« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月に作成された記事

2010年7月30日 (金)

2010年 手術の旅-<1>初めの症状

 退院してから、ほぼ10日が経った。手術からは18日目。
 こうしてPCなんかに向かっていると、すっかり元気になったようでも、いざ外に出ると通常の3分の1くらいのスピードでしか歩けないし、うっかり咳でもしようもなら、しゃがみ込むほどお腹が痛いので、まだまだだなあと思う。
 でも、1日単位では大きな変化は感じられなくても、薄紙を1枚1枚剥いでいくように、少しずつ回復している感じは確かにある。

 簡単に、術後18日、といってもこの「手術」を決意するまでが長かったなあ。
 これから、それまでのことと、入院や手術のことなどをぽつぽつ書いていこうと思う。

 事の起こりは酷い腰痛から。
 腰痛持ちの私は、いよいよ椎間板ヘルニアか?!と、整形外科に駆け込み、レントゲンをとったものの、異常はなかった。
「お腹に影が見えますね。女性で腰痛の場合、婦人科系の病気のことがよくありますから、婦人科にも行かれたほうがいいですよ」
 という、その整形外科の先生のアドバイスは的確だった。
 通っていたレディスクリニックに行くと、小さかった筋腫が6cmくらいに大きくなり、小さいのもたくさんありそうと言われ、驚愕。
 30代後半くらいから子宮筋腫がちょっとあるというのはわかっていたのだけれど、それが数年経ち、いつの間にか巨大化していたらしい。
 この時点が、2006年9月。
 そう、私は4年近くもそのままの状態でいたのだ(そのまま、というより、筋腫は年々ちょっとずつ大きくなっていた)。
 その前の小さい頃からの状態も含めると、もっと長くなるので、いったい何年か……。 

 すべてを取り去ってしまった今から思うと、長い旅だったなあと思う。
 というわけで、続きはまた次回。 

| | コメント (0)
|

2010年7月22日 (木)

無事、生還

 先日、20日に無事、退院しました!
 手術も比較的スムースに進み、術後の経過も順調です。
 とはいえ、手術直後の辛さは筆舌に尽くしがたいものがありました。
 いずれ、筆舌に尽くしてみたいような気もしますが……。

 順調とはいえ、今はゆっくり歩くのがやっと。
 それでも身の回りのことは時間をかけて自分でできるので、
家にいるほうが癒されます。

 入院した頃はまだ梅雨明け前だったけれど、季節もすっかり
巡り、暑いこと、暑いこと。sun
 リハビリのお散歩もままならないので、家の事などぼちぼち
やりながら、体を慣らしていこうと思っています。

☆ローズマダーさん
 先日はコメントありがとうございました!
 このとおり、無事、戻って参りました。

| | コメント (6)
|

2010年7月10日 (土)

こんな晴れの日に

 これからいよいよ入院です。
 あれもこれも書いておこうと思いながら、仕事の引き継ぎなどでばたばたで、ワールドカップもちょこちょこっと観たりして(ドイツ×スペインは結果を知ったうえでの録画観戦だったけれど、面白かったので、おかげでちょっと現実逃避できた)、予想以上の忙しさでした。
 無事、退院し、回復しましたら、6月のピナの公演のことなども含め、またいろいろと書き綴りたいと思います。

 入院・手術当日には、連れ合いが来てくれるので、安心です。

 では、行って参ります。
 皆様もお元気で!

| | コメント (1)
|

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »