« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月に作成された記事

2008年10月31日 (金)

ハロウィーンの夜、「流星の絆」のことなど

Img_1651  秋も深まり、今日はハロウィーン。
 何をするわけでもないのだけれど、大きなパンプキン・キャンドルを買って、少し前から楽しんでいる。
 普通のかぼちゃより小さく、坊っちゃんカボチャよりは、ずっと大きい。
 火を灯すと、パンプキンのオレンジがほんわかと温かな感じ。

 そういえば、神戸屋の、あんまり美味しくなけど可愛いパンプキンパイ、今年は買うの忘れた……やはりちょっと食べたかった気がする。

 3連休前のハロウィーン、きっと街はにぎわっているんだろうな。私は今夜はさっさと帰宅、晩ご飯は、ひき肉入りのオムレツとサラダ、坊っちゃんカボチャをレンジで蒸して、オリーブオイルと塩・胡椒したのを。最近は、手のひらに乗るくらいの、この小ぶりのカボチャがお気に入り。坊っちゃんカボチャという名前がなんかいいいし、ひとり暮らしの食事にはちょうどいい大きさ。

 そして、今夜これからのドラマは「流星の絆」。
 原作のストーリーを聞いて、えっそんな感傷的な話を宮藤官九郎が脚本にするの?といぶかしんだのだが、宮藤官九郎は宮藤官九郎だった。やはり天才であった。
 両親を何者かに殺されて、その復讐に生きる3人のきょうだいなんていう、ベタな話をあんなふうに料理しちゃうとは、凄すぎる。
 きょうだいたちは、施設で育ち、小さいうちから苦労しているんだけど、そのわりにはちょっとずれていて世間知らず、しっかりしているようで不安定で心許なくて……かといって、トラウマ抱えてシリアスになってばかりではなく、どこか素っ頓狂なところがあってという、そんな姿が私のツボにはまり、ちょっと胸が痛いような、笑った瞬間に泣きたくなるような。
 深い。そう、人間って、悲劇を抱えていても、悲劇一色で塗られるわけじゃないんだよね。
 苦労しているけれど世間知らずというのは、やはり親がいなかったことで、どこか社会との回路が閉ざされてしまっているが故だと思う。
 そいうのがしっかり描かれているところが信頼できる感じ。
 それにしても、間に挿入されるドラマ中ドラマ(ホスト物語とか妄想係長とか)はバカバカしくて傑作。

 流星にちゃんと願い事をしなかったから、だからお父さんとお母さんが死んじゃったんだ、ぼくのせいだと嘆くところは、子どものせつなさがよく伝わってくる。合理的に考えればそんなことないんだけど、子どもって意外とそんなふうに頑なに思うものなのだ。

 ドラマの中では、子どもの頃のシーンに、大人になった彼らがいたり、今の大人のシーンに子どもで登場したりする。ただの回想シーンじゃないところが素晴らしい。つまり、人というのは、子ども→大人と分断されてきっちり分かれているわけではなくて、子どもの頃にもやけに大人な自分がいたりするし、大人になっても、子ども時代の自分というのは消えるわけではなく、連続して内にあり続けるという真実を描いている。優れた児童文学などを読み込んでいると、こういう真実に気づくのだけれど、これを民放ドラマのエンターテインメントの中でやってしまうとは……。

 で、そういうシーンを見ると、なぜか私は泣きたくなる。よくわからないんだけど。

 宮藤官九郎は、いつもこういうことを軽快にやってのけちゃう人なんだろうな。全作品を追って観ているわけではないので、わかったふうなことはあまり言えないのだけれど。

 あと、最近、いちばん笑ったのは、菊地成孔さんの日記→1年後の料理店たち

ワタシは「アラサー」というのは、30近く成っておかしくなってしまった女性が、沖縄に行って民謡酒場に出掛け、歌に「あいのて」を入れる事で現実を忘れる行為。だと思い込んでいました本当に

