« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月に作成された記事

2009年6月21日 (日)

1892~1917 6/25 92年前の銀のスプーン

 Calvinaさんのブログ・フェアで朝ごはんのコラムを寄稿したことは前回書きましたが、そのフェアで購入した銀のアンティークのスプーンを紹介します(コラムの記事はこちら )。

 Calvinaさんがヨーロッパ(確かスウェーデン?)で入手されたものを分けてもらいました。

Img_1780  











 持ち手のところの装飾がとても繊細。よく見ると、イニシャルが。

Img_1781












 そして、裏には……

Img_1787

 









 
 よく見えないかも知れませんが、1892―1917という年号が刻まれています。
 計算すると、ちょうど25年。結婚25周年記念ですね、きっと。
 銀婚式に「25年、いぶし銀のごとく」ということで、記念につくったものなのでしょう。
 さらに、その年号の真ん中に6/25という数字。
 6月25日が結婚記念日なのだと思います。
 1917年から、92年の時を経て、私の手元にやって来たこの不思議さ。
 購入したきっかけはこの年号もあるかも。1910年代~20年代頃のヨーロッパの美術やファッションにとても惹かれるのものがあるのです。
 それに、無事、銀婚式を迎えられた夫婦がつくった銀のスプーンからは、幸せのおすそ分けにあずかれるような気もして。
 それにしても、ふたつの世界大戦をはさんで、残り続けたスプーン。
 スプーンの持ち主だった夫妻は、1917年からどれくらいまで長く添い遂げたのか? 50周年の金婚式はお祝いできたのか?
 そして、このスプーンを注文したのはどんな夫妻だったのか、どんな職人さんがこのスプーンを作り文字と数字を刻んだのか、想像がふくらみます。

 大量生産時代が来る前の、こうしたものと人とのつながりは今よりずっと親密で、豊かだったように思います。

 このスプーンは小ぶりで、やや薄手なので、コーヒースプーン?
 私はコーヒーも紅茶もストレートで飲むので、スプーンはあまり使わないのですが、これは持っているだけで嬉しいスプーン。
 でも、ものは使ってこそ価値があるし、銀はある程度使わないとくすんでしまうので、ポットに煎れた紅茶の茶葉をかき回すときなどに使っています。
 92年の歳月が紅茶の香りとともに私のそばに寄せてくるようで、なんとも不思議な思いにかられます。

 ところで、偶然の出来事もひとつ。
 コラムに書いた、私が行ったグラストンベリーのフェスティバルの開催初日は、まさに6月25日だったのです。その年は6月25日が夏至で、そこ(ミッドサマー)にフェスティバルを合わせているんですね。
 日本では梅雨の鬱陶しい時期ですが、ヨーロッパでは、輝ける季節。正に、ジューン・ブライドの季節でもあるのです。
 夏至の日に、妖精たちが歌い踊るフェアリーテールやそんな様子を描いた絵画なんかもよくあります。グラストンベリーは妖精伝説の残る土地なので、そういう意味合いもあっての日取りなのでしょう(気候もいちばん過ごしやすいし)。

 Calvinaさんに「Kateさんのところへ行くことになっていたスプーンなのでしょう」というお便りをいただきましたが、私も本当にそんな気がしています。
 大事にしたいと思います。

  

| | コメント (2)
|

2009年6月14日 (日)

朝ごはんのコラム

 先日のcalvinaさん のブログ・フェアに寄稿した朝ごはんに関するコラムです。
 フェアのテーマは「朝ごはん。心に残るけしき」。

 覗きに行けなかった方、よろしかったらどうぞ。

 テーマが決まっていると悩んでしまうところですが、私は朝ごはんが好きなので、わりとすんなり書けました。
 フレンチトーストの写真は、私の5月のある日曜日の朝ごはん。 

****************************************

心に残る朝ごはんのけしきと言えば――
90年代の初め、まだ日本に野外音楽フェスなどなかった頃、
グラストンベリーのフェスティバルへ行ったことがある。
その時に泊まったサマセットにあるThe Bear Hotelの朝食。
ホテルと言っても、小じんまりとした一軒の古い館のような造りで、
ここの朝食が正にこれぞイングリッシュ・ブレックファスト!
というものだった。
杏やプラムなどのフルーツのシロップ漬けやグラノーラは
ワゴンに用意されていて、好きなように取る。
席に着くと、ポットの紅茶、トーストスタンドにきれいに並ぶ
薄くてカリカリのトースト、卵料理、マッシュルームソテー、
ベーコンなどが運ばれてくる。
それは体にも心にも沁み渡るような美味しさだった。
ミッドサマーのイギリスの田舎の、明るく澄んだ陽射しや
爽やかな気候のせいもあったかも知れない。
そして、そのThe Bear Hotel――昔、熊が出没する所
だったのだろうか――の室内の空気。
今思い出しても、何か魔法の粉が飛んでいるような、
不思議な心地よさと静けさに満ちていて、
それらも朝食の味を引き立てていたと思う。

さて、肝心のグラストンベリー・フェスティバルの方は、
あまりの規模の大きさに圧倒されるばかりだった。
とにかく広大な敷地で、会場を移動するだけでも一仕事。
でもイギリスの女の子たちは、男の子たちと同じように
頑丈なワークブーツを履いてガシガシと歩き、
もちろんホテルなんぞには泊まらず、テントで何泊も
しているのだった。自分の軟弱さを知った。
今となっては誰の音楽をどんな風に聞いたのか、
記憶もおぼろげで、でもThe Bear Hotelの朝ごはんのことは
鮮明に覚えている。

Img_1754_2















もちろん、イギリスの田舎に旅しなくても、
私は自分の部屋で食べる朝ごはんだって好きだ。
朝ごはんは、決まりきった食材の中から、
たくさんのパターンを展開できるのが嬉しい。
卵とパンがあればシンプルにトーストと目玉焼きでもいいし、
フレンチトーストにしてメイプルシロップをかけて食べるのもいい。
どんな時もポットにたっぷりの紅茶さえあれば――
そして、あのThe Bear Hotelの清々しい空気や気配のようなものを、
自分の部屋の朝ごはんのテーブルでも再現できたらいいなと
密かに思い続けている。

| | コメント (2)
|

2009年6月 7日 (日)

くちなしの丘――花の向こうに君が見えたら 

 最近、見つけたお気に入り。
 これから雨の季節に合いそうなPV。
 今日は気持ちのよいお天気だったけれど、5回は見たかな。

 それにしても、知世ちゃん、ラブリーすぎる!  
 「時をかける少女」から20余年……今でもこの透明感、少女のよう。
 彼女の声も表情も仕草も着ているものも小道具も、ぜーんぶ好きだ。        

| | コメント (0)
|

清澄白河へ――池田亮司展とババグーリ

 先週末は、連れ合いが東京に来て、連れ合いおすすめの東京都現代美術館の池田亮司展 へ行った(5月30日土曜日)。
 「日本の電子音楽分野の第一人者」だそうで、光と音とデータ(数字)のインスタレーション。
 無限大の数字(データ)によって、世界を表現する……とでも言えばいいのか、説明するのが難しい。
 プロジェクターで投影された、真っ黒な背景にまるで川のように流れてゆく白い数字。
 見ていると身体感覚が希薄になり、不思議な浮遊感に包まれる。

 何年か前、派遣の仕事で流体解析や量子力学のソフトウェアを開発するベンチャーの会社に短期間いたことがある。
 その時の、ソフトをつくる技術者のPCの画面がこんな感じだった。
 私には暗号にしか見えない、複雑な物理の数式やら何やら、多量のデータが黒い画面を滑るように流れていたのを思い出したのだ。
 そんなことを連れ合いに言うと、正にそういうところからの着想らしい。
(編集という思い切り文系な世界で生きてきたので、バリバリ理系な人に囲まれて仕事するのは初めての経験だったから、その会社はちょっと新鮮だった)
 
 感情やメッセージといったものを削ぎ落とした池田亮司の世界は清々しく、クールでカッコよかった。
 音とシンクロする数字、真っ白な部屋の黒い音響装置――と、実に男の子っぽい世界。
 今時の男の子とかドイツ人とか(あるいはオランダ人とか)に受けそうだなと思った(ドイツもオランダもテクノ好きな人が多そうだから)。

 会場も空いていて、絵と違って1点1点食い入るように見るわけではないから、疲れなくて、よかった(最近の絵画展は人が凄すぎて、疲れる……)。

 

 さて、これもちょっとしたシンクロで、現代美術館のある清澄白河には、最近気になっているヨーガン レールの本社がある。そこの1階にババグーリ(ヨーガン レールの生活雑貨と服)のショップもあるのだ。
 ちょうどいいタイミングということで、次はヨーガン レールへ向かった。
 途中、商店街で焼き鳥を買い食い。
 ちゃんと縁台がしつらえてあるので、その場で食べた。
 なんか江戸の情緒があっていいなあ。安いし、美味しい。
 現代美術館は何度か訪れているのだが、ひとりだと足早に通りすぎてしまう。
 でも、ふたりでぶらぶら歩いていると、いろんなものを発見できて楽しい。落ち着いたいい街だなあと思う。

 

Img_1771  















 ここがヨーガン レールの本社。
 清澄庭園と図書館の目の前にあり、場所もとてもよく、蔦が絡んだ素敵な佇まい。
 無機的でモノトーンの世界の池田亮司展から一転、オーガニックで女性的な世界。

 中は天井が高く、広々としている。
 前日に予約しておいたマフィンを買う予定。
 それから、新宿伊勢丹の期間限定ショップで買いぞびれた蚊遣りもここにはあるだろうと思ったら……ここにもないのであった。
 お店の人に訊いたら、今日2つほど残っていたのが売れてしまいました、とのこと。
 がっくり。
 なんでそんなに蚊遣りが人気? 皆、ほんとに蚊取り線香を焚くの?と思う。
 私は本当に焚きますよ。
 昔ながらの製法の除虫菊を配合した天然の蚊取り線香。
 昨年までは、縁の欠けたお皿に、付属で付いているペラペラの線香立てをみたいの置いて使っていたのだけれど、線香立てがすぐダメになったりするし、欠けたお皿も引っ越しの時捨ててしまったので、何か探さないといけないなと思っていたのだ。
 ないと言われると、ますますほしくなるもので、とりあえず、週明けに在庫を確認してもらうことにした。

 

Img_1774_2

ババグーリのトレードマークになっている葉っぱやおうちが、看板の下に可愛く付いています。
 

 さて、お洋服は相変わらず高かったです(笑)。
 連れ合いも「これいいね」と言いながらジャケットを手にするが、値段を見てびっくり。
 布をくるくる巻いたみたいな不思議なボタンが付いていて凝ったつくりになっている。
 しかし、「はっきり言って、今着ている(無印の)ジャケットとそんなに変わらない気もする」と、つい、お互い本音を小声で囁き合ったりしてしまう。
 ファッションというのも、つまるところ、自己満足とわかる人にはわかる、という世界なのかも。

