« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月に作成された記事

2009年11月22日 (日)

BBCドラマ「ミストレス」に夢中!

 BBCドラマ「ミストレス」 (MISTRESS)が面白い(日本ではCATVのLaLaTVで放送/現在、シーズン1と2と合わせて12話まで放送)。
 イギリス版「SEX AND THE CITY」(以下、SATC)と宣伝されていて、イギリスでもそんな二番煎じみたいなドラマつくって……海外ドラマは見始めるときりがなくなるからなあと、初めは見ていなかったのだが、試しに、ある日唐突に1話だけ見たら、ストーリーの前後関係がわからないにも関わらず、あまりの面白さにびっくり、そのままのめりこんでしまった。
 SATCより、もうちょっとシリアスで、見応えたっぷり。
 よくわからないまま見続け、再放送の折りにひととおり見ることができた(途中、録画に失敗し、ところどころ抜けてはいるので、人間関係でよくわからないところもある)。

 以前、このブログでも女性の年齢のことや大人の(つまり、若くはない)女性が魅力的に描かれた作品が少ないと書いたことがある(ドラマの中の若くない女性たち  キョンキョンと亀梨クンから「デブラ・ウィンガーを探して」まで―女性の年齢について 参照)。
 そういう意味では、このドラマでは正に若くはない、大人の女性たちが主人公で、それが実に魅力的で、リアルな女性像となっている。

090701_mistress_main










 
 左から~トゥルーディー(=シャロン・スモール)。夫をアメリカの911で亡くしたが、本当は生きているのではないかと思いつつ、シングルマザーとしてふたりの娘を必死で育てている。夫がいる間は専業主婦だったらしいが、ケーキづくりの腕を活かして、手づくりのお菓子を近所のデリカテッセンへ卸す仕事を始めている。
 心配性でなかなか新しい人生を踏み出せないのだが、そこがまたよさでもあり、やさしい心の持ち主。
 ジェシカ(=シェリー・コン)。恋愛や結婚の決まった型にとらわれたくない自由主義者。職業はイベント会社の敏腕プランナー。快楽主義者ではあるが、自立していて強い。インド系の血が入っているらしく、登場人物のなかで一番美人で強いのがエスニック系の女性、という設定がイギリスらしい(あ、アリーMyラブもそうだった)。
 ケイティ(=サラ・パリッシュ)は、医師。キャリアウーマンだけれど、なぜか恋愛では安定した関係を結べない。自分が看取ったがん患者と不倫関係だったが、その息子とも危うい関係になり、転職先の病院で恋人ができたにも関わらず、元上司とまた不倫に……おいおい、それはいくらなんでもよろめき過ぎでは?!と言いたくなるし、恋愛関係に何かトラウマがあるのか、問題を抱え込みがち。でも、確かには弱い面もあるが、言い訳をしないし、責任は自分で取るし、ぎりぎりのところでは孤独と向き合えるところもある。
 一番右端、シボーン(=オーラ・ブレイディ)は、弁護士。夫とはすれ違いが多く、他の男性と関係を持ち、そこから思わぬ波紋が(彼女はこのドラマ出演時すでに46歳くらいなのだけれど、美しい! アイルランド系の人だそうです)。美しく仕事もできるのに、いやそれ故か、人生は波乱気味。でも決して折れることなく、「修羅場」での態度がお見事。覚悟を決めた女は強いというか、カッコいい。