 というところ。爆笑! 私も「アラフォー」「アラサー」という略語がどうも生理的に嫌いだったのだが、「アラサー」をこんなふうに新しく解釈してしまうとは(笑!)――菊地さんもやっぱり天才だ。
 ちなみに、この日の日記は「アラサー」のことではなく、新宿のレストラン話。
 料理人を、レストランを愛し、そして料理人からも、レストランからも愛される男。
 彼が書く料理は、本当に美味しそうだ。

 菊地さんによると、イタリアンのプレゴプレゴは、料理は素晴らしく、従業員もイケメン揃いなのだとか。昔、90年代に私も時々行っていたお店なのだけれど、それ程強い印象はないから(カジュアルな、普通に美味しいイタリアンという感じ)、ここ最近で飛躍的な発展を遂げたのだろう。これは女性にとって、ナイロンタワシみたいな質感の茶色い髪でガリガリのホスト――私の職場がある、歌舞伎町に近い東新宿界隈をふらふら歩いているホストは皆こんな感じなんだよね――にかしずかれるより、極楽ではないですか。お値段もホストクラブよりレストランの方がずーっとずーっと安いわけだし(って、まあ、比べるものでもないか:笑)。

★すっかり間が空いてしまいましたが、この3連休中に、「三重への旅 第2弾」を更新する予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2008年10月19日 (日)

三重への旅<1>――三重は「つ」だけではない

 先週の3連休は、連れ合いが引っ越しした三重へ行ってきた。
 関東の人間だと、三重ってどこ?という人が多いが、恥ずかしながら私もそのひとりであった。
 地図を見るまで、はっきりとした位置をつかめなかったくらい。
 東京からだと確かに大変な道程。名古屋まで新幹線で行って、近鉄に乗り換え、さらに1時間40分ほど。
 というわけで、ざっと4時間近くかかる。

 名古屋では、新幹線のホームにある立ち食いのきしめんが美味しいらしいので、おじさんやおにいさんに囲まれて、お昼代わりに食べてみた。かき揚げを頼んだ。しこしこのきしめん、カラッと揚がったかき揚げは、桜海老ではなく、ちょっと大きめの小海老が入っていて、確かに美味しかった。おつゆも薄口でいい感じ。立ち食いで500円を高いとみるか、安いとみるか……私は味に見合った金額だと思うので、大満足。
 名古屋もそうちょくちょく来られるわけではないので、ちょっと駅の周りをぶらぶらして、駅ビル(だったのかな?)の地下にコメダ珈琲店というコーヒー屋さんを見つけ、入ってみた。
 生クリームが乗ったプリンやデニッシュだとか、ホットドッグとか、ソーダ水とか、懐かしい感じのメニューがいろいろあった。私はチーズケーキとアイスコーヒーにした。噂どおり、コーヒーにはピーナツの小袋がついていた。
 他にもお店はたくさんあって、名古屋コーチンの入ったきしめん、妙に美味しそうなカレーうどん、などなど、庶民的で美味しそうなものが結構あって、今度はあれを食べよう、これを食べようなどと、きょろきょしてしまった。でも、次回もまたホームでかき揚げ入りのきしめんを食べてしまうような気がするが……。
 ところで、コメダ珈琲店のウェイトレスの若い女性たちは皆、きびきびと動き、とても感じがよかった。
 途中で朝ご飯用に、近鉄乗り場近くのベーカリーでパンも買ったけれど、お店の人の感じが、東京と微妙に違う感じというか、やっぱりきびきび、丁寧な印象を受けた。
 気のせいでしょうかね?
 これといって自分のツボにはまるイメージは今までなかったのだけれど、結構、名古屋、好きかも。
 これからも、乗り換えが楽しみ。

 

