« 6月の花々とエルサ・ベスコフのバッグ | トップページ | ワサビのマカロンと杏ジャム、そして『ルポ 貧困大国アメリカ』を読む »

2008年7月 1日 (火)

赤い風船

 気づかれた方、いらっしゃるかなあ……。
 左横にあるブログパーツをクリックしてみてください。
 赤い風船のところ。
 そして、もしご興味があれば、文字のところもどうぞ。

 応援団っていったいなんだ?と思われるかも知れませんが。
 「赤い風船」とは、1956年のフランスの伝説的な映画。
 この夏、「白い馬」という映画と共に、リバイバル上映されるそうです。
 私は、少年が石畳の上で真っ赤な風船を持っている、というワンシーンだけ、とある写真絵本で見たことがあって、それ以来、この映画をいつか観たいなーと思っていたのでした。
 まさか映画館で観られるとは思っていませんでした。

 まるで一冊の絵本のような映画です。
 ストーリーを読むと、ああ、なんだか懐かしいなという気がします。
 たぶん、絵本になっていたのを、子どもの頃どこかで読んだのかも知れません。

 というわけで、応援団の一員となりました。
 梅雨が明けて、夏になったら、銀座へ「赤い風船」を観に行きます。

★こんな映画を観に行く時も、ベスコフのバッグですね、きっと。

|
|

« 6月の花々とエルサ・ベスコフのバッグ | トップページ | ワサビのマカロンと杏ジャム、そして『ルポ 貧困大国アメリカ』を読む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/21996732

この記事へのトラックバック一覧です: 赤い風船:

« 6月の花々とエルサ・ベスコフのバッグ | トップページ | ワサビのマカロンと杏ジャム、そして『ルポ 貧困大国アメリカ』を読む »