« ほころび始めた桜と「初恋」と | トップページ | 日曜の夜のつぶやき »

2008年4月 6日 (日)

桜が咲くばかり MUTE BEAT―ONE NIGHT LIVE 

 4月に入って2日(水)は、ミュートビート一夜限りの復活ライヴへ(恵比寿リキッドルーム)行ってきた。
 こだまさんは、ノスタルジーなんかないと言っていたが、やはりどうしたって感慨深くならざるを得ない。
 この20年の年月が走馬灯のように蘇えってきた。
 そして、ミュートビートの音は少しも古くなっていないことに、改めて感動した。
 包み込まれるようなダブとベースの低音、屋敷豪太さんのキレのいいドラム、ストイックなこだまさんのトランペット(失敗してやり直し、がちょっと多かったけど:笑)……古くなるどころか、今、よりいっそう輝いている。

 こだまさんはMCで、「日々の暮らしを大切に」と繰り返し言っていた。
 昔も「日常! 輝け、日常!」と言っていたっけなあ。
 この日、話の前後関係は忘れてしまったが、こだまさんが「……桜が咲くばかり」と言っていたのが印象的で――人生いろいろあるけれど、自然は無常にも巡って来る、みたいに私は聞こえた――確かにリキッドルームのある明治通り沿いは桜が満開でとてもきれいだった。

 音楽とは直に関係ないかもしれないが、こだまさんは昔はわりとスタイリッシュだったと思うのだが、最近はそれに抗うかのようなファッションが多い(笑)。
 いつだったか、吉祥寺でトランペットケースを抱えた彼を見かけたことがある。
 確か、頭に白いタオル、迷彩柄のジャンパーだった。
 ファッションとかお洒落とか流行とかすべてを突き抜けてしまったような姿は、彼の音楽にそのまんなつながっているような気がした。
 吉祥寺の雑踏の中をすり抜けるように早足で歩く姿はどこか近寄りがたく、昔から面識があって懐かしかったにも関わらず、声をかけそびれてしまったこともよく覚えている。

 それはさておき……こだまさんは、復活も再結成も何もないと言っていた。
 そのことが、とても納得できるライヴでもあった。

 ライヴとはまったく関係ないが、この日深夜に帰宅すると、生協の食材が玄関前に山積みになっていた。
 この日、出かけることを忘れて、たくさん頼んでしまったのだ。
 半分泣きながら夜中の0時半に、冷凍の鶏胸肉を冷凍庫にしまい(まだ夜は肌寒いのでドライアイスだけで凍ったままだった。よかった!)、青菜を水につけ、卵をしまい……「日々の暮らしを大切に」するのも大変だ。
 昔はここまで生活に手をかけることもなくて、若い頃は平日であろうが何だろうが、ライヴにはほいほい出かけたものであったなあ、など、そんなこともいちいち懐かしく思い出してしまった。
 また、その後の自分の疲れ具合にも、20年の歳月を感じてしまった(笑)。

 
 あと2日は、プーさんなど児童文学の翻訳などで、日本の児童文学界に多大な貢献をされてきた石井桃子さんが101歳で亡くなった日でもある。
 桜の季節に逝かれるのは、なんとなく石井桃子さんに相応しい気がする。 
 石井桃子さんには、たくさんのものをいただいたいなあと思う。
 ご冥福をお祈りします。
(日を改めて、また詳しく書こうと思う)

  
 そして、先週土曜日3月29日は、ピナ・バウシュ ヴッパタール舞踊団の舞台(『フルムーン』)を、この日に合わせて大阪からやって来た連れ合いと一緒に観た。
 あまりの素晴らしさに打ちのめされる。
 観た後、「表現(芸術)とは何か?」みたいなことを、結構、大まじめに話し合った。

 今までずーっと観たい観たいと思いつつ、機会に恵まれなかったのだが、ようやく観ることができた。
 自分の人生を、ピナ・バウシュ体験前・体験後……と分けて考えてみたいほどだ。
 これはまた日を改めて、書けたら書く……ということで(私なんかの言葉・知識では伝えられないのだが)。

 

 というわけで、先週末からなんだか濃い1週間で、お花見をする間もなく、今日は近所の公園の桜がはらはらと散り、さっきを窓を開けていたら、部屋のなかにまで花びらが舞い込んできた。 

 

|
|

« ほころび始めた桜と「初恋」と | トップページ | 日曜の夜のつぶやき »

コメント

日々の暮らし、を大切にするのも大変←わかります〜。なんかライブにいってからなんとなくずーっとぼわーんとしてしまっていますよ、。

 それにしてもチキンおいしそうですね、。

投稿: mamiko | 2008年4月10日 (木) 12:47

こんにちは。
ピナバウシュ、今回は見逃してしまいました。
大変残念です。公演リポートと感想、心待ちにしていますねっ!
きっとよ!!

投稿: calvina | 2008年4月10日 (木) 18:59

mamikoさん
あれからもう1週間以上経つんですねえ。
料理失敗したりは正に日常茶飯事ですが、中央線が止まったり、雨に濡れたり、デザイナーがなかなか来なかったり(今日の私)、大変というより、まあ、日常ってあんまり輝かないものではあります(笑)。

投稿: Kate | 2008年4月10日 (木) 23:00

calvinaさん
calvinaさんも、ピナ・ファンですか?!
あの舞台は、一生に一度は観るべきものだと思います!

あの感動に相応しい言葉を探しているのですが……。

投稿: Kate | 2008年4月10日 (木) 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/12362420

この記事へのトラックバック一覧です: 桜が咲くばかり MUTE BEAT―ONE NIGHT LIVE :

« ほころび始めた桜と「初恋」と | トップページ | 日曜の夜のつぶやき »