 というわけで、実際の女優さんたちも、ドラマの設定年齢も、40代真っ只中という感じで(ジェシカだけ少し若い?)、女性の多様な生き方を見せてくれる。
 特に、シボーンは、今まで描かれてこなかったタイプの女性だと思う。
 結婚10年経ってもなかなか子どもに恵まれない。また、妊娠だけがセックスの目的となってしまった夫に――今日は君は排卵日じゃないから、などと夫に言われる――違和感を抱いているシボーン。
 ある時、思い切って夫婦で検査を受けに行くと、夫が無精子症ということが判明。それにショックを受けた夫は、ますますシボーンを避けるようになり、すっかりセックスレス状態に。
 この時点で、シボーンの夫は自分が原因で妊娠させられないが故に、拗ねているようにしか見えず、しっかりしろよと言いたくなるのだが、それにしても、こういうリアルなテーマをよくぞここまで踏み込んで描いたなと思う(男性にとっては、アイデンティティの崩壊にも近い状態をもたらすのだなあとか。男性はあまり見たくないドラマかも:笑)。
 夫とますますぎくしゃくし、女として見てもらえなくなったシボーンは孤独と焦燥感にかられ、職場の同僚と関係を持つ。 
 そして、彼との子どもを思いがけず妊娠、迷った末に出産し、夫も認めるのだが……ふたりの間の溝は埋まらず、シボーンは満たされない思いを抱え、今度は行きずりの男と関係を持ち、そこから思わぬ恐ろしい展開が……。
 相手を転落させるためだけに冷徹に周到に迫ってくる男というのが、本当にヨーロッパとかにはいそうで、それがまた資産家でインテリ風でもあったりして、この人物像ほんとに怖かった。
 この辺はミステリー風な展開にもなっており、ドラマの見せ場でもある。
 また、トゥルーディーの、911で亡くなったはずの夫も実は……という展開も用意されている。
 話はシボーンに戻るが、彼女は自分が外で関係を持つことによって、逆に夫との関係もなんとか保てるのではないかと考えるのだが、人間とはそう簡単に割り切れるものではないことを知らされる。
 と、文章にしてしまうと、キャリアはあっても、なんだか節操のない傲慢な女性に思われてしまうかも知れないが、このドラマでは実に魅力的な人物になっているところがポイント。
 内面ではさまざまな葛藤を持ち、内省的に描かれているので、嫌悪感は感じられない。 それに、こういったパターンは男女を逆にしてみれば別に珍しいことではない。
 むしろ、女性にも欲望はあるということを忠実に描いているのだ。

 先日、湯山玲子さんのトークショーに行ったのだが、その時、日本には「女から誘う文化がない」と言っていたのが印象的だった(湯山さんはこんな人、公式HPはこちらへ湯山温泉 )。
 つまり、誘われるのを待つしかないんですね、女は。
 それでなくても、草食系男子とやらが増殖中の昨今、ますます……。
 で、湯山さんはこういうことはテレビドラマなどの大衆芸能がやるべきことで、テレビがさぼった、テレビの功罪だとも。
 現実とはずれた女性像を日々見せられていたら、いつしかそっちのことを本当のことだと思ってしまう、と。
 例えば最近のテレビドラマではこんなシーンが……働くシングル・アラフォー女性が、夜、ひとりになった時ほろりと泣く(会場では皆、笑)、今時、若い女性が3高男を求めて婚活をヒステリックにする……とか。
 あるいは、洗剤のCMで、専業主婦らしき女性が昼間洗濯ものをたたんで、うわあふっくらと言っているとか。今時、働く女性が増えて、洗濯なんか夜するというのがデフォルトでしょう(会場では一同、頷く)、などなど。
 さらに、「女から誘う文化」――ここのところを描けば、最大のマーケットにもなる、とのこと。
 また、日本では誰も言わないが、「恋愛体質」とか言ってることの本質は、所詮、性欲のきれいごと!というお話にも目からウロコというか、納得する部分も大いにあって(笑)。
 その辺りのきれごとじゃない面を「SATC」をはじめ、この「ミストレス」などは、きちんと、でも洗練させて描いているわけなんだなあと思った。

 湯山さんも海外ドラマの話をされていた(SATCとグレイズアナトミーなどについて。うう、また見るドラマが増えるのか……)。
 SATCなどは、何人ものクリエイターが集まってさまざまなリサーチをしたり、エピソードを集めたり、そこれそハリウッドの頭脳集結!みたいな感じで、ものすごい労力をかけてつくられているのだとか(見ている側は、さらさらとあっという間に楽しく見てしまうのだが)。
 あれは男性が認めたくない新しいストーリーでしょう、とも。
 最近私が考えていたこととリンクして、ちょっと嬉しかった。

 誰かを探したり、結ばれたり、という時期はとうに過ぎて、一度誰かと結ばれたはずなのに壊れてしまい、道は平坦ではなかった――だからこそ、そこから先の景色を見たい、という「若くない女性」の気持ちにぴったりとはまるドラマだと思う。
 ミストレスというのは、愛人という意味らしいが、そうやってさまざまな過程を経て、年を重ねるにつれ、相手もすでに誰かのものであったりと、一筋縄ではいかない、一時でも愛人という立場になることは誰にでもありうる、という意味合いが込められているらしい(後述―実は、このMISTRESSには、他にも広義な意味があるらしいので、調べてみます)。
 
 さて、この「ミストレス」、ストーリーの面白さだけでなくファッションやインテリアなどもなかなか素敵。
 シボーンはエレガントなキャリアウーマンといった感じで必見。
 SATCのような華やかさとはまた違う、シックな装い。弁護士という仕事柄、スーツが多いのだけれど、中に着ているブラウスがちょっと甘い雰囲気のパフスリーブだったり、セクシーなノースリーブだったり(湿度の低いヨーロッパだからできるファッションだなあ)。
 トゥルーディーが、キャス・キッドソンのバラ柄(私は同じ柄 のトートバッグを持っている!)のドレッシングガウンを着ていたり。これをふざけて婚約者の男性が羽織ったりするのが、後のエピソードに微妙にリンクして ちょっとドキドキしたり。
 インテリアを見るのも楽しく、ケイティの家は一戸建てらしいのだけれど、1階のリビングが一面ガラス張り。そこでバスローブ姿でコーヒーなんぞ飲んでいるケイティ。演出としては ドラマティックなのだけれど――恋人がそのガラス越しにいきなり立っているとか――そこから出入りできるらしく、この家にはあえて玄関はないのか? 防犯はだいじょうぶなのか?とか、あれこれ想像してしまう。
 弁護士に医師という、ハイクラスな職業ではあるけれど、そこはまあドラマということで、多少の華やかさも必要なので、それほど厭味ではない(皆、仕事はしっかりしている描き方で、そこもリアリティあり)。
 こんな風に、身に付けているものから部屋の様子までよくできていて、見ていて本当に楽しい。
 あと、トゥルーディーは結構ぽっちゃり体型で親しみが湧き(彼女は表情の変化が巧みで、素晴らしい演技力! もちろん4人とも演技力◎)、ケイティは長身、エラもちょっと張っていてゴツイ感じだけれど魅力的!といった風貌で、現実離れした美人ではなく、ふたりともいかにも今のイギリスにいそうな感じ。で、ジェシカはチャーミング、シボーンはエレガントと、4人がそれぞれ個性的なのだ。
 このドラマはそんなに長く続かず、次のシーズン3で終わってしまうらしいが、早く見たい。 

 それにしても、男女間の心理描写が丁寧に出ているけれど、「ミストレス」も、「SATC」と同じく通奏低音のようなテーマは女同士の友情。
 男女間の恋愛劇だけにせず、ここにポイントを置くのが現代的なのかも。
(女同士ってほんとよく喋るよねえ――洋の東西を問わずって感じだ。女性の方が長生なのは、お喋りに秘密があるのかも知れない!)
 
 と、日本ではまだ全然話題になっていないので、いち早く書いてみた。
 いち早くもないかも知れないが、ググってみる限りでは一般の人のブログなどには少ししかあがってきていないようなので(まだCATVでしかやっていないから)。
 きっとそのうち日本でも評判になると思う。DVDも出たら、買ってしまいそうだ。
 ちなみに、英語のセリフが凄く聞き取りやすく(さすがBBCドラマ)、しっかり字幕を読んでいるのだが、あまり読んでいる感じがなく、まるでネイティブになったかのような錯覚も楽しめる(笑)。英会話を勉強したい人にもおすすめ。

(LaLaTVさん、新シリーズの前にまた再放送してください!) 

| | コメント (0)
|

2009年11月16日 (月)

茜色の空

Img_1877

 

















 11月14日(土)の夕暮れ――団地のベランダから。

 この団地に越してきて、10か月余り。
 越してきた時には、団地の庭のケヤキは枯れ枝だった。
 それが春になり芽吹いて、夏にはわさわさと葉を揺らし、今はまた枯れ葉になってきて、ここで初めて迎える秋。
 年が明けたら1周年。早いなあ。
 とにかく、夜、ぐっすり眠れるようになったことに幸せを感じる。
 土日は、特別用事がない限り、部屋から出ない。
 ちょっとストレスなのが毎度遅れる、三鷹駅までの京王バス君だけど、何とかまあ付き合っている。

 ところで、前回のりんごジャムの味の報告。
 瓶に詰めた色は今ひとつだったものの、パンに塗って薄く延ばすと、透明感が出てそこそこきれいな色。
 りんごをとろとろに煮崩さないようにして、ころっとサクッとりんごの食感を残したのが成功。カルヴァドスも利いているようです。
 いちごの季節になったら、いちごジャムにも挑戦してみようっと。
 さて、いちごジャムに入れると美味しいお酒は何かしら? 

