« 揺れる大国 プーチンのロシア | トップページ | 明日のランチはカレー »

2009年3月15日 (日)

ありふれた奇跡

 今、何が楽しみと言って、それはもう、木曜の夜10時のドラマありふれた奇跡
 脚本は山田太一。さすがベテランというか、味わい深いドラマで、見終わるとほっこりと元気が出る感じ。
 St0101主人公は、加奈(仲間由紀恵)と翔太(加瀬亮)。ある日、駅のホームで、ふたりが飛び込もうとしている男性(陣内孝則)を助けたことから、他人同士だった3人とその家族を巡って、ドラマが展開する。

←公式HPからお借りしました。

 互いに知り合っていくうちに、加奈も翔太も自殺未遂の経験があることがわかってくる。
 加奈は、若い頃の自分の過ちで妊娠できない体になっていて、家族にも言えない悩みを抱えている。
 翔太は勤めていた会社で上手くいかず、営業成績を上げるため自分で商品を買い込み、借金をつくってしまった。精神的にぼろぼろになり、自宅で死にかけていたところを家族に発見され、今は左官屋の家業を手伝っている。
 駅のホームへ飛び込もうとした男は、火事で妻と娘を失い、仕事もやめてしまっている。
 昨日まで当たり前にあったものを、ある日、突然失うこと。
 ちょっとした過ちで、一生取り返しのつかない事態になってしまうこと。
 頑張っているのに、もがけばもがくほど、穴に落ちていくこと。
 不運だったり、不器用だったり、弱かったり、を山田太一はそういう人たちを主人公にし、光を当てる。
 そして、そういう人たちの、一人ひとりの内面を、生活を丁寧に丁寧に描く。
 つつがなく日々が送れている時って、それが当たり前で壊れない「ありふれた」ものだと思ってしまいがちなのだけれど、実は「奇跡」にも近い、凄いバランスのうえに成り立っているものなのかも知れない。

 でも、シリアスな出来事だけではなく、必ずユーモアが散りばめられている。
 特に、左官屋の翔太の家族がいい。おじいさんと父親との男3人所帯で、飾り気のない温かさがあある。

「戸をちゃんと閉めろよ。寒いじゃないか」「こっちは出たり入ったりしてるんだから、しょうがないじゃないか」
「ぽん酢もうないよ、醤油でいい?」
「なんだよ、コロッケ食いながら日本酒飲んでるの? キャベツくらい刻めよ」
「おまえ、晩メシは?」「弁当買ってきた」「どこにある?」「鞄の中」「鞄の中に弁当なんか入れるなよ」「だって、男ひとりで弁当提げて帰って来るの惨めじゃないか」
 
 なんて感じで(記憶だけを頼りに書いています)、日常の会話がポンポンと交わされているのを聞くと――それがまた、風間杜夫(翔太の父)と井川比佐志(翔太の祖父)なんていう名優ふたりのかけ合いなものだから、面白くて心地よくて、ずーっと聞いていたいような、ずーっとこのドラマの中に浸っていたいような気持ちにさせられる。
 そういう家庭なので(母親は家を出たのだが、後にいろいろと絡んでくることに)、翔太は救われている。会社勤めの時の借金もおじいさんが肩代わりしてくれた。
 ふだんは口うるさいけれど、ぎりぎりの瀬戸際では助けるのだ。
 その代わり、左官の仕事に関しては、土壁をやりたいだの何だの夢みたいなことを言うんじゃねえ、芸術家じゃないんだ、ビルのコンクリートをしっかりやるんだ、と諭し、現実の社会に向き合わせる。
 山田太一は、そんなふうに登場人物の仕事をきっちりリアルに描く。そこが私は好きだ。
 加奈の方は、外国製の業務用厨房機器(大型高温オーブンとか)を扱う会社で働いている。管理栄養士の資格を持っていて、客の前で、調理をしながらデモンストレーションをしている。と、仕事の内容の設定が細かい。
 この人たち、恋愛で右往左往するのはいいけど、仕事はだいじょうぶなのか……と言いたくなるような若者向けドラマ(『ラストフレンズ』とかそうだったなあ)とは一線を画する。
 まずは仕事だよ、人間は――という感じで、恋愛で上手くいかなくても、人生どん底でも、皆まずは職場へ向かうのである。そこで、無理に笑顔をつくったり、密かにため息をついたりするのである。
 そして、その仕事さえもなくなる時がある……ということまで描かれており、今の社会情勢を映しながら、そんな中でどういう気持ちで生きていったらいいかという、山田太一なりのメッセージがしっかりと込められている。
 また、お金のことも、きれい事だけではなく、描かれていて、今の私には興味深かった。お金が介在することで、微妙な力関係になっていったりとか、あればそれなりに人生が開ける感じになったりとか。
 やっぱり山田太一は「世間」をよく知っている大人だと思った。

 さて、この愛すべきドラマも、今度の回でいよいよ最終回(もっと早くここに書けたらよかったのですが……今頃、すいません)。
 子どもの生めない加奈と不況で左官の仕事が途絶えている翔太は、どうなっていくのか?
 どちらの家族も、本質は温かいのだけれど、決してものわかりはよくなく、若い人たちとは違う価値観でぶつかってくる(そこもよい。抑圧するだけでも、やさしいだけでもない親や祖父母)。

 それにしても、風間杜夫と岸部一徳の女装姿はインパクトあるなあ(ふたりは、以前から女装クラブの知り合いで、そうやって日々のガス抜きをしている!)。

 テーマ曲はエンヤで、これがまたぴったり。
 そこも上手に取り込んでというか、エンヤに敬意を払って、翔太はアイルランド好き、自宅の部屋にはウィリアム・モリスの壁紙がちょっとだけ貼ってあったり、会話にさりげなくケルト神話のエピソードが出てきたりと、アイルランドやイギリステイストが!
 その辺のディティールも素晴らしい。

 ところで、このドラマを見ていると、村上春樹がエルサレム賞の授賞式で語った、
「高く堅牢な壁とそれにぶつかって砕ける卵の間で、私はどんな場合でも卵の側につきます。そうです。壁がどれほど正しくても、卵がどれほど間違っていても、私は卵の味方です」(内田樹氏のブログより こちら)
 という言葉を思い出す。
 山田太一も、卵の味方なんだなと思う。

|
|

« 揺れる大国 プーチンのロシア | トップページ | 明日のランチはカレー »

コメント

kateさん、はじめまして!

