« 過ぎ行く2009年 | トップページ | お正月日記 »

2010年1月 1日 (金)

2010 A Happy New Year!

Img_1942


















~あけまして おめでとうございます~

 団地の部屋から見た初日の出。

 大晦日は、冷蔵庫の拭き掃除、アイロンかけ、玄関まわりなど、最後の最後までやることがあり、こういう自分を反省しつつも、夜にはなんとか収束。
 で、紅白をつけてみるもやはりどうにも空々しく、J-WAVEで流れるビートルズを聞いている方が気分がよいので、そっちに耳を傾ける。
 カウントダウンは、ジャニーズで。だんだん、年越しの過ごし方が決まってきたみたいだ。
それから、大晦日に、元旦の早朝(4時半前後)、皆既月食が見られるというニュースを聞く。
 東京で見るのは難しいかも知れないし、果たして月がどの辺の位置にあるのかもわからないので、これはさすがにいいやと思い眠る……が、偶然、ぴったり4時半にトイレに行きたくなって目が醒め、せっかく醒めたのだからと、ガウンの上にショールを羽織り、共用の外廊下から空を見上げると……おお、本当に輝く月の左端がすこーし欠けて見えるではないか! 神秘的な光景でした。

また、日本の歴史上、元日に起こる月食は実は初めてと言えるのです。というのも、明治以前の暦は月の満ち欠けをもとにした太陰太陽暦でしたから、元日は必 ず新月であり、満月になることはなく、原理的に月食は起こりません。また、現在の暦への改暦以降では、元日に月食が起こるのは、2010年が初めてになる からです。その意味で、珍しい月食といえるかもしれません。
                  「2010年元日の早朝に起こる部分月食」
Astro Arts より

 
年頭から貴重なものを見たなあと、感激。
 星もよく見えるし、昨年は二重の虹も見えたし、富士山も見えるし(部屋のベランダからではなく、共用の外廊下から)、昨夜は近くのお寺から鐘の音が聞こえ、自然を堪能できる、なかなか風流な団地です。

 年末の疲れが溜まっていたせいか初日の出を見た後、安心して再び爆睡。

 遅い時間に起き出して、お雑煮の支度をしているうち、お昼なんだかおやつなんだかわからない時間になる。お餅も焼いて、生活クラブのミニおせちセットなど、あれこれいっぱい食べる。
 WOWOWで録画した『砂の器』を見て、だらだら。
 2009年は生誕100年だったせいか、再びブームの松本清張。
 松本清張は、若い頃はまるっきり興味なかったのに、最近は面白いと感じる。
 社会派推理小説――戦後の影がまだ色濃い、昭和の暗い、重い雰囲気がなんともいえない。そして、あの貧しさ。
 映像化された作品は、やはり昭和に作られたものの方がいいなあ。
 今の若い俳優さんだと、顔に翳りと凄みが足りないと思う。
 ネットも携帯電話もない時代の捜査。
 あの黒電話や本数の少ない電車を乗り継ぐ風景は、なにかゴリゴリとした手触りがあって、懐かしい。
 新しい文庫版も充実しているので、今年はいろいろ読んでみたい。

 と、相変わらずのひとりの気ままなお正月。

 今年の抱負は――体調を整える、時間の使い方を考える、溜まったままのデジカメの画像はじめモノを整理することを考える――などなど、整理、整えるがテーマかも。
 また、漱石など、日本の近代文学も改めて集中して読みたい。
 この年になると、時間は無限ではないのだということにいろいろな局面で気づかされて――それは体力の衰えが大きいかも(苦笑)――本当に何が一番大事なのかも考えないといけないなあ、なんてことも思う。
 まあ、この年代(40代)でそんなことを言うには早いかも知れないけど。

 というわけで、2010年もどうぞよろしくです。

|
|

« 過ぎ行く2009年 | トップページ | お正月日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 過ぎ行く2009年 | トップページ | お正月日記 »