« フルムーンの夜に | トップページ | 金髪のヨハネス »

2009年7月20日 (月)

Pinaからの贈り物――ふたつの虹

 今日(日曜)の夕方、部屋が不思議な光に満ちていたので、美しい夕焼けだろうか?と窓の外を見ると……大きな虹がかかっていた。

 見事な半円形を描き、そしてさらに驚いたのは、虹が二重にかかっていたこと!
Img_1802_2























Img_1801











      

 
 見えるでしょうか。上にもうひとつ、うっすらと虹がかかっているのが!

Img_1803











 

 
 小型のカメラだが、レンズをズームアップして撮ってみると、なかなかきれいに色が出た。

Img_1804_2


 















 






 三鷹の空、7月19日(日)、日が暮れる少し前、確か午後6時過ぎくらいだったのか……興奮して、何時頃だったかよく覚えていない。

 団地のベランダからは空が広く見えるので、越してきてよかったなあと思った。
 昨夜は、遠くの方で打ち上げられた花火がちょっと見られたし。
 虹や花火は、夏が美しいと思える瞬間。
 特に虹は、その瞬間に巡り合えるのは奇跡にも近い。

Img_1806_2











 

 
 虹が薄くなってくると、代わりに雲が金色に輝き始め、どんどんと美しくなっていった。
 まるで、雲の神様が口から虹を吹いているように見えた。

 こんな空を見ると、生きていてよかったなと素直に思う。
 そして、Pinaからのメッセージ、Pinaからの贈り物かも知れないと“勝手に”思う。
 この虹をきっかけに、そろそろPinaの喪を明けるべきかも。
 
  もうピナの新作を見られないというのは、耐え難いことに違いない。
 だが、性急な落胆ほどピナにふさわしくない姿勢はないだろう。


  と、浅田彰氏も書いているし(「時が作った舞台と人生-ピナ・バウシュ追悼」朝日新聞7月7日朝刊掲載)。

 生きていれば虹も見られる。
 ブッパダール舞踊団も解散したわけではない。
 私は性急に落胆し過ぎていたかも知れない(それにはいろいろと理由があるのだが、また後日書くことにする)。
 
 私の旅はまだまだ続く。これからも決して平坦ではなさそうな旅。
 いつまで続くかわからないが、終わるまでは続くのだ……と、とりとめもないことを思う。

 ふと、「そして船は行く」……というフェリーニの映画のタイトルを思い出した。

 

|
|

« フルムーンの夜に | トップページ | 金髪のヨハネス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« フルムーンの夜に | トップページ | 金髪のヨハネス »