« 2008年1月1日 | トップページ | 一瞬の出来事 »

2008年1月 3日 (木)

50才の大いなる仕合わせとは?

 昨日、早くも隣室の住人は彼女を伴なって帰宅。
 壁の薄いこのアパート、一気にお正月の静謐な空気は消え、話し声やらいびきやら……それを音楽でかき消すいつもの生活が始まった(向こうもこっちをうるさいと思っているんだろうなあ)。

 気を取り直して、今日は午後、近所の神様にご挨拶をと、井草八幡宮へ初詣でに出かける。
 これが、今年初めての外出(笑)。
 家族連れやカップルの列に、ひとり並ぶ私。お参りでするまで、30分は並んだと思う。
 訳もなくよい予感がしていたので、おみくじを引いたら、大吉!
 「30才、50才の時に、大いなる仕合わせ来たり……」とあった。
 30歳はとうの昔に過ぎてしまったので、50歳に期待をかけよう。
 「幸せ」でなく、「仕合わせ」という表記には何か意味があるのだろうか?と、やや職業病チックなことを思いつつ、大吉は初めてだったので、境内の屋台で甘酒など飲みつつ喜んで帰途につく。

 次の更新までには引っ越しするぞ!と決意もした。

 さて、帰宅してからは、HDDに溜まりまくった番組をDVDにダビングする作業。
 というのも、もうこれ以上録画できないほど溜まってしまったので、きれいにしないと、明日からの「の×めカンタービレ」の特番が録画できないから。
 しかし……WOWOWなどのデジタル放送番組は、「CPRM対応のディスクじゃないとダメだよん」という意地悪な仕組みで、ディスクを年末に買っておいたのだが、何だかよくわからなくなっている。
 昨年の夏、連れ合いが試行錯誤してやり方を把握し、せっかく教えてくれたのだが、それ以降一度もやっていなかったので、忘れてしまった……。
 ああ、アナログな私……。
 ていうか、そもそもわかりにくいよ、Panasonicの解説。
 何度読んでも、○ページを参照、で、○ページを参照すると、今度は……という感じで、堂々巡りな記述が多く、頭をかきむしり、発狂しそうになってくる!
 「うちの母親は、VHSの予約録画もできないんだよ」というような話もよく聞く。
 そんな世代の人たちが、さらに複雑になったHDDを操作できるはずがない。
 高齢化社会に向けて、家電メーカーはどうにかしてほしい。
 多機能はいらないから、操作しやすく、わかりやすいマニュアルをつくってほしい。
 私は、一応、VHSの予約録画などは軽くこなしていたし(世代的に当たり前?)、AV製品の配線などは自分で頑張ってやってきた方だけれど、このHDD内蔵型のDVDレコーダーには本当にてこずっている。
 ケーブルTVも入っているし、本当に複雑になってきているのだ……今回もケーブルTVも含めた配線までは、なんとかこぎつけ、HDDで録画もマスターしたのだが、HDDからデジタル番組の録画が厄介。
 WOWOWには、ちゃんとお金払っているんだけどな。
 自分で楽しむ以外は、何も悪いことしないんだけどな。ぶつぶつ。

 そう言えば、最初の設置もやはり気が狂いそうになったのだ。
 民放はボタンひとつの簡単予約録画できるのだが、ケーブルTVの番組はすべてひとつひとつ自分で時間を入れる、マニュアル式になる。  
 そういった説明がわかりやすく記されておらず、何度も何度もわかりにくいマニュアルをめくったりAVに詳しい友人に電話したり、ちょっとした騒ぎだった。

 やはり、同じようなことを思っている人は多いようで→ こちら
 この文章自体も専門用語が多く、私にはすべて理解できないのだが(笑)。
 なんでこんなに厄介かというと、家電メーカーのせいだけでなく、放送する側にも、いろいろあるらしい。

 まあ、とりあえず録画しても、すべてを丹念に見返していたら、人生、それだけで終わってしまいそうなので、いっそ捨てちまえ!と思うのですが、それもなかなか……ジレンマである。

 とにかく、HDDも整理しなければと思うのだが、ずっと前にビデオに録画したビクトル・エリセの「ミツバチのささやき」と「エル・スール」をDVDへ保存するのは、成功させたい。
 ビデオテープって劣化するしね。
(この2作品、ビデオもDVDも現在発売されていないのだとか。20世紀の傑作なのに!)

 大吉が出たのはよかったけれど、うーむ、お正月休み後半はもう少し創造的なことをしたい。 


|
|

« 2008年1月1日 | トップページ | 一瞬の出来事 »

コメント

明けましておめでとうございます。ケイトさんとは2日ちがいでぼくらも井草八幡宮に行ってきました。お参りは元旦早々にすませてあったので、長蛇の列には並ばず^^;、おみくじを引いて(巫女姿の売り子さんが「○○円のお納めになります」っていうのが新鮮でした)、甘酒でお好み焼きを食べてきたです。

デジタル放送のダビングってそんなに面倒だとは知りませんでした。いろいろ揉めてますが、そういうことやってたら産業としても発展しないだろうに。

ちなみに『みつばちのささやき』と『エル・スール』はDVDボックスで持ってますんで、いつでもどうぞ^^。

投稿: BeesWing | 2008年1月 6日 (日) 15:27

BeesWingさん
井草八幡宮、よいですよね。

デジタル放送、あの厄介さは、家電メーカーのせいだけでなく、複製させるもんかという放送する側の何らかの「意志」(ていうか独占欲?)みたいなものを感じます。
ほんと、これからどうなるのでしょう。
私はデジタル化の波に付いていけそうにないです(苦笑)。

投稿: Kate | 2008年1月 6日 (日) 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/9703105

この記事へのトラックバック一覧です: 50才の大いなる仕合わせとは?:

« 2008年1月1日 | トップページ | 一瞬の出来事 »