« 美しい悪夢のような一角を見ながら | トップページ | 111は引っ越し記念日 »

2008年12月30日 (火)

今年一番好きだった絵

Img_1710_2_3



























 

 

 

 今年、一番好きだった絵。
 ヴィルヘルム・ハンマースホイ「背を向けた若い女性のいる室内」(1904)
 ポストカードを複写したものなので、本物の美しさにはほど遠いですが……。
 今年は、ラファエル前派のミレイ展で念願のオフィーリアも見たし(昔、ロンドンのテートギャラリーへ行った時、貸し出し中だったのか、展示がなかったので、ようやく本物を見られて感激!)、フェルメールも行くには行ったのだが、あまりの人の多さに、じっくり鑑賞できず、とりあえず本物を確認しに行った……という感じで、振り返ったら、このハンマースホイが一番心に残っていた。
 清潔で静謐な空間。
 こういう静かな絵には、本当に心惹かれる。現代の人間にも訴えかけるものがある。
 とにかく、ひと気のない室内ばかりを描いた人で、たまに人物がいるかと思えば、こんなふうに後ろ姿だ。何も訴えない、顔も見えない人物だからこそ、見る者の想像力を掻き立てる。短編小説のひとつでも生まれそうな雰囲気。
 当時、絵に描かれる人や室内は、その富を誇示するものだったのに、ハンマースホイは見事までにそういった現生的なものを削ぎ落とす。
 こんな画家がデンマークにいたことはまったく知らなかった。フェルメールにも影響を受けているそうだ。
 ブルーグレイ、グレイ、白、黒、茶色といった色調がほとんど。
 ちなみに上の絵の横にあるのは、ロイヤルコペンハーゲンのパンチボウル。
 他にも、ロイヤルコペンハーゲンのものがさりげなく描かれていて、長い時を経て受け継がれ、愛されているものには、強い美しさがあるなあと感じた。
 ハイハンドルの真っ白なカップなどがとても美しく、今でも作られているタイプなので、ほしいなあなんて思いつつ、見ていた。
 
 ところで、家具の影があり得ない方向に伸びていたり、妻の足と椅子の足がひとつに溶け込んでいるように見えたり……マルグリットのだまし絵的な手法もあった。
 それから、部屋のドアにノブがない絵も。
 どこにも行けない、そこだけで世界が充足し、完結しているような不思議な絵。
 閉塞的な絵なのに、なぜか癒されるような開放感があった。

 また、会場には、ハンマースホイが愛したストランゲーゼ30番地の自宅が3Dになっていた。
 室内や家を描き続けたハンマースホイの絵は、建築家の人などが見たら、とても興味深いのではないかと思ったが、どうだろうか?

 今回の展覧会は、北欧に詳しいcalvinaさん のブログで教えていただきました。
 いつも、よい情報を教えてもらっています。ありがとうございました!

今年一番心を鷲掴みにされたダンス
ピナ・バウシュの「フルムーン」

今年一番心を動かされた映画
「善き人のためのソナタ」(ドイツ映画・WOWOWにて)
 落ち着いたら、いつか詳しく書こうと思います。

今年一番笑った映画
「パリ、恋人たちの2日間」

今年いちばんうっとりした音楽
菊地成孔 ペペ・トルトメント・アスカラール公演
オーチャードホール 12月6日

 こうしてみると私は、憧れはラテンなのですが、本質的には、じっくりみっちりと内に向かう、北の方の人たちの表現に共感しがちなようだ。

 ハンマースホイ以外は、連れ合いと一緒に見たり聞いたりしたものばかりなので、今年もこうして一緒に楽しめたことにも感謝!
 美しいものにいろいろと出会えた一年だった。

 そして、今年一番やった!と思ったことは、引っ越しが決まったこと。
 というわけで、荷造りに戻ります。
 世の中が華やぐクリスマスやお正月が近づくにつれ、私の部屋は殺風景に、殺伐となっていくので、なんだか不思議な感じ(でも心の中はわくわく)。

 ネットも12月末でつながらなくなるので、今年最後の更新です。
 今年1年間、ありがとうございました。
 皆様、よいお年をお迎えください。

 次の更新は、新居からです!

(無事に引っ越しできますように!)

 
 

  

|
|

« 美しい悪夢のような一角を見ながら | トップページ | 111は引っ越し記念日 »

コメント

Kateさん!
新年あけましておめでとうございます。

2008年を締めくくるこの項に、私のブログのことまでご紹介いただき、ありがとうございました。
このハンマースホイの絵は、私にとっても忘れられないものになりました。

私も、Kateさんのブログにたくさんの刺激を受け、また同世代の働く(いえ、働かなければならない)同性の一人として、いろいろと共感したり考えるきっかけをいただいたりしています。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
情報交換、楽しみにしています!

あ、それから・・・
お引越しもおめでとうございます!
まさに、新たなスタートですねぇ。

お引越しの顛末も、拝読するのが楽しみです。

投稿: calvina | 2009年1月 2日 (金) 11:15

calvinaさん
あけましておめでうございます。
今年も、またいろいろと情報交換……だけでなく、
心の交流もできたらと思います!

どうぞよろしくお願いいたします。

(お昼休み中にこっそりと書きました。
 引越し騒動記はいずれまた)

投稿: Kate | 2009年1月 5日 (月) 13:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/26633345

この記事へのトラックバック一覧です: 今年一番好きだった絵:

« 美しい悪夢のような一角を見ながら | トップページ | 111は引っ越し記念日 »