« 3月、桜ももうじき | トップページ | 桜が咲くばかり MUTE BEAT―ONE NIGHT LIVE  »

2008年3月23日 (日)

ほころび始めた桜と「初恋」と

 桜がほころび始めた。
 ついこの前までは、桜が咲くなんていうことが信じられないくらい寒かったのに、人の目には見えなくても、桜はちゃんと準備を始めていたんだなあと思うと、感動する。
 今度の週末辺りが見頃だとのこと。

 熱々のミネストローネが以前ほど美味しく感じられない。
 ルッコラのサラダが美味しい――ということは、春なんだなあと思う。

 木曜夜のお楽しみ「鹿男あをによし」が終わってしまった。
 現実からちょっと浮いたああいうドラマは、これからあんまりないだろうな。
 途中、ちょっと冗長なところもあったけれど、それさえもゆるゆると楽しめた。
 You Tubeでは、エンドロールの曲を使って遊んでいるこんな いろいろな映像があって、面白い。
 男声ひとり合唱団とか「風林火山」のエンドロールにこのドラマの曲をかぶせたりとか。
 それが信じられないくらいぴったりシンクロしていて、爆笑。 
 この曲、こうやって聞くと、とても印象的なのだ。
 よくできた曲というのか。 
 それにしても、 皆、いろんなことを思いつくなあとひたすら感心する。

 今日は、お昼を食べながら、映画「初恋」 を観て、夜はNHK大河の「篤姫」と、一日中、宮崎あおいを見ていたような気がする。
 「篤姫」は毎週欠かさず観ているし、もはや他人とは思えず、娘とか姪とか、家族か何かのような感じ(笑)。

 

Hatsukoi_2  ところで、 「初恋」は、3億円事件をモデルにした話。
 童顔の宮崎あおいとこの事件と、「初恋」というタイトルがどうしても結びつかなかったのだが、なるほどこういう展開なのかと、観ていると凄く納得。
 3億円事件の実行犯を女子高生にするという想像力に――あり得ないとしても――脱帽。 
 あの時のお札って一枚も使われていないというのは事実なのかな?
 だとしたら、その事実にとっても心惹かれる。
 この映画での捉え方のように、お金のためではなく、権力への抵抗としての犯罪だったのかなと……。

 昔、やはりこの事件をモデルにした「悪魔のようなあいつ」という沢田研二主演のTVドラマもあった。
 退廃的な、実に実に魅惑的なドラマになっていた。
 この事件には、何か人の心を掻き立てるものがあるのだ。
 誰も傷つけず、壊さず、整然と行われた不思議な強盗事件。
 その犯人は、この日本で今もどこかで生きているのだろうか。
 もしかしたら、今日、電車のなかで私の隣に座った人かも知れない……。
 そして、映画の 「初恋」では、3億円事件と共に、もうひとつの主人公として60年代の時代そのものが描かれている。
 新宿界隈の、当時の風俗がよく出ていたと思う(私は当時、子どもだったので実際に体験したわけではないが)。
 また、今とは違う、あの頃の貧しさにちょっと懐かしさを感じたりもした。 
 しかし一方で、やや類型的な描き方かな?という気もした。
 学生運動とかアングラとか、女たちの蓮っぱな感じとかが、いかにもで……。
 というわけで、映画全体にはちょっとだけ物足りなさも感じたが、宮崎あおいはよかった。
 可愛いだけじゃなくて、翳りみたいなものもあるんだなと。
 彼女は息の長い女優になるんじゃないかな、なってほしいなと思う。
 
 あと、今週末は、天気がいいのでひたすら洗濯して、原宿の某ランジェリー店のセールへ行って、原宿の異常な人の多さに圧倒されたり。
 竹下通りの入り口には、外国人(ヨーロッパ人っぽい)の撮影隊がいた。
 外国人には、この雑踏と怒涛のような消費の娯楽街はどのように映るのだろうか。
 
 そんなこんなで、週末も終わり。
 明日からまた小忙しい毎日が始まる。 
 でもって、相変わらずアイロンかけがまだなので、この辺でおしまいにします。

(タイトルだけ見ると、とってもロマンチックなネタのようだが……笑)

|
|

« 3月、桜ももうじき | トップページ | 桜が咲くばかり MUTE BEAT―ONE NIGHT LIVE  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/11709111

この記事へのトラックバック一覧です: ほころび始めた桜と「初恋」と:

« 3月、桜ももうじき | トップページ | 桜が咲くばかり MUTE BEAT―ONE NIGHT LIVE  »