« 禍々しく悲しい出来事も、美しい出来事も | トップページ | 夢のような一角 »

2008年11月29日 (土)

新宿伊勢丹のクリスマス・ディスプレイ2008

Img_1654
















 

 新宿伊勢丹のウィンドウディスプレイがきれいです。
 クリスマス色満載というより、パーティシーズンっぽい感じ。
 モチーフはスイーツやフルーツ、その中にティーポットやカップなどのテーブルウェアを上手く配していて楽しい。
 スイーツの愛らしさは、地下のフードパラダイスにある、いろいろなスイーツのショップのイメージにそのままつながるようです。

 このウィンドウを見ていると、むしょうにエルメのスイーツが食べたくなります!

Img_1656  
 

 アルファベットごとのテーマで飾られている。
 これは、P
 Peachがいっぱい並んだPlate





                   

Img_1657
 

 巨大なカップケーキ。
 この前買ったノッティングヒル・ケイクスのカップケーキを思い出します。





Img_1660  
 

ケーキの時計。絵本の一場面のよう。
左横には、カッがずらりと重なっている。






Img_1661
 






Bのコーナー。
Berry、Baqet、Butterfly
と、Boyにもかけている? 



Img_1662
 

まるで本物のフルーツみたい。



 

Img_1669_2  

 そして、正面玄関を入ったところの、このデコレーションケーキのディスプレイがまた素晴らしい!
 写真では見えないけれど、ケーキの上に、さらに本物そっくりなタルトの蝋細工がたくさん並んでいるのです。
 通路の天井の照明も、このケーキのディスプレイと連続した感じで、きれいです。

 ディスプレイは消えてしまうものなので、留めておきたいなあと思います(そう思えるディスプレイは少ない)。
 昨年はあまり記憶に残らなかったようで、撮影していなくて、2006年はきれいだったので、このように残してあります。こちら  

 それにしても、どんな人たちがこんなディスプレイを考えているのでしょうか。
 ただ飾るだけでない、何か物語を感じさせるところが好きです。
 毎日、このウィンドウを見ながら通勤できるのは幸せ。

 しかし、これを見るだけで満足してしまい、あまり伊勢丹で「消費」はしていません。
 あ、そうだ、1階で、シルバーのラメの入ったソックスは買おうっと。


|
|

« 禍々しく悲しい出来事も、美しい出来事も | トップページ | 夢のような一角 »

コメント

冒頭の写真、pudding,pafaitのディスプレイを見て、甘いものが食べたくなっちゃいました。
街の中がにぎやかになる季節がやってきましたね!

投稿: ローズ・マダー | 2008年11月29日 (土) 18:23

parfaitのスペルが間違っていました。訂正です(゚m゚*)

投稿: ローズ・マダー | 2008年11月29日 (土) 19:56

ローズ・マダーさん
にぎやかになるのはいいのですが、私はLEDの青や白の寒色系の電飾が苦手でして……なんだか寒い感じで。
やはり、金色1色くらいに抑えるのが、シックでいいです。
その店、伊勢丹はセンスよいです。

来週は生協からシュトーレンというドイツ風のクリスマスの焼き菓子が届くので、楽しみです!

投稿: kate | 2008年11月30日 (日) 00:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/25737837

この記事へのトラックバック一覧です: 新宿伊勢丹のクリスマス・ディスプレイ2008:

« 禍々しく悲しい出来事も、美しい出来事も | トップページ | 夢のような一角 »