« 今週は夏休み | トップページ | 「ヘンゼルとグレーテル」との再会 »

2009年8月14日 (金)

これがババグーリの蚊遣り

 以前の日記で売り切れ!と騒いでいたババグーリの蚊遣りがこれ。
 6月下旬に無事、清澄白河のババグーリのショップで購入していたのだけれど、時間がなくて書けませんでした。

 

Img_1788_2
















 マダガスカル産(薄い鉄製)で、職人さんが一つひとつ作ったもの。
 全体のカーブ具合が使いやすくいい感じ。
 しかし、蚊取り線香を突き刺す先端の部分が厚ぼったく、差し込みにくいのであった……自分でヤスリをかけるといいかも。
 買うまでも買ってからも、世話の焼ける蚊遣りクンです(笑)。
 とはいえ、ヨーガン・レール氏が醜い蚊遣りを部屋に置きたくない!と思って作ったものらしく、部屋にあっても邪魔にならず、シンプルでよいデザインなのは確か。

 ついでに、ババグーリで石垣島のラー油も購入(月に一度だけ入荷)。
 やっぱり美味しい。最近、ペンギン食堂のHPを見て、石垣島に自生している植物を摘んでいるとか、ご主人が腱鞘炎になったとか、できあがるまでに大変な手間がかかっていることを知った。  

Img_1793_5  ペンギン食堂のおふたりが作るのが無理になってきたら、本当の本当に幻になってしまうのですね。
 餃子だけでなく、夏野菜をさっと焼いたのやサラダなど、何でも合ってしまう(間に合わせに買っておいた普通のラー油が一向に減らない)。

 この蚊遣りを買った後は、せっかくの清澄白河なので、噂のSacra Cafe にも寄った。
 運良くたまたま席が空いていたので、紅茶とロールケーキを食べることが叶った。
 これはもう、本当に素晴らしい!
 子どもの頃食べていたロールケーキは何だったのでしょう(笑)。
 やさしい味わい。ふわふわのスポンジに良質のクリーム。お店は外から見ると、よくありそうな流行りのシンプルな造りに見えるのだけれど、入ってみると……テーブルの木の質感やデザインのよい椅子から、白い食器やガラスのコップに至るまで、店主のこだわりが感じられる。
 それも押し付けがましさはなく、細部へのさりげないこだわりをいろいろ見つけるのが楽しいといった雰囲気(HPからいろいろ見られる)。

 というわけで、ババグーリやこのSacra Cafeにちょくちょく足を伸ばしたいものだけれど、大江戸線ができたとはいえ、やはり清澄白河はちょっとばかし遠い(行くと、散財しそうだし)。
 涼しくなったらまた行きたい。

 
 

|
|

« 今週は夏休み | トップページ | 「ヘンゼルとグレーテル」との再会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今週は夏休み | トップページ | 「ヘンゼルとグレーテル」との再会 »