 パティシエには逆立ちしてもなれそうにないけれど、ジャム職人にはなれるかも。
(ならないけど)。

*今読んでいる本は、『中流社会を捨てた国』(←イギリスのこと。ポリー・トインビー著)。文学を読みたい!と思うのに、諸事情で現代社会ものが優先されてしまい……。ポリー・トインビーは名著『ハード・ワーク』の著者。いずれこの本のことも書きます。

| | コメント (2)
|

2009年11月 4日 (水)

りんごジャムをことこと煮込んで秋支度

 なんていうファンシーなタイトルをつけてみたが、実際はかなり切迫した状況でつくった。
 この季節のわずかな間しか楽しめない紅玉が生活クラブから届いたので、今年こそはジャムにして残さねば……と、誰に頼まれたわけでもないのに、そんな義務感のようなものにかられて。
 先週末はつくれず、今週末は連れ合いが来るので、つくるとしたら今日しかない!と始めてみたものの、予想以上に時間がかかった。

Img_1867

 
 


 






 
 皮も煮出して、紅いジャムにするレシピを選んだ。
 紅玉の皮をレモン汁と水で煮出すと、ほんのり赤みがかった透き通ったピンクで、それはそれは美しい(りんごの回りに見える赤い液体がそうです)。

Img_1871

 

 

 






 
 しかし……例によってグラニュー糖ではなく、素精糖を使ったので、茶色っぽくなってしまった。
 ああ、あの紅玉の愛らしい紅が消えている!
 見た目を取るか、栄養価を取るか、悩ましい。
 でも贅沢にカルヴァドスも入れたので、ちょっとリッチな味わいになっている「はず」。
 味見もしたのだけれど、熱々だったので今ひとつ味がよくわかっていない。
 一晩寝かせて、明日、トーストに塗ってみた段階で、どんな味になっているかわかると思う(ドキドキ)。

 レモンジャムや甘夏ジャムに挑戦するようになって、ジャムだけは市販のものより美味しいと自画自賛なので、できるだけつくりたいのだ(でも手間がかかるのだ!)。

 というのをごとごとやっていたので、こんな時間(午前1時)になるわ、ブログだって本当は面白すぎるBBCのドラマのことを書きたかったのに、書けなかった。
 ちまちまと小忙しい毎日、休みの日くらい読み始めた『罪と罰』をじっくり読めばいいのに、ヨガでもやって体をほぐせばいいのに、何やってるのかと自分でも思うが。
 というか、のんびりもこまこまとした用事も、それくらい休日にこなせてもいいはずなのに、なぜできないのか……?
 ところで、BBCのドラマは「ミストレス」という、イギリスのSATCというふれこみのドラマ。
 CATVで途中から見たのだけれど、これは心理描写が素晴らしく、大人の男女関係をきっちりリアルに描いていて、私はSATC以上に夢中になりました……またいつか書きます。

 ヨーロッパや北米で、ジャムづくりの話を聞いたり、物語などにもよく出てくるけれど、素敵な手づくり生活~appleなんてものではなく、この秋(あるいは夏)の収穫をどう保存するか、これから実りのない季節に向けて食を支えるための労働という、かなり切迫した状況と思いでつくられていたのではないかと思う。
 果実の鮮度が落ちる前にどんどんつくらないといけないし――ターシャ・テューダー的手づくり生活は日々労働で忙しいのだ。
 とにかく、北欧などは冬になると雪に閉ざされて、何も収穫物はなさそうだし、昔はこういった保存食は命をつなぐ貴重なもの、といっても過言ではなかったはず。
 南の国だったらいつでも果実があるわけで、わざわざ煮詰めて保存する必要もない。

 と、大変は大変なのだけれど、木ベラでかきまぜながらジャムをことこと煮込んでいると、確かに幸せな気分にはなる。
 煮込んでいる間の香りもいいし。
 その後、長く楽しめるというのが、また幸せな感じで。
 苦労のあとの喜び。
 ジャムづくりだけでなく、食べるというのは、そういうことの繰り返しだ。
 面倒だけど、愛おしい営み。
 まるで人生そのものではないか。

| | コメント (0)
|

2009年11月 1日 (日)

奈良は広かった……

 11月に入ってしまい、すでに先々月のこととなってしまいましたが……。
 9月のシルバーウィーク――と最近は言うらしい――には、連れ合いの住む三重県へ行きました。

 着いた当日、少し車を走らせて連れて行ってもらったのが、伊賀牛を美味しく食べられる名張の三太夫 というお店。ここがとても印象的だった。
 古い豪農(?あるいは大きな商家?)を改築したお店で、入り口には本物の火が焚かれている松明の灯かりがゆらゆらと。
 薪能でも始まりそうな雰囲気であった。
 まるで時代劇のなかに紛れ込んだようで、こういう空間は東京では味わえない。
 Img_1816                           
 上質な伊賀牛と新鮮な川魚のアマゴ。
 あと、秋の野菜もいろいろ。
 炭火焼というのは油を使わず、その素材そのものだけでじっくり焼くからヘルシー。
 ふだんは牛肉はほとんど食べないので、こういう機会にはじっくり味わう。

 帰りがけに、このお店の使用済みの炭を紙箱に入れたものをもらった。
 消臭材になるらしい。リユースの素晴らしいアイデア(早速、冷蔵庫で活躍している)。

 
 さて、その次の日は、名張から電車で1時間半くらいかけて奈良へ。
 といっても、あまり計画も立てず、午後からふらりと出かけたという感じ。
 着いてみてから、奈良の広さに圧倒される。
 着いてすぐ、お腹が減っていたので、釜飯のお店に並んでいる間に、時間がどんどんと過ぎ……釜飯は美味しかったのだけれど、それから春日大社に行って、すでに夕方近く(笑)。
 Img_1830_2

 春日大社のご神木。
 イチョウだったか? なんの木が忘れたけれど、木の根元は空洞で、一見死にかけているように見えるのに、上の方の枝には緑が……。さらに、剥き出しになった根っこが山のように盛り上がり、木は3本くらいに別れて生きている。
 本当に神々しい木だった


 
 ドラマの「鹿男あおによし」によく出てきたのは若草山かなあと、てくてく登りながら行ってみるも、おお、なんとすでに閉園。
 夕方から夜は、カラスのねぐらになるらしく、ヒチコックの「鳥」の世界であった。
 また、てくてくと山を下ると、夕陽が赤く奈良の街に沈んでいくところで、「万葉」という言葉が浮かんでくる景色だった。
 寺も5時でどんどん閉まっていくので、結局そのまま街をぶらぶら歩き、ぜいたく豆本舗という、とてもよいセレクションのお土産さんを見つけ(こういうのを探す嗅覚はやたら働く私)、奈良半日の旅はお終い(笑)。
 でも、駅の近くの商店街でたまたま見つけたイタリアンのお店がヒット。Img_1845
 お店もお洒落だし、美味しかった。

食後のカプチーノ! 食後は本当はエスプレッソを飲むべきなのだとか。でも、カプチーノ好きなもので、つい頼んでしまう。→

 それにしても、この旅に出る前に、あまりに忙しくてなーんにも計画を練ることができなかったのが悔やまれる。仏様も全然拝めず……。
 何も考えずに来て、着いてみてから奈良って素晴らしい土地だなあとしみじみ思った(そんな当たり前のことを何を今さら、という感じだが)。
 なんというか、空気感がとてもよい。伊勢神宮は研ぎ澄まされた、ぴりぴりするくらいの清澄さを感じたが、奈良はもう少しゆるやかで穏やかな、のほほんとした感じ。
「うー、あれも見られなかった、これも見られなかった。計画性がなさすぎた……」とくよくよしている私に、連れ合いは、
「釜飯も食べられたし、春日大社も見られたし、充実の1日だよ~」と。
 そう、私は貧乏性というか、 後悔癖があるというのか……これは人生全般についてもいえるかも。
 よかったところをクローズアップして見るという視点は、私も持ちたいところだ。

(その後、最近、奈良のガイドブックをいろいろ目にする機会があり、歴史的な見所以外にもよさそうなカフェなどもたくさんあることを知り、奈良ホテルのラウンジでお茶するのも素敵だったんだなあ……とか、また地団駄を踏みそうになっている私:笑)。

 

Img_1820  来年、奈良は遷都1,300年祭。
 また行きたい(京都にもじっくり行きたいし、行きたいところがたくさん)。
 今度はある程度ちゃんと「計画」して行こうと話し合った。
 広いし、あちこち行くのは距離があるので、テーマを決めて今回はこことここ、と絞り込んで回るのがよさそう。
 
 鹿クンに、またすぐ来るからねと約束をしたい……のに、これがなかなかこっちを向いてくれないんだな!



<追記>
 乗り継ぎの名古屋駅では、新幹線のホームにある立ち食いスタンドで、かき揚げ入りのきしめんを行き帰りに食べられたのも嬉しかった。前回も食べたけれど、本当に旨い!
 私は関東の生まれ育ちだけれど、食べものはいつからか関西風が好きになっている。醤油で黒っぽい汁のうどんなんて、食べたくない!

 

| | コメント (1)
|

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »