« ステフィとネッリの物語 | トップページ | マンダリンオリエンタル東京のアフタヌーンティー »

2010年9月20日 (月)

あまりに夏が長かった……

 狂ったような暑さもようやく終わりを告げ始めた、今日この頃。
 それでも日中は結構暑くて、昨日なんかまだ蝉が鳴いていたし。
 手術から早くも2か月以上経った。
 開腹手術なんて一生のうちにそう何度も経験することではないと思うけれど、観測至上最も暑かった夏に当たってしまうとは(笑)。
 あまりに暑くて元気になっているのをあまり実感できないくらいだった(元気にはなっているんだけどね)。

 で、春からずーっとメモをしていて、書きたかった本のことを先程ようやくアップして、義務を果たしたような気分。
 次は、6月のピナの公演のことか……(書くまでに、ひと季節ずつずれていくようです)。

 ところで、10月にシャルロット・ゲンスブールの来日公演があります!
 緊張して抽選の先行予約をしたら、あっさり当選。
 別のところで2回も応募しなくてよかった。
 会場が広いせいもあるだろうれど、今の若い人はシャルロット・ゲンズブールのこと、あまり知らないのかな?
 何はともあれ、日本では2回しか公演をしないし、次来るのかどうかもわからないので、楽しみ。

 

 そして、暑い頃、よく見ていたネット上のCM。
Chanel No5
 すごーく涼やかな気分になれるのです。
 Chanel No5、2009年のCM、オドレィ・トトゥ・バージョン。
 これはもうCMではなく、短編映画。
 シャネルの人生を描いた映画 「ココ・アヴァン・シャネル」を観てから、オドレィがますます好きになったので。
 やはり、美しいものはいいなあ。

  

|
|

« ステフィとネッリの物語 | トップページ | マンダリンオリエンタル東京のアフタヌーンティー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ステフィとネッリの物語 | トップページ | マンダリンオリエンタル東京のアフタヌーンティー »