 と、そんなこんなで、マフィンとクッキーを買って店を出た。
 お菓子しか買えないけれど、お店は一見の価値あり。

 翌朝、マフィンを熱々の紅茶と共に食べた。

Img_1777
 














 苺、プレーン(アーモンド入り)、ラムレーズン、抹茶の4種類。
 確か1個300円くらいと思っていたのだが、後でレシートを見たら、300円から400円近くするものもあった。上質な抹茶を使っているのが、一番高かったのか? これはもう、ケーキの値段(値段のことばかり言ってすいません:苦笑)。
 しかし、素材はすべてオーガニックで、バター・卵・砂糖なしで、とっても美味しいので、まあ、許せるかなあ。
 ナチュラルハウスなんかにもそういうヘルシー系のスイーツはあるけれど、ぼそぼそしていて、お味が今ひとつだったりする。でも、ババグーリのは美味しい。しっとりしていて、やさしい味わい。固くて素朴な米粉のクッキーも、なかなか。

 さて、数日後、ババグーリから電話があり、蚊遣り、在庫がありお店に届いていますとのこと。
 なければないで、もういいや、かえってないほうがいいや、くらいに思っていたのだけれど、あると言われちゃねえ……と、幻の石垣島のラー油が入荷する今月の下旬頃に合わせて取りに行くことにした。
 かなり先になるけれど、まだ蚊は出ないし、それまでお取り置きしてもらう。
 ちなみにこの蚊遣り、4,000円近くもすると言ったら、連れ合いは呆れていたっけ。
 私も呆れている。
 結局、自分は服よりも生活雑貨に価値――というと大げさだが、好き、ほしいの重点を置いているかも知れない(まあ、服よりは安いし)。

 それから、最近、ネットでヨーガン レールの服についてこんな意見を読んだ。
 職場の先輩が着ていたけれど、エスニック風なスーツで、はじめ作努衣を着ているのかと思った……とあり、ちょっと笑った。
 素敵だけれど、着こなしが難しいところもあるよね、という意見で。
 確かに、あまりにエスニック風、オーガニックテイスト一本でまとめすぎると、頑なな印象になるかも知れない。
 だから、やはりスパイスを効かせる程度に取り入れるのが吉と見た(価格的にも!)。
 あるいは、もっとうんと年を取ってからのほうが似合うのかも知れない(うんと年を取ってお金があればの話だが!)。
 「高い」ことばかり言ってるようだけれど、作努衣のエピソードを読んで、ほしい、高い、買えない、しょんぼり……のループから抜け出せたような気がする。
 高い洋服やら高級スイーツに、あまり惑わされないほうが心穏やかに暮らせるような気もする(この東京に生きていると、誘惑が多くて大変だが……)。
 蚊遣りを手に入れたら、倹約生活をしようと思う。
 
 そして、私はユニクロのTシャツ着て、できるだけ明るく生きていきますよ――と。
(今年のユニクロのパフスリーブのTシャツは、ちょっとガーリーテイストでよいです。1枚1,000円也)


| | コメント (4)
|

2009年6月 2日 (火)

Calvinaさんのブログ・フェア

★お知らせ★
 互いのブログがきっかけで仲良くさせていただいているCalvina's Corner のCalvinaさん。
 北欧の素敵なものに詳しい方で、ただ今、ブログ・フェアを開催中。
 ものづくりに携わる、いろいろな人たちの作品がネットで見られるバーチャル・ギャラリーです。
 私はコラムを寄稿させていただきました(写真もあります)。
 フェアのテーマは「朝ごはん。心にのこるけしき」、私もそのテーマで書きました。
 ご覧になりたい方は、Calvinaさんのブログのこの欄→ こちら にアクセスしていただき、コメント欄に入り、フェアを見たい旨のコメントを入れてください。
 そうすると、CalvinaさんからIDとPWの招待状が届きます。

 フェアにはギャラリーのほか、Calvinaさんの「トランクお蔵出し」などの企画もあります。
 北欧の雑貨やアンティークなど、他では手に入らない小さな可愛いものたちが並んでいます。
 私は早速、銀のアンティークのスプーンを予約しちゃいました!

 ブログを書いているといっても、一方通行になりがちなのですが、こんなふうにネット上でやり取りができるのって、素敵だなと思います。

 皆さんもどうぞ楽しんでください。6月7日(日)までです。

| | コメント (0)
|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »