« 西への旅②伊勢神宮編 | トップページ | 最高気温3℃の日曜日、「鹿男あをによし」のことなど »

2008年2月 3日 (日)

西への旅③おまけ編~ぼてじゅうとツマガリ

 西への旅、最終回です。
 最後の日は新幹線の時間もあり、これといって大がかりなことはせず、結果的には「食べる」ことに終始した一日に(笑)。
 Img_1322_2 午後にゆっくり起きて、やはり大阪はお好み焼きということで、お昼は梅田の地下街にあるぼてじゅう へ。
 
 東京にも支店があるらしいのだけれど、私は初めて。
 食事時にお好み焼きをひとりで食べるという発想は、東京ではあまりないと思うのだけれど、梅田のお店では、おばさんや若い女性がひとりで、うどんか何かを食べるような気軽な感じで、お好み焼きを食べていた。

 私は「もちチーズ」(ソース&マヨネーズ)を、連れ合いは季節限定の「牡蠣入り」を頼む。
 ここでは、お店の人が焼いてくれて、それを目の前のホットプレートの上に置いてくれるから、楽チン。
 でも、ホットプレートの上にあるから、冷めないし、焼いている感じもちょっぴり味わえる。
 「もちチーズ」はボリュームたっぷりで、これ一枚でお腹がいっぱい。

 それから、連れ合いの即興的な提案で、関東では買えないツマガリ というお菓子屋さんへ行くことになる。
 昨年のホワイトデーに連れ合いからここのクッキーを送ってもらって、それ以来私は大ファンになったのだ。
 阪急電車に乗って、甲陽園へ。
 阪急電車はチョコレート色の車両が可愛い。Img_1323

 甲陽園は「ツマガリ」の街といってもいいくらいで、グーグルで「甲陽園」と検索すると、ツマガリが一番トップに出てくる(笑)。
 甲陽園は高級自宅街で、東京近郊だと東急田園都市線とか東横線の辺りと雰囲気が近いだろうか。
 駅前には、パンのビゴの店と高級食材のスーパーがあった。
 さて、ツマガリは、地元で愛されているお店らしく、周りは閑静な住宅地なのに、このお店は大賑わいで、店に入りきらないほどお客さんが溢れ返っていた。
 2階にイートインできるスペースがあるので、そこでケーキを2つも食べる。
Img_1325  
←ブラマンジェとツマガリという名前のミルフィーユっぽいケーキ。

 
食べ終わった後は、お土産にクッキー類を買う。
 1個ずつ好きなものをカゴに取って選ぶのだけれど、あまりに種類がありすぎて、困ってしまうくらいだった。
 ここのクッキーは素材がよく、サクサクと軽く、種類も豊富で、とにかく美味。

 ツマガリを出た後は、ビゴでもパンを少し買う。
 というわけで、最終日は食べてばかり(初日もそうか…)。
 大阪に戻り、名残惜しくも、7時過ぎの新幹線で帰京。
 あっという間の3日間だった。

 さて、帰りの新幹線では心穏やかに過ごせますように……と祈ったのだが。
 後ろの席は、出張帰りのサラリーマンらしく、ビールを飲み始め、だんだんと盛り上がっていく。
 特に、私の席の真後ろのオジサンがよく足を組み変えるのだが、その足が私の座席にゴンとぶつかること、数度。
「だから、オレはねっ……」
「だから、東京工場はさあ……」
 と途切れ途切れに聞こえる言葉。
 あまりの典型的なオヤジっぽさに、なんとなくイッセイ・オガタのひとり芝居を聞いているような気分になる。
 それでも、隙をねらって(?)、私は束の間、熟睡した。
 しかし、私が目を覚ましても、オジサンは酔っ払い続けていた。
 おとなしく寝てくれないかなあと思うのだが、妙にテンションが高い。
 どうやら東京まで乗っているらしいことがわかる。
「あ"あ
"ぁ~っ、帰ったら風呂入って早く寝るぞぅ」
 などと呟いていたが、同じ会社の連れが品川で降りてからは、ひとりになり、さすがに静かになった。
 行きも帰りも新幹線は、ちょっと「とほほ」な感じであった。

 東京駅に着いて、中央線に乗ると、一気に現実というか、いつもの日常に引き戻され、ここで改めて、「ああ終わっちゃったなあ」と思い、急に寂しくなる。
 がらがらに空いた車両は、妙に寒い。 
 そして、西荻に着いたら、さらに寒かった。
 伊勢神宮の辺りがとりわけ寒かったのではなく、全国的な寒波が来ているようだった。
 その日は家に着いても、新幹線で熟睡したせいか眠くならず、翌日は午前中休みにした安心感もあり、荷物を片付けながら、洗濯機を2回も回した。
 
ゆっくりお風呂に入ったあとは、冷蔵庫に残っていたミネストローネを温め、ビゴのパンを少し食べて軽い夜食をとった(パンを買っておいてよかった)。
 結局その晩は午前3時頃まで起きていたのだけれど、ベッドに入るまで、なんだかまだ旅が続いているような気がしたのだった。
 「旅」というほど大げさなものではないんだけれどね、いい「旅」でした。
 食いしん坊な私のツボにはまる、各名所(名店?)を案内してくれた連れ合いに感謝しつつ……。

――おしまい――
 
 

|
|

« 西への旅②伊勢神宮編 | トップページ | 最高気温3℃の日曜日、「鹿男あをによし」のことなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/10233748

この記事へのトラックバック一覧です: 西への旅③おまけ編~ぼてじゅうとツマガリ:

« 西への旅②伊勢神宮編 | トップページ | 最高気温3℃の日曜日、「鹿男あをによし」のことなど »