前の水曜日にも地震があったが、その時は同じビルの7階で会議をしていて、凄く揺れたので怖かったのだが(でもすぐ収まった)、半地下にいた人に聞いたら、「ちょっと揺れたよね」と言われたので、フロアによって随分違うんだなと思った。
 だから、わりと呑気に構えていたかも知れない。
 それでも揺れている時は、ついに来るべきものが来たか、いよいよ駄目かも、と思いつつも、お願いだから止まって、止まるよね……などなど、様々な思いが錯綜していた。
 職場は東新宿だが、近くのお寺のお墓が坂の途中にあり、そこが土砂崩れを起こしていた。瓦礫と土の山で、パトカーが止まっていて立ち入り禁止に。

 もう皆、帰った方がいいと総務の人に言われたが、いや、電車動いていないよ、という情報が入り、事の重大さを感じる。
 強風でさえも遅れがちになる高架の中央・総武線は一番動かないだろうと思い、夕方まで社内でうろうろしていたが(さすがに仕事する集中力はなし)、徒歩帰宅を決意。会社には泊まりたくなかったし、道は何となくわかっていたので。
 以前、西荻窪に住んでいた時、ひょっとして自転車通勤できるかも?と思い、新宿まで自転車で出たことがあったのだ。
 結局、自転車通勤はやめたが、あの時の経験が役立つとは。

 出る前に、連れ合いや弟の携帯にかけたが、つながらなかった。

 中野くらいまでは楽勝な感じで、途中で美味しそうなパン屋を見つけ、パンが切れていたので、ラッキー!とパンを買い込んだりして余裕があったが、青梅街道を抜け、高円寺を過ぎ、五日市街道に出て吉祥寺方面を目指してからが長かった。
 スニーカーでなく、固い革のブーツだったのもちょっと辛い。
 でも、フード付きのダウンコートを着ていたのはよかった。軽くて温かったし、フードをかぶっていると安心感があった。
 3時間くらいかなと見ていたが、甘かった。
 だんだん足がもつれ、まるで去年の手術後みたいによちよち歩きになった。
 途中のワイン屋さんではワインの香りが、酒屋さんでは日本酒の香りが漂っていた(随分、割れてしまったのだろうなあ)。
 バスは超満員。でも、私が目指したい所へ行くバスもないので、ひたすら歩く。

 高円寺くらいまでは歩道いっぱいに人がいたけれど、五日市街道からは人が少しずつ減り、寂しい感じになる。
 黙々と歩きながら、ふつうに電車に乗って通勤して、ふつうに買い物して帰宅して、やれやれ……とふつうに過ごせる日々がどれほど奇跡のようなバランスの上に成り立っているか、しみじみ考える。
 お遍路さんとかするとこういう感じになるのかなと、思いつつ。

 ようやく見慣れた吉祥寺の街の風景が現れた時は、心底ほっとした。
 この時点で4時間弱くらい。
 どこかで一休みとトイレ、なんて考えていたのも甘かった。
 スターバックスなどは閉店、そりゃそうだよね、従業員だって帰る手段を考えなくちゃいけないもんね。
 駅ビルのアトレでは、多くの人が座り込んでいたり、バスやタクシーには長蛇の列。
 ここまで来ればあともう一息なので、とにかく歩く。
 しかし、吉祥寺ではなく、三鷹なので、そこからもかなり距離はあった。

 職場を出たのは夕方5時半くらいで、家に辿り着いたのは10時。
 やはり都下というだけあって、遠かった。

 玄関はモノが少し動いていたが、目立った被害はなかった。
 しかし、リビングのドアを開けると、本棚が倒壊、一面本の洪水で、予想以上に悲惨だった。
 上の写真は翌日土曜日の午後に撮ったもので、これでもかなり積んできれいになった後のもの(直面した直後は写真を撮るなんて、思いもつかなかった)。
 横にある白い台は、出しっぱなしになっていたアイロン台。
 当日は一面に本が散乱していた。
 奥にある本棚と同じタイプのものを連結させていたのだが、手前のは諸事情で補強をしていなかったため、脇を支える板が倒れ、崩壊した。
 PCは机の上で壁側にずれていたが、特に支障なくこうして動いていてくれる。
 また意外にも台所のカウンターに置いた一輪差しは倒れておらず、水もこぼれていなかった。カウンターは作り付けだから、安定していたのだろう。
 その他、台所の食器棚も作り付けなので、中の食器はワイングラスが一脚だけ粉々に割れて散らばっていた。でも他はだいじょうぶだった。
 クローゼットも作り付けなので、中はだいじょうぶ。
 作り付けって、この地震国では安心かも。
 本当にこの団地でよかったと思う。
 あと、キャスター付きの家具も少し動いているだけで、上のものは無事で、案外いいかもと思った。
 阪神大震災の被災者の方がキャスター付きの家具は転倒せず、スライドするので安全だったと言っていたが、そのとおりだった。