ベッドカバーを新調したいなぁ~とネットをうろちょろしていてたどり着きました。
(Arts&Crafts展、行かれましたか!?)

丁寧に生活をして、それを楽しんでいらっしゃるKateさんのお姿素敵ですheart01
あぁ…ちゃんと生きなきゃって、思わせてくれます。
それから、学校を卒業してから足が遠のいていた新宿の街や伊勢丹がとっても恋しくなりました。

お引越しでお忙しいと思いますが頑張ってくださいね。
新生活の記事楽しみにしています。

同世代の働く独身女子、にゃらっとよりhappy01

投稿: にゃらっと | 2009年3月26日 (木) 00:23

大事な人が突然いなくなったり、今までの暮らしが壊れたりした時、ひとはどうするのでしょう。
わたしもそれなりに類似した経験がありますが、こんなに突然ではなかったし、母とか姉とか、周りに支えてくれる人がいました。
そして大事な人が立ち直っていくきっかけも、仕事をしなければ、ということだったと思います。
このドラマではお金のことも描かれているとのこと、確かにひとが壊れていく時、一番必要なのは周りの助けとともにお金なんですね。
そこまで踏み込んでいるドラマもなかなかないと思います。

投稿: ローズ・マダー | 2009年3月26日 (木) 08:40

にゃらっとさん
コメントありがとうございます。
ブログに「部分」を書くとそれなりに見えますが(笑)、全体を見るとややバランスを欠いています。平日はなぜかいつも寝不足、週末、半日は爆睡。いや、週末の爆睡のせいで、平日に皺寄せが来るのか……。
いい年をして、いつまでもこんな感じです。
でも、引っ越しして、静かな環境なので短時間で熟睡できるようになり、まあまあ元気です。

そんなわけで、あまり更新もできないのですが、またふらっと立ち寄っていただけると嬉しいです。

Arts&Crafts展、行ってないです……。

投稿: Kate | 2009年3月26日 (木) 22:24

ローズ・マダーさん
お金がすべててではありませんが、ある程度あれば、解決できることがたくさんあるんですよね。
お金があれば、選択肢ができる。
それは「追い詰められない」ということなんだと思います。

>そこまで踏み込んでいるドラマもなかなかないと思います。

そうなんです、お金のことと、女性が子どもを産めないということをどう捉えるか……なんていうヘビイなテーマまで盛り込まれていました。それを巡ってやり取りをしていると、
凄く核心に触れることなので、その人の本質があらわになるという感じでした。
でも決して「笑い」を忘れないドラマでした。
最終回もとてもよくて、久々にいいものを見たなあと、じんわりしました。

投稿: Kate | 2009年3月26日 (木) 22:35

今更のコメントですが、私もこれ、見てました。その前の緒方拳さんのドラマにひきつづいて。
 毎回、しみじみくるドラマだったけど、特に、「子どもはいらない」という翔太に、「いそいで答えを出すな、すぐ決めた答えはすぐ翻る」といっていた彼女の答が身に染みました。自分はまだあきらめきれないのだ、という、なんというか、時間がかかってあたりまえなんだ、ということを自分で自覚することの大切さ、を伝えてるというか。
 まわりでも、いろんな辛い目にあってる友人がいるけど、みんなとても「頑張っていて」、早く立ち直らなくちゃいけないとか、心配かけちゃいけないとか、「もう大丈夫だよ」って急いで言わなくちゃいけないような、そんな感じの人が多いし、自分でもそういうとこあるのでね。 なんかとても重要なことだなあと思いましたよ、。

長くなってすみません、。

愛ラー(アイリッシュファン)としてはケルトネタがとてもうれしかったです。

投稿: mamiko | 2009年4月 1日 (水) 09:34

mamiko さん
コメントありがとうございます。
「今更」でも何でも嬉しいです!
「風のガーデン」は私も見ていました。
病や死に対する向き合い方を真摯に描いていて、さすが倉本總と思いました。
ただ、あのガーデンは本当に夢のような感じで、ちょっと現実離れした感じだったかな。
それにしても、若手がいろいろ出てきても、結局落ち着く先は、この大御所ふたり……なかなか越えられないよなあ、とも思うのでした。

そうそう、派遣村を興した湯浅誠さんも、過酷な状況にあって失業している貧困(ホームレスなど)状態の人たちは、そう簡単に社会復帰できるものではなく、段階を追わないと再生できないと言っています(だから、その間の支援が必要ということ)。

早く立ち直らなくちゃいけないというのは、本人自身もそうだし、周りもそういう目で見ますよね。
皆、余裕がないんだなあと思います。
そういうことに対する温かいメッセージも、あのドラマにはありましたね。
でもまあ、戦争を体験した山田太一さんにとっては、今はまだ「どん底」じゃないんだ、ということになるのでしょうけれどね。

投稿: Kate | 2009年4月 1日 (水) 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/28631340

この記事へのトラックバック一覧です: ありふれた奇跡:

« 揺れる大国 プーチンのロシア | トップページ | 明日のランチはカレー »