Img_1571  さて、近鉄線はこんな可愛いらしい色合いのシート。景色もぐっと近くに見え、どんどんと田舎の風景になり、川あり、山ありで、旅の気分になれる。
 新幹線はトンネルも多いし、退屈だけど、近鉄線は楽しい。
 途中で一回乗り換えがなければ、もっとよいのだが(時間帯で乗り換えなしの場合もある)。
 このままずっと下って行くと、伊勢神宮のある宇治山田駅に着く。

 さて、津を過ぎて、ようやく名張駅に到着。連れ合いのマンションは駅からすぐ。それでも窓から、山脈が見え、こんな夕焼け空が広がっていた。東京の朝の雨が嘘みたいだ。

 夜は、車で伊賀市の方まで行って、食事をした。Img_1573

 ところで、つい先日、「クワイエットルームにようこそ」(WOWOW)という映画を観た(いろいろな意味で、凄い映画だった)。
 その中に、こんなセリフがあった。

夫「三重に転勤になったよ」
妻「えっ、三重? 三重って何があるの?」
夫「……つ」
妻「つ?」
 
 「つ」って、津市のことですね(笑)。

 まあ、私も実際に行くまでは、お伊勢さんのある県か……くらいにしか思っていなかったのだけれど、それがなかなかどうして、三重は奥が深いのである。
 何があるのかは、また次回、ご報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年10月 8日 (水)

探していたのはこれ!――イタリア産の野菜のブイヨン

 新宿伊勢丹では、イタリア展を開催中。
 昨日、フェア初日の7日は折りよく外出の用事があったので、途中、立ち寄ってみた。
 日経平均株価1万円割れる……などの不景気なニュースが飛び交う中、ここは別世界?というほど、活気に満ち、人が溢れ(平日の昼間にも関わらず)、もの(ほとんど食べもの)が飛ぶように売れている。
 そして、景気のよいイタリア人の呼び声――。

 ところで、私の冬の食生活を支えるミネストローネ。野菜の滋味だけでも美味しく作れるとレシピブックにはあるのだけれど、どうしても今ひとつコクが足りなくて、でもお肉を使わない時は、ブイヨンを使うことが多い。
 以前は、自然食品店にドイツ製のオーガニックの野菜ブイヨンが売られていて愛用していたのだが、最近は姿を消している。生活クラブやグルッペなどで、国産の顆粒の野菜スープの素なんかを買って使ってみるのだか、どうもパンチに欠ける味。
 そこら辺のスーパーで売られているのは、牛とか鶏のブイヨンで、使用している肉の原産地も書いていないし、凝縮されている食品だけに怖い。

Brodovegetale_new_3  で、このイタリア展で私が探し続けていたものに出会えたのです!

野菜料理が美味しいプーリア州出身のファミリーが、プーリアの伝統レシピに従って作りました。使用されている野菜はEU認定オーガニックです。             

製造方法:何ら滅菌されていない塩と、細かく切った生野菜を真空状態で瓶詰めにしました。

この製品には、グルタミン酸ナトリウムによる塩気も、イーストなどの酵母菌も食品過敏症を引き起こす恐れのある食品群は使用されていません。

輸入元 ルナ・エ・ソーレ のHPから(通販可)

 生産地はロンバルディア州/クレモナ、成分は海塩、ニンジン19%、セロリ19%、玉ねぎ19%、パセリ、バジル、ウイキョウ(フェンネル)――と、使われているものを読んでいるだけで、美味しそう。

 まだ試していないので、いつか味の報告も(美味しいに違いないと、決めてかかっているが、こういうのは直感で味がわかる!)。

 投資や企業買収ではなく、美味しいものを地道に作り続けることの大切さ……などと、唱えている隙もないほどの熱気ですよ、伊勢丹のイタリア展は! 昨日は、この野菜のブイヨンしか買わなかったので、また明日、仕事帰りにゆっくり覗いてみよう。

