« あれから15年 | トップページ | たぶんこの冬最後の雪景色 »

2010年1月31日 (日)

ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団、6月に来日――私と踊って

 昨年の夏、突然にこの世を去ったピナ・バウシュ。
 その「ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団」が今年の6月来日します。
 今まで見逃していた方は、これはもう行かないと!

 昨年の秋に聞いた貫成人さんのトーク・ショーの際、ヴッパタール舞踊団の今後について質問をしてみたのだが、「それは舞踊団のメンバーたちもまだよくわからない状態であり、とりあえず、次の2010年の公演は行うことが決定している」とのことだった。
 また、「ピナの後継者というのは考えられるのか?」という、ほとんどダメ元の質問に対しては、「その辺はとても微妙で、クラシックバレエと異なるので、継承していくのは非常に難しいだろう……」というようなことを仰っていた。
 貫さんもピナとは親しかったとはいえ、直接の関係者ではないので、何とも答えようがないと思うが。
 ピナのダンスは、公演ごとに記録が付けられており、それはアーカイブとなって保管されているそうなので、ある程度までは再演可能だけれど、新しい演目というのは、ピナがいない今となってはそれも非常に難しい……とも。
 それはそうだろうと思う。
 再演するにしても、公演ごとに、練習ごとに、ピナがダンサーたちに細かく質問したり、丁寧に丁寧にやり取りをして、創り上げていくものだったそうだから。
 ピナの代わりになる人はいないだろう。
 今のダンサーは、ピナの教えを直に受け、長年踊ってきた人たちなので、ピナの息吹はまだまだ残っていると思う。
 でも、それが永久に続くとは思えない。
 だから、今回の日本公演はピナがいなくても、その息遣いを感じられる最後のものになるかもしれない……と私は個人的に感じている。
 とにかく、今年がその最後かどうかはわからないが、そういつまでも続くとは思えないので、貴重な来日公演だと思う。

 というわけで、6月なのに、もうチケットをゲットしましたよ!
 2008年に引き続き、今年もまた連れ合いと一緒に観に行きます。
 でも、ちょっとすったもんだがあったのだ。 
 日本文化財団にダイレクトメールをリクエストしていたのだが、郵送されてきたのが、一般発売の直前だったり、それもFAXで申し込み受付、だいたいの希望の席を書いてください、ご希望に添えない場合はお電話します……などとあって、今時、本当にそんなアナログな対応をしてくれるのか?!と非常に心配だった。
 おまけに、ネットでのチケット(民間のチケットサービス)の先行発売はすでに始まっており(その前にダイレクトメールくれればいいのに!!)、確かめてみたところ、ネットではあまりよい席は残っていない(手数料も高いし)。
 そんなこんなで、なんだかよくわからないまま、おそるおそる申し込んだら――お役所仕事的ではあれど、さすが主催元、1階9列が並びで無事取れた!
 おまけにペア券だと、1枚につき500円引き。
 チケットも普通郵便(!)で送られてきたりして(だから手数料かからないんだろうけれど)、いろいろ不安だったけれど、まあ、結果よければすべてよし、ということで(笑)。

 日本文化財団のHPより。photo:エー・アイ飯島直人
 Pina10_03
 








 公演詳細はこちら
 今回の演目は、初期の作品、本邦初公演の「私と踊って」。
 このタイトルだけで、胸に迫ってくるというか、何か感情を掻き立てられるものがある。
 写真も素敵で、この1枚だけでぞくぞくする!
 
 ダンスというものは、すべてを映像に焼き付けられるわけでもなく、絵や小説のように紙の上に残るものでもない。
 踊る者と観る者が、同じ時間と場を共有する中だけに感動がある。
 儚い芸術だなと思う。
 でも、観た者の記憶には、その感動がしっかりと刻まれる。
 そういうものに全人生をかけて生き抜いたピナ・バウシュという人の凄さを改めて感じる。

*ピナについての記事や2008年の公演「フルムーン」の感想も書いています。
 こちら もどうぞ。

|
|

« あれから15年 | トップページ | たぶんこの冬最後の雪景色 »

コメント

こんにちは。
kateさんの記事で来日公演のことを知り、これを見逃したら、
きっとあとあと後悔すると思い、チケットさっそくゲットしました。
今から楽しみです。情報を本当にありがとうございました!

投稿: Asa | 2010年2月 6日 (土) 01:22

Asaさん
こんにちは。
calvinaさんとお知り合いのAsaさんですね!
これからどうなるか、本当に一ファンの私には
何も言えないのですが、とりあえず、今度の
公演は観ておいたほうがよいと思います。
特にものを創作される方には、何かしらの
インスピレーションを与えてくれるのでは
ないかと思います!

投稿: Kate | 2010年2月 6日 (土) 13:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あれから15年 | トップページ | たぶんこの冬最後の雪景色 »