« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年2月に作成された記事

2010年2月27日 (土)

もうじき春なのに……

 自分は季節を問わないアレルギー性鼻炎と思っていたら、この時期に鼻炎が始まり、立派な花粉症?と思ったりする今日この頃。
 鼻水が止まらない昨日は、職場のPCがご臨終、午前中はそのすったもんだで潰れ、総務の人に代理のノート型のをあてがってもらったけれど、自分仕様じゃないから、使いにくいことこのうえなし。
 仕事の効率も下がりまくり……な時に限って、入稿を控え、超忙しい時期(2月は稼働日が少ないので、その皺寄せが。独特な周期でつくっているので、こういう時に異常に忙しくなる)。
 ほんと昨日は泣きたくなった。鼻水止まらないし。
 鼻炎の嵐とPCクラッシュ、1日に起きるのはせめてどちらかひとつだけにしてほしい。
 来週は来週で、個人的に病院通い、団地の排水管の清掃立ち合いとか、つまらない用事が目白押し(苦笑)で、出勤時間が遅れる……でも仕事のスケジュールはパンパン、会議だの入稿だの、極めつけは、フロア内の移動があり、引っ越しをせよとのお達しなので、荷造り、来週は休日出勤……仕事があるだけマシと思いたくても、思ってみる余裕もない時期はある。

 まったく、この時代、PCがクラッシュすると全然仕事ができなくなる。
 すべてはPCに……怖いなあ(データはバックアップとってあるけれど、自分のPCがないと、ほんと仕事が進まないし、メールとかちょっと見られないとすぐ不安になるし)。

 「抱擁のかけら」や、先日急逝したアレクサンダー・マックイーンのことなど、いろいと書きたいことはあるけれど、当分ムリっぽい(前述のとおり、来週は休日出勤なので)。

 面白い記事も書けないので、ブログのリンクをstyle rookie
 アメリカの13歳のファッション・ブロガーtaviちゃん。
 彼女のブログとそのファッションセンスが話題になり、なんと川久保玲の招待を受けて来日したとか。
 覗いてみたら、ほんとうに素敵なんですよ。
Header2
 彼女のコーディネートが実にラブリーで、昔のオリーブみたい。
 写真の掲載の仕方もセンスよくて、編集者的な才能もありそう。
 ある絵本からインスパイアされたコーディネイトの日は、その服のテキスタイルのアップ、絵本のページのアップと、ちゃんとひとつの流れができていて――つまり編集されているという――このまんまファッション誌に載せてもいいくらいのクオリティの高さ。びっくりですよ、もう。
 いろんな服装をして自分で自分を撮影しているんだけど(自分で撮っているのか、家族か誰かが撮っているのかは不明)、その感じがどこかシンディ・シャーマンぽっかったり(というと深読みしすぎ?)。
 英語なのでそんなにちゃんと読めないが、文章量が多く、しっかりしたテキスト、という印象。
 センスがいい、ファッション・フリークなだけではなく、自分でオリジナルなコーディネートもできる(消費するだけでない、ということ!)、文章も書ける(これ、重要だと思う)というわけで、日本のブログのほとんどが、アクセスしても検索画面に出てくる2~3行以上の情報はなくて、がっくり……というのと比べると、これは凄い。
 ちやほやされる子役の子どもみたいな、危うさもないしね。
  こういう発信をする人のために、ブログというのはよい形で機能するんだろうな。
(自分のブログが退屈で、センスのないものに思える……ちょっと見習いたい。でも時間がない:ぶつぶつ)

 まさに、アンファン・テリブル――恐るべき子ども、である。

 それにしても、こんなふうに世界的に注目されるのも、英語の強みかなあ。

  

| | コメント (0)
|

2010年2月21日 (日)

たぶんこの冬最後の雪景色

 先週の真ん中、朝起きて、カーテンを開けたら真っ白だった。
 どうりで、前の晩、しんしんと冷え込むと思った……。
 外に出ると、植え込みに雪がふっくらと、どこか美味しそうな感じに乗っかっていて可愛らしかったのに、昼からどんどん晴れて、夜、帰宅時には跡形もなく雪は消えていた。
 Img_1976
 今週からは寒さも緩むらしい。春ももうじき。

 金曜日は職場の、違う部署だけれどいちばん仲良くしている女の子(といっても30代だが)とイタリアンでお食事。
 あんまりにもしたたかな女性を目の前にすると、一瞬言葉を失い、その後、怒涛のように言葉が溢れてきて止まらなくなる――この前はランチでそんなとある女性の話をしたのだけれど、それだけでは足りないからと、夜のお食事会を決行。
 極端な性格の人なので、こちらにもいろんな実害がじわじわと……本人は無自覚なだけにたちが悪い……とかなんとか、まあ、よくあるそういう話(愚痴:笑)。
 いつも異様にうるさいプレゴプレゴだが、この日は金曜7時の予約で、隅のカウンター席に座れたら、まだお客さんも少なく静かだった。
 静かなせいか、今までより料理の味に集中できて、数段美味しく感じた。
 冷製白身魚とじゃがいもの重ね焼きプロヴァンス風はレモンの香りがして爽やかな味わい。茸とクリームソースのフィットチーネも最高! 
 プレゴプレゴのイタリアンを堪能しつつ、たまには毒を吐くことも必要と実感。
 美味しいご飯とお喋りは、やはり女性の元気の素!

 仕事をしていくうえで、人との関わりは絶てないから、結構心に負荷のかかることも多い……でも、そういうつまらないところで自分自身は消耗したくないなあと思う。

 この前観たアルモドバルの「抱擁のかけら」が素晴らしかったので、また時間ができたらその感想でも。
 いいものを観て、人間が小さくならないようにしないとね。

<追記1>
 さあ、日曜の夜は龍馬だ!
 天地人は3回くらいで挫折したのに、今回はずっと観ている。
 やはり、戦国時代より、人々が激動のなか攘夷か開国か!!とか言って右往左往する幕末の方が好きなんだと思う。
 あと、江戸の町の様子がやはり楽しいんだな。下町だと、女性も生き生きしているし。
 福山雅治が意外と骨太な感じで好感度高し。江戸まで龍馬のお供をしていたピエール瀧がいい味出していて、いつの間にか役者になっているし、リリー・フランキーも前回出ていて(なんつうサブカルなキャスティング!)、またまた菩薩のようであった。本当に不思議な人である。
 香川照之の濃い演技も見応えあるし、大森南朋もいるし、結構好きな俳優さんが出ているのであった。

<追記2>
 最近、mixiなんかもめっきり更新が減っていたり(自分も更新はしていないので何も言えないのだが)、お気に入りのブログを見に行っても、ぱたっと更新が止まっているのを見たりすると、皆さん、つぶやきの方に行っているのかなあと思うこの頃。
 たぶん、私のように書くのに構えてしまい、なかなか更新できない人間こそ、気楽につぶやいたほうがよいのかも知れないけれど、これ以上ネットにどっぷりなのもなあ~という感じで、あえて距離を取っている。
 書くのに構えて時間がかかるから、更新はたまにという、これくらいの頻度が自分には合っているのかも、と。
 でも、何がいいのか、よくわからない(やり方自体もよくわからない!)……というのが正直なところ。

 このココログでもいつの間にか、コメントと並んで、つぶやきに飛べるリンクが貼ってある。私が設定したのではありません。自動的にそうなっていたのだ。ほんと、よくわかりません……。

| | コメント (3)
|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年4月 »