« 私だったら絶対はじめからマー君なんだけどな――       ドラマいろいろ最終回 | トップページ | 赤い風船 »

2008年6月22日 (日)

6月の花々とエルサ・ベスコフのバッグ

 

Img_1467_2  梅雨のじめじめした空気のなか、クレマチスの凛とした青紫が爽やか。
 先日、お馴染み青山フラワーマーケットにて1本だけ購入。
 イギリスの庭園などでは、バラと組み合わせることが多く、可憐なバラにこのすっきりとしたクレマチスが少しあると、いいアクセントになる。
 この6月18日に亡くなったターシャ・テューダーも庭に育てていたし、絵にも描いている
 ターシャは、年齢的に言うと、天寿をまっとうしたという感じだが、大好きな人だったので、寂しい。
 でもきっと、天国でもたくさんの花に囲まれている思う。
(どうか安らかにお眠りください……)

Img_1460_2

 咲いている花の下に、寄り添うような蕾がふたつあったけれど、開くまでには至らなかった。
 部屋に一輪でも花があると、ふっと空気が変わる感じ。
 とはいえ、平日の日中は家にいないので、花を買うのは週末だけ。

(関係ないが、後方のポストカードのオジサンは、ウィリアム・モリス)







 

 

 ブログ上で仲良くさせていただいているcalvinaさんのブログ、Calvina's Corner で、先日楽しいフェアがありました。
 ブログ上で、手芸家、工芸家、写真家などなど、いろいろなものづくりの人たちの作品を発表し、そのいくつかがブログ上で購入できるというもの。
 今回私は、エルサ・ベスコフ(1874年~1953年)というスウェーデンの絵本作家の絵のテキスタイルを使用したバッグを購入。
 Photo エルサ・ベスコフは、妖精だとか、子どもや動物をテーマにした絵本をたくさん描いた人です。

ベスコフの絵本

 スウェーデンでもすでに廃盤で、今ではどこにも手に入らない貴重な布をcalvinaさんが入手し、Le*Cadeau(ル・カドゥ=贈り物)というアトリエでバッグに仕立てたという、貴重な超レアもの!

 「春のピクニック」という名前のバッグです。


 





Img_1487 さて、その素敵なバッグがこちら。
 裏地には麻布が張ってありリバーシブルにもなり、留めるための水色のリボン付き。
 内側にポケットもひとつあるので、便利。
 ピーターラビットとかアリスはいろいろなグッズになっていたりするけれど、北欧ものはムーミン以外はほとんどないので、かなり嬉しい!
 ラブリーすぎて、いつ使ったらいいのかわかりません。
 しかし、持って歩きたい!
 エルサ・ベスコフ知ってる人なんて、滅多にいないだろうなあと思いつつ、このバッグとの初お出かけは先週のルドゥーテ展となりました。
 見終わった後、売店であれこれ物色していると、レジの方たちが「あ、ベスコフのバッグ!」「ほんとだ~」「かわいいーーー」「あんなの売っているんだ」「自分でつくったのかな?」なんて、噂し合っているではありませんか。
 内心、「うふふっ」としながら、さすがBunkamuraの美術館の売店の方たちだわ!と思ってうろうろしていると、売店の一角では、ベスコフのポストカードがたくさん置かれていました。なるほどね。すぐわかるはず。
 その時のルドゥーテ展もそれはそれは素晴らしいものだったので、この報告はまた後日に。

 

 絵を観に行く時、友だちと休日にお茶する時などに持ちたい軽やかなバッグ。
 こんな可愛いものを、いったい幾つまで持ち歩くのか、私は……とふと思ったりするのだけれど(未だにミィのTシャツとか着てるし)、この際、もう一生だ!と思う。 
 絵自体に力があって、素材も良質なものは、変なファンシーさもないし、ポイントとして取り入れるのは悪くはない。

全体                       
Img_1479_2




              

 


 

部分

Img_1477_3












Img_1482_3 バッグのおまけにと、calvinaさんはチョコレートやキシリトールキャンディ(どちらも北欧もの)を入れてくださったのですが……ムーミンの紙ナプキンに包まれていて、これがまた可愛いすぎる!

 こういうの、捨てられませーん!


 

 というわけで、素敵なブログ・フェアを開催してくださったcalvinaさんに感謝。
 ネットもこんなふうな世界を展開できると、本当に本当に素敵なメディアになると思う。



Img_1484 そして、今、部屋にあるのは、房スグリ。
 こちらも青山フラワーマーケットの。
 気温が高くなると花も傷みやすいから、こういう枝ものがいい。
 この赤い実、つやつやとしていて、透明感があって、まるで宝石のよう。 
 この房スグリをモチーフにした妖精のお姫さまとか、ベスコフも描きそうな感じ。
 こんな植物が庭にあって、陽射しが当たって輝いていたら、さぞかし美しいことだろうと思う。
 庭に、バラとクレマチス、房スグリ……などなどがあったらいいなあと、アパート暮らしの私は夢見る。
 

 
 ところで、私の周囲では、乳ガンになる人が多く(知人の家族という感じで)、「最近、乳がんになる女性が増えているから、気をつけてね。検診は大事よ」などと言われる。
 年齢的にも他人事ではないなと思う。
 病気も災害も事件も事故も、自分ひとりの力ではどうにも防ぎようのないことが多い。
 特に、自然の前では無力だ。
 でも、恐れてばかりいても仕方がない。

 とりあえず、今日は房スグリを眺めつつ、おいしい紅茶が飲めることに感謝しつつ……。

  
 

|
|

« 私だったら絶対はじめからマー君なんだけどな――       ドラマいろいろ最終回 | トップページ | 赤い風船 »

コメント

こんにちわ。ようやくポットの写真をブログにあげたのでご報告にまいりました。
かわいいバッグ!アクセントになっておでかけに映えるのが目に浮かびます!
いくつになっても、全然オッケーだと思います。
全身身を包まなければ、(それもそれで、主張が感じられていいかもですが)とてもお洒落な気がします。

乳がん、先日遠方に住む友人から、「乳がんになった」と連絡があり、私がおたおたしている間にさっさと手術先を決めて入院して今は元気だそうです。

早期治療が肝心、、とわかっていても、なかなか自分は検査にいけないのが現状ですが、これを機会に私も受けに行こうと思います。

投稿: | 2008年6月27日 (金) 12:23

↑すみません。これ、私が書きました。
名前書いてなかったみたい?ようちゃんです。
失礼しました! 

投稿: ようちゃん | 2008年6月27日 (金) 12:25

ようちゃんさん
布のバッグのお値段は可愛いものですし、こういう、あまり実用的でないものの
お買い物も楽しいですね。

さて、ポット、ついに登場ですか。
早速、見に行きまーす。

投稿: Kate | 2008年6月27日 (金) 21:44

Kateさん、こんばんは。
>「あ、ベスコフのバッグ!」「ほんとだ~」
>「かわいいーーー」
>「あんなの売っているんだ」
>「自分でつくったのかな?」なんて、
>噂し合っているではありませんか。
>内心、「うふふっ」
このくだりが、個人的にめっちゃツボでした(笑)
Kateさんの微妙な感情のブレンド感がすごく良く
伝わってくる、とてもいい文章ですね。脱帽です!
これは、ベスコフの特製バッグだから素敵なわけで、エルメスのバッグではこの味わいは出ないだろうな、とも思いました(笑)
そして、Kateさんが、ベスコフの絵本が大好きで、ベスコフについても良く知っていらっしゃるからこそ、このバッグが輝くわけで、やっぱり自分が好きなものは素直に好きだと言える力って大事ですね。同調圧力が強い日本社会では、これが結構難しい。自分が本当は何が好きか分からない人って実は多いんじゃないかな?

投稿: 灯 | 2008年6月30日 (月) 23:19

Kateさん!
こんばんは。久しぶりにお邪魔します。
「この際、もう一生だ!と思う。」というところが、もう私の心の中をそのまま代弁してくださっているみたいで、うれしくなって、笑ってしまいました。
ようちゃんさんや灯さんや他の皆さんにも見ていただけて、このバッグは本当に幸せ者だと思います。
ありがとうございます。

投稿: calvina | 2008年6月30日 (月) 23:38

灯さん
コメント、どうもです!
実はベスコフの絵本はそんなに読み込んでいないので、あまり偉そうなこと言えないのですが……。
以前、妖精ものにはまっていたことがあって、その時に見ていたいろいろな本に、この絵柄がよく出ていたな、という記憶があります。
今は仕事柄、この手の絵本に接することが多いいので、なんか親しみを感じています。

エルメスのバッグ持って「うふふっ」なんていうのは、厭味な感じですよねえ。
まあ、私はエルメスには一生縁がないと思われますが(笑)。

投稿: Kate | 2008年7月 1日 (火) 00:04

calvinaさん
この度は、素敵なバッグを提供していただき、ありがとうございました!
本当によくぞ、こんな布を見つけられたなあと思います。
お互い、年齢に関係なく、「この際、もう一生だ!」の心意気で、美しいもの、可愛いものを愛してゆきましょう。

先日、荷物の少ない日、職場に持っていったら、やはり北欧好きの女性に「わあー、それ、ベスコフの?!」と言われ、羨ましがれました。
彼女も、絵本を取り扱うことが多いので、いろいろと詳しい人です。
裏地からマチの状態までしげしげと観察されちゃいました。
というわけで、女子の心わしづかみバッグです。

投稿: Kate | 2008年7月 1日 (火) 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/21814553

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の花々とエルサ・ベスコフのバッグ:

« 私だったら絶対はじめからマー君なんだけどな――       ドラマいろいろ最終回 | トップページ | 赤い風船 »