 アメリカよりイタリア、イタリア万歳!となんだかよくわかりませんが、スターバックスに押されて店舗がすっかり減少してしまったセガフレード・ザネッテイにしつこく通い続ける私の体は、結構イタリアの食べものでできている。

 野菜や米など基本的なものは国産にしているけれど、やはりこの手のものは、イタリア産のものが美味しい、と思う。オリーブオイルもさすがに、国産はほとんどないし。

 なんだか最近、「伊勢丹と私」報告になっている……(笑)。

*イタリア展は、13日(月)の祝日まで開催されています。


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年10月 5日 (日)

クレッソニエールの至福のランチ、ささやかな日常のことなど

 

Img_1565_2  先週前半はずっと雨。30日の誕生日も霧雨がずっと降り続き、なんともすっきりしない天候、週が始まったばかりの火曜日でもあり、なんかつまらん!と思い、お弁当づくりはやめて、ランチはクレッソニエールにした。
 ポテトのポタージュに、サラダ。
 このサラダの一皿が小さいながらよくて、レタスと人参、ゆで卵、じゃがいも、オリーブなどがちょっとずつ入っていて、満足感あり。
 メインは、スズキのピカタ、ブロッコリー添え。このスズキを包むピカタが、ふわっとしたクレープのようで絶品。ソースもおいしい。
 これに、全粒粉入りの食べ応えのある自家製パンが一切れついている。
 デザートは、パンプディング。コーヒーはおかわり自由(ただし、カップは小さい)。
 というのが、ワンプレートにセットされていて、飛行機の機内食をイメージしているそうだ。
 こんな美味しい機内食は存在しないと思うけど。
 メインのプレートには、蓋付きで、運ばれてから、「スズキのピカタです」とか言われながら開けてもらえる。
 1,000円ちょうどで味わえる、至福のランチ。
 この値段で、仕事中に食べるランチとしてはバランスがよく、最高です。
 ネットでグルメ関係のサイトの意見を読むと、いろいろ批判している人もたくさんいるけれど、それならもっと高いお金を払ってそれなりの店に行けばいいわけで、ここはそういうのとは違う、手軽さが魅力の店だと思う(新宿伊勢丹の向かい、セゾンプラザのB1です。ランチはなんと16時までやっている!)。

 そして、もう絶対行かない行かないと呪文を唱えていたのに、残業後に伊勢丹を覗いたら、まだノッテイングヒルケイクスのトライフルが残っていたので(前回の記事参照)、1個だけ買う。
 麻布のお店でも買えるのですか?と売り場の日本人の女性に聞いたら、同じく売り場に立っていたイギリス本店からの、大柄で金髪、ちょっとクマのプーさんのような(?)風貌のやさしそうな方が、「トライフルは今日までで終わり、来月からヴィクトリアンケーキになりますよ」と教えてくれた。
 ヴィクトリアンケーキというのは、ラウンド型のケーキに……云々と英語で説明してくれたが、今ひとつよくわからず、私もレシピブックで見たことあるなあと思いつつ思い出せず、帰ってからネットで調べたら、丸いスポンジケーキにクリームをはさむゴージャスなケーキだった。
 ヴImg_1567 ィクトリア女王がお茶の時間に好んだケーキだそうで。
 わーこれも食べてみたいなと思う。
 というわけで、私の誕生日が最後の販売日であったトライフルを、大事にいただきました。
 そういえば、トライフルはベリーを使う夏のお菓子なんだよね。
 上に乗っているのが、マロンとカシス。
 この季節、最後にもう一度食べられてよかった。

 そして、9月が明けて10月に入ると、気持ちのいい晴天が続いた。自分の誕生日……雨……明けるといいお天気、というパターンが多い。

 当日は、友人数人からお誕生日おめでとうメールをもらう(ありがとうございます)。この年になると、誕生日もそんなに嬉しくないけど、とりあえず元気で過ごせていることに感謝――みたいなことをよく言い合っている(笑)。

 

