« 東京で最も美しい場所 | トップページ | 新緑のなかで »

2009年4月19日 (日)

『正社員が没落する』

 最近読んだ新書2冊を紹介します(青字部分は引用箇所です)。

 『グローバル恐慌』

ユーロ圏内においては。二〇〇八年九月末から10月にかけての時期がカネの縮減過程、そして11月以降がモノの世界へのその影響の本格的な波及プロセスだったといえるだろう。
 
 ということだそうで、リーマンショックの直後は一部のところだけの影響に見えたけれど、じわじわと世界のあちこちに影を落とし始めている。
 アメリカのサブプライムローン問題から、それがどのように証券化されたかなどの流れがよく説明されている(ローンを証券化して商品にするというのが、私にはどうしてもわからなかったのだが、この本を読んで大枠は理解できた)。
 経済を扱った本の中では、「素人」でも比較的読みやすく、例えが上手い文章だった。
 少しは経済を勉強してみるか、ということで読んだのだが、細かい話はやはり結構忘れちゃったかも(……ではタメなんだけど――グローバルに考える前に、自分の経済をもっと考えろ、と言われてしまいそうだ……うぅ)。

 なので、こちらの方が内容的にはより身近であった。

『正社員が没落する』

 『反貧困』の著者で派遣村を主催した湯浅誠さんと『貧困大国アメリカ』の堤未果さん、ふたりの対談集。
 怖いタイトルだけれど、きっと編集者が目を引くようにタイトルを付けたのだろうという感じで、中味はいたずらに危機感を煽るのではなく、地に足が付いたしっかりした内容。

異常な高コスト社会
ヨーロッパでは、子どもが増えても家計負担は倍増しない。児童手当が大きいからです。住宅もある程度は政府が低家賃住宅を供給している。住宅は基本的なサービスだという発想がある。しかも大学の授業料は無償。(湯浅)


 湯浅さんのエライところは、正社員を引きずり下ろすという意見には組しないところ。
 全体を見て、冷静にきちんと検証している。
 だから、ワーキングシェアや正社員の給与を引き下げて分配という意見には要注意とのこと。
 つまり、日本は上記のようにヨーロッパと比べるとバカみたいな高コスト社会で、ここが変わらず、給与だけが下がると、正社員だろうと何だろうと生活がたちゆかくなるということ。
 住宅の高さ(買うにしても借りるにしても)と教育費の高さは、ほんと問題だと思う。  
 それから、日雇い派遣などひどい働き方を許容してしまうと、どんどん底が落ち、正社員だったら逆に「正社員なだけでもありがたく思え」とばかりに、過剰な働き方を押し付けられることになる(正社員は残業代もなく、過労死寸前とかすでにそういう企業も多くある)。
 タイトルの「正社員が没落する」は、そういう意味なのだ。
 そして、正社員 VS 非正規 の対立、足の引っ張り合いは、本当の問題から目を逸らすための、経営者や政府にとっての願ったりの構図になりかねない、という指摘も鋭い。

医療保険は民間が引き受けたほうがいい(年次改革要望書について、堤)

 
という案が出ているとかで、ええー日本もついにとびっくりしたのだが、これは本当に怖い。

総合的にセーフティネットを整備して安定感を持たせて、安心して消費できる内需拡大に向かう道があるのに、それを選択肢として考えない(湯浅)。

 まったくそのとおりだと思う。
 今のままでは、それほど貧困層でなくても、気分として消費に向かわない……。

私 たちが心も体も健康で、子供達は未来に希望が持てる。高齢者が安心して生きられ、労働者は誇りを持って働ける。こういった基本的なことを政府が保障してく れないなら、私たちは一票をつかって、それを支える政治家を落とすべきなんです。国が国としての責任を果たさないなら、国はいらない。税金は払わなくてい い。そう言って百万人の人が税金をボイコットしたら、国は大変なパニックになる。そうしてもおかしくないようなことを、国は今私たちにしているんです。(堤)

当たり前に生きられる権利を守ってくれない政府を、税金を払ってまで支える必要はないんです。(堤)


 そういう考え方をしてもいいんだよなあと目からウロコな言葉。
 日本人は何でもすぐしょうがないとあきらめたり、自虐的になりがちなのかも。
 税金をボイコットする方法ないものか……。
 サラリーマンは自動的に引かれてしまうから、あれを自営業者のように確定申告制にしたら、税金への意識も変わるかもしれないんだけど。一度でも確定申告ってものを経験すると、結構シビアになると思う(私も過去、何度もやりました。シビアになります)。

「貧困の人たちをどう救おう」ではなくて、「雇用とは何か」について国全体で考え直さなければいけない。(堤)

 こういう風に、感情的にならず問題をきちんと見据えているところがよかった。
 また、この本を読んで、雇用保険がどんどん削られていることも知った。
 知らないうちに、いろんなことが変わっていて、その変わり方はたいてい悪い方に変わっているようだ。
 この中でもふたりが語っているが、日本人なんて、正規にせよ非正規にせよ、それほど裕福な層はいない、ぎりぎりの人が多い……ってことなんだなあ(ふぅ)。
 

 今の状況を整理して冷静に考えてみたい人におすすめの本です。

|
|

« 東京で最も美しい場所 | トップページ | 新緑のなかで »

コメント

Kateさん、おはようございます。

経済に関しては、「グローバルに考え、ローカルに行動する(Think Global, Act Local)」というスタンスでいいと僕は思いますよ。金融の世界や金融商品って確かに分かりにくいですよね(僕の場合は、縁がないからなおさらですが:笑)スワップとかオプションとか言われても、ロクでもない方向にしか想像力が働きませんし(笑)、「金融」という言葉に出くわす度に、「えーっと、お金を融通することで」と頭の中で変換しないと意味の端緒をつかむことすらおぼつきません。

現今の世界同時不況を理解するヒントになればと思って、『長い20世紀-資本、権力、そして現代の系譜』(ジョヴァンニ・アリギ・作品社)を読んでいるのですが、面白いのは資本主義の中心地の移動(ジェノバ→オランダ→イギリス→アメリカ)が起きる際に顕著なパターンがあって、中心地の勃興期には生産業がそこで栄え、没落期には金融業が跋扈する、とのことです。金融拡大も限界まで行ったアメリカは、やばいのかも知れませんね。(しかしこの本、600頁近くあって、長いのは20世紀じゃなくて、お前だ!と言いたくなります:笑)

『正社員は没落する』、Kateさんによる引用と解説には非常に共感します。真面目な話、『若者を見殺しにする国』とその周辺の言説は、資本と国家にとっては、メチャメチャ都合がいいんですね。正規/非正規の対立は、全体としての賃金低下へと繋がるだけで、一時的な感情のカタルシスが得られたとしても、実は誰も(資本と国家を除いて)得をしない。白州次郎もいいけれど、超格差社会への道は楽な下り道です。お金は淋しがり屋さんですからね(笑)

個人的には、セーフティーネットの充実(可能ならベーシックインカム的な方向へ:北欧諸国のような)が大事でしょ、と思うのですが、現実には確かに失業給付も厳しくなっていて、逆方向ですね。小泉元首相や竹中平蔵さんが思うほど、日本人は特別優秀な民族なんかじゃないって!グローバル資本主義の荒野に裸で放り出されて、他国を圧倒するような神通力なんか持ってないって!と言いたくなります(笑)

長文失礼しました。昨夜は前から気になっていたラウンジバーにおそるおそる足を踏み入れて、店主さんと少しお話が出来て、ジン・ベースのカクテル、アカシアが美味しかったので、ちょっと嬉しい灯でした。

投稿: 灯 | 2009年4月19日 (日) 10:01

灯さん
コメントありがとうございます!
『グローバル恐慌』の中でも
>中心地の勃興期には生産業がそこで栄え、没落期
>には金融業が跋扈する、
と似たようなことが書かれていました。
1930年代のみならず、18世紀とかまでに遡って過去の恐慌のことについても検証されていました。
でも昔は一国のことで済んだのが、今は世界的に広がるというところが「グローバル恐慌」なんだと思います。

単純に言って、こつこつモノを作るより、お金を右から左へ動かせる人間が一番儲かるというのは、健全じゃないですよねえ。

ワーキングプア、派遣切り、ネットカフェ難民といった言葉だけがやたら使われ、報道も表層的な部分にとどまりがちで、本当の問題が見えにくい中、湯浅さんや堤さんの本はおすすめです。


投稿: Kate | 2009年4月19日 (日) 15:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京で最も美しい場所 | トップページ | 新緑のなかで »