 この時間になってようやく連れ合いと携帯電話がつながり、無事到着したことを報告。
 ちなみに、連れ合いの住んでいる三重県ではほとんど揺れを感じなかったそうだ。
 弟は地方に仕事で行くことが多いので心配だったが、仕事は休みで無事とのこと(でも、電子レンジが吹っ飛んで壊れたそうだ)。
 おそるおそるお風呂に入って、少しだけ残っている野菜スープを温め、さっき買ったパン(このパンが涙が出るほど美味しかった)と紅茶で夜食をとると、だいぶ落ち着いた。
 職場の人から心配の電話、無事であることを告げる。
 遠方の人は会社に泊まるらしい。
 簡単に生存報告のブログ書きをして、倒れるように眠った。
 布団の中で眠れる幸せ。
 それでも余震がある度、怯えたが……。

 さて一夜明け、残った本棚に転倒防止用の突っ張り棒を設置した。
(去年、三鷹市の無料配のものを申し込んで家に置いてあったのだが、入院とかあって、そのまんまになっていたのだ。これを付けていればと凄く反省!)
 そのため、本棚の本を9割くらい出す……というのが、凄い作業だった。
 棚の足の下に滑り止め用のプラスチックを噛ませるため、本を出さないと、動かせなかったのだ。
 Img_2092
 というわけで、再び、また当日の夜のような状態に。
 本で滑って転んだり腰痛が出たりして泣きそうになるが、ニュースで東北地方の被害を聞くにつれ、これくらいで済んでありがたいのだと思う。


 本の整理は後にして、とにかく突っ張り棒を無事設置。
 台所の、作り付けでない棚にも設置。
 これは土曜日中にやっておきたかった。
 このつっぱり棒の商品名が凄いんですよ。
 その名も「地震対策 家具転倒防止器具 マグニチュード7」(東京都葛飾福祉工場)と、そのものずばり。ああ、なんてわかりやすいネーミング。
 設置後、ぐいぐい引っ張ったり、押してみたりしたが、びくとも動かない。
 素晴らしい。

 日本は地震多発国だから、こうして日頃から考えて暮らしていくしかないんだろうな。
 それにしても、洪水などが来たらひとたまりもないが……。

 宮城県のニュースには胸が潰れるような思いだ。
 街がひとつなくなるって、どういうことだろうか。
 そして、日本は本当に原発はもうやめた方がいいのではないだろうか?
(でも一度稼働させると、止めるのも危険なのか?----簡単なことではないのを承知であえて言ってみた)
 代替エネルギーを考えるとか、使用量を抑えるとか、皆で考えないといけないと真剣に思う。

 生きていくうえで何が大事なのか、人間にはなす術もない大きな自然災害の脅威と同時に、人間の傲慢さが引き起こす地球環境の荒廃など、改めていろいろなことを考えさせられる。

 東北の方々の無事をお祈りするばかりです。

|
|

« 「とりあえず、無事」の報告 | トップページ | 長い1週間だった »

コメント

Kateさん!

大変でしたね。ご無事で何よりでした!

都心で仕事をなさっていて、Kateさんのように
深夜近くまでかかって徒歩で帰宅された方々は、
私の知り合いにも幾人もいるはずなのですが、
こんなに詳細な個人リポートを書いてくださった人は
誰もいなかったので、食い入るように拝読しました。

この先も、どうぞ気をつけてお過ごしください。
この場をお借りして、Kateさんはじめ皆さまのご無事をお祈りしています。

投稿: Calvina | 2011年3月13日 (日) 11:31

Calvinaさん
ご心配いただき、ありがとうございます。
今朝も少し余震があり、ちょっと怖かったです。

本の山を目の前にして、本当にこんなに必要なのか……と、
あれこれ考えてしまいます。
また追記したいと思います。

投稿: kate | 2011年3月13日 (日) 11:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「とりあえず、無事」の報告 | トップページ | 長い1週間だった »