 で、10月に入ると、年末まで早いんだよなあとも思う。
 仕事では「もうすぐお正月」とかやってるし。
 クリスマスはもうすでに終わっているし(笑)。
 異常な進行状況からはやっと抜け出し、比較的正常モードになり、ほっと一息。「普通に忙しい」状態。

 プライベートでは、ぼちぼち新しい部屋探しなどのあたりをつけ始めている(移るのはまだ先だが)。
 敷金3か月だけで、礼金・仲介手数料も要らないUR賃貸に限るなあ、などと。
 こういう物件もあることを知ると、民間の賃貸はバカバカしい。
 ただ、シングル向けの安い価格帯の部屋はなかなか出そうにないのが難点である。借りるまでの仕組みも今ひとつわからず、面倒な感じ……。
 なんにせよ、明け方、隣室の、とどろくような鼾で目が覚めてしまう毎日から開放されたい。キッチンの使い勝手もひどくて、お昼以外はほぼすべて自炊しているが、最近はもう、ジャム作り、レバーペースト作りといった、凝ったものはすっかり作る気を失っている。箪笥もクローゼットもなく、押し入れも極小の中での服の収納、本の置き場など、すべてが限界……と愚痴りはじめると、きりがないので、この辺にするが。

 えーっと、本の方は、アガサ・クリスティーの『春にして君を離れ』という小説が面白かったのだが(えっ、ミステリー以外にもこんなのを書いていたのかと驚いた)、なかなか書く時間がない。

 そうそう、友人が立ち上げた出版社、アルテスパブリッシング の著作物が、吉田秀和賞を受賞したそうで、素晴らしい! 不景気な話題が多い中、実にめでたい。こういう話は同じ編集者として励みになる(なーんて、私は、こんな高尚な本を編集する仕事では全然ないんだけど)。

 あとは、お休みしていた海外ドラマが始まって嬉しい。
 Pic_01 お馴染み「ER」と「アグリー・ベティ」。
 「アグリー・ベティ」はベタな内容なんだけれど、つい見てしまう。ベティは最先端のファッション誌で働いているけれど、『プラダを着た悪魔』のように野暮ったい主人公が花開いてやがて……というふうにならず、一向に洗練されないのがいい。
 このベティ、ちょっとだけビョークに似ている(笑)。
 だから、アグリーじゃなくて、キュートだと思うんだけど。 
 

 今夜は「篤姫」。
 将軍家茂役の、目元涼しげな松田翔太がよいではないですか。
 お父さんの松田優作とは、また違う味わいで。
 松田美由紀さんは、西荻近辺にお住まいのようで、以前よく見かけた。
 12、3年くらい前のこと、地元のお祭りに本当に普通な感じで、子連れて来ていたのが印象的だった。子どもたちに、屋台で何か買ってあげたりして。
 つまり、あの小学生の坊やたちが今は……と思うと、実に実に感慨深い。
 長男の松田龍平は、デビュー後、西荻の北口商店街で見かけたことがある。
 松田美由紀さんは、私より上だけれど、ほぼ同世代。あんなイケメンの息子がふたりもいるなんて――それもすでにふたりとも20代――どんな感じなのだろう?                                                              

 松田兄弟は、親の七光りではない、いい俳優になりそうだ。
 気さくに地元に溶け込んでいた、美由紀さんの育て方がよかったのかしら、若くして未亡人になり、苦労して子育てした甲斐があったのでは、などと他人ながら思うのであった。女優としての美由紀さんも結構好き。

 さて、今度の3連休は、転勤で大阪から三重に引っ越しした連れ合い宅のところに遊びに行く予定。
 ますます遠くなったけど、もともと遠いから、もうこの際片道3時間が+1時間になったところで、たいして関係ないねえ、などと言い合っている。
 三重県というのは、伊勢神宮のある県。今年の初めにふたりでお参りに行ったから、呼ばれたのかも知れない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »