« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月に作成された記事

2010年5月23日 (日)

「チェイス」最終回

 NHKドラマの「チェイス」は、昨夜で最終回を迎えた。
 回を追うごとに、天才脱税コンサルタント村雲の出自が明らかになり、金をめぐっての大きなスケールの社会的な話が、結局のところ、母に愛されなかった子ども……という、極めて個人的な物語に収斂していく描き方が見事だった。
 ARATA演じる村雲は、悪の化身のようでありながら、完全に悪の存在としてと突き放しきれない、哀しい人物になっていたのも秀逸。
 とにかく、国税査察官の春馬を演じた江口洋介とARATAの演技が素晴らしかった。
 江口洋介はまあ、ずっと好感度俳優で人気は高かったけれど、ARATAはこのドラマでぐっと評価が高まり、出演作品の幅が広がるに違いないだろう。
 大森南朋が「ハゲタカ」の主演でブレイクしたように(その前から演技派として、いろいろ活躍はしていたが、地味だった)。

 そして、あっと息を呑むラスト。
 結局、村雲が死んで、やや感傷的になる査察官の春馬――であったが、この事件の最大の鍵を彼から託されたことを知るやいなや、国税局からの電話にその事実を伝える。
 この展開も鮮やかで、モチーフとして度々出てきた木彫りの黒いバラが上手く使われていた。
 で、春馬は瞬時に夢(悪夢)から引き戻され、現実へしっかりと着地するのである。
 なぜなら、「地べたを這いずり回るようにして働き、人様の税金で生活している犬」(他の場面でのセリフ~正確ではありません)であるという、苦い自覚と覚悟をした人間(=大人)だからである。
 そこで、画面は唐突に音楽もなく終わり、菊地成孔のあの官能的で甘いエンディグのテーマ曲も一切なし(ちなみに、その曲名が「退行」というのも実に見事と言うほかない)。
 それがかえって印象的だった。

Photo06_00_3
         死をもってでしか安らぎを得ることのなかった村雲…

 と、大人(父性)とか社会とかお金とか、そんなものを考えさせる、日本の中では数少ないドラマだった。
 ただし、宙ぶらりんで辻褄の合わないところも所々あったが。特に母親と地元の警察署長と、事件との関わりなど……そういう点では、「ハゲタカ」の方がドラマとしての精度は高かったように思うが、でもこの「チェイス」には少々の矛盾点などどうでもよくなってしまうような、ひりひりとした痛みで人を虜にさせる力があった。
 
 ついこの前観たクリント・イーストウッドの「グラン・トリノ」がそういう要素の詰まった、社会的なことと個人をつなげる凄い映画で、公開時からあちこちで話題になっていたみたいだが、私も圧倒された――ので、これはまたいつか。
 いやほんと、凄い映画ですよ。凄いをやたらと連発してしまうけれど。

 7月からは、この枠で「鉄の骨」という企業(建設業界)の談合をテーマにしたドラマが始まる。
 原作をぱらぱらと読んだことがあり、これはNHKドラマになりそうな、と思っていたら、ほんとにドラマになるのであった。さすが、目の付けどころが鋭い。これも期待できそう。
 7月といえば、中旬には入院するので、HDDの空きを何とか作って録画しておかなくては!

 恋愛ものより、社会派ドラマ(というかNHKドラマ?)が面白いこの頃である。

 

| | コメント (2)
|

2010年5月 1日 (土)

今シーズンのTVドラマは――「チェイス」

 やっと連休だ。素直に嬉しい。
 今日(30日の金曜)は電車も空いていてよかった。
 そんな連休前の穏やかな夜、熱々に温めたレトルトのキーマカレーの封を切った途端、ぶちまけて、晩ご飯が半分になり、掃除に追われるはめになるという大惨事――ま、小惨事だけど――をさっきやらかして疲労困憊。
 疲れすぎてヤケを起こし、眠いのにブログを書くことにした(笑)。

 さて、「素直」と言えば、TVドラマの「素直になれなくて」だが……これが凄く変だ。
 初回と先週の2回目まで見たが、もう止めた。
 Twitterの一文がナレーション代わりみたいになって、初めから変なドラマだなあと思っていたのだが、2回目の時、女の子が自殺未遂をして、そのTwitter仲間みたいのがわらわら集まってきて、女の子は無事助かったんだけど、誰もその理由を聞かないのだ。
 そんなのってあり???? 普通、どうしてそんなことをしたの?とか言うでしょうが。
 それとも、私の意識が飛んでいて、そのシーンを見逃したのか?というくらい、違和感を覚える展開だった。
 でもって、 「たいしたことなくて、よかったね」とか言って、退院したら、すぐに飲み会とかやってるし……。
 まるで、ドラマを進めるための道具みたいに「自殺未遂」を使うんだよな。
 このドラマは自殺未遂(リストカット)だけでなく、パワハラ、セクハラ、未成年者のドラッグなど、そういうネガティブな要素を、Twitterを取り入れるのと同じような感覚で、流行りものなので入れてみました……みたいな感じで盛り込んでいて、それがどうも落ち着かない。
 上野樹里や瑛太が出ているので、ちょっと見てみたのだが、期待はずれ。
 昨年の、初めよくて途中から変なふうになった「ラストフレンズ」の方がまだまともだった気がする。
 子どもの虐待がテーマの「MOTHER」も1回で止めた。あんな小さな女の子は、あんなものの言い方はしない。ああいうセリフを言わせたら受けそう、というのが見え見えというか、大人が頭で考えた健気な子どものイメージで、気持ちが悪い。
 イギリスの良質な児童文学でも読んでみればいいのに。

 と比べると、やはりNHKのドラマは素晴らしい。
 Photo02_01_4














 
 今シーズンは「チェイス」 です。
 今までの「ハゲタカ」「監査法人」などと並ぶ、社会派ドラマ。菊地成孔が音楽担当ということで見始めたのだけれど、音楽のみならず、脚本もキャスティングもよいし、香港のロケも迫力あった(写真:NHKの公式HPの写真館から)。
 外資系ファンドだの監査法人なんていう経済的なテーマで、ちゃんと人間ドラマにもなっているところが凄いのだけれど、この「チェイス」も国税査察官の話。
 大金を儲けながら税金を逃れようとする経営者たちとそのための手引きをするコンサルタント、それを追う国税査察官。
 「あっちの世界とこっちの世界は関係ないと思っていたけれど、実はつながっていたんだ」という主人公の国税査察官の言葉が重い。
 彼の妻は、ある企業が資金を上手く調整するためにリースされた、不備のある飛行機に乗ったために事故死してしまうのだ。
 この企業は膨大な違約金を手にする……誰かの法外な利益は、実は誰かの悲劇のうえに成り立っている、という構図。

 「ハゲタカ」でも、「人生にはふたつの悲劇がある。金のない悲劇と、金がありすぎる悲劇だ」や「日本は地獄だよ。生ぬるい地獄」というようなセリフがあったが、どちらのドラマも名言集が作れそうなほどだ。

 国税査察官は江口洋介、天才脱税コンサルタントはARATA(動いていると、時々、小沢健二似?と思うことがある。同じ系統の顔かも)。
 そのふたりが知らずにすれ違う瞬間。
Photo02_03_2
 ARATAは、このドラマの中では左手が義手(その理由はまだ明かされていない)で、謎の女・麻生久美子と絡むときは、それが妙に危うく艶めかしくもあり、NHKドラマで一見堅いテーマに見えて、案外とエロティックな雰囲気が……。
 こういうのこそ、R指定にすべきでは(笑)。
 エンディングに流れる、菊地成孔が歌う曲もそこはかとなくエロい。
 脱税と国税査察官の話なのにエロティック。意表をついてくれる。いいぞ、NHK。

 今、土曜の夜の一番の楽しみ。
 と、何だかんだと言って、ドラマ好きな私です。

 

| | コメント (0)
|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »