« ポール・オースターの『トゥルー・ストーリーズ』 | トップページ | 12月のキッチン »

2007年11月18日 (日)

ショコラ

 Chocolat この週末は、「ショコラ」 を観た。もう3回目くらいになる。
 フランスのとある村に、ちょっと不思議な雰囲気の母子がやって来てショコラの店を開く。
 
 今でこそ、ショコラティエなんていうと、憧れの職業かもしれないけれど、この映画のなかでは、人々を快楽に誘い、堕落させる悪魔(!)のごとき扱いで、皆に疎まれる存在として描かれている。
 その村は教会の力が絶大で、禁欲的な生活を強いられているからだ。
 小さな村の家並み、母子の赤いマント、お鍋の中でかき回されるとろりとしたカカオ、川辺にやって来るジプシーたち……と、御伽噺のような舞台だけれど、物語はわりと辛辣。
 不必要なまでに禁欲的な村長は、威厳を通り越して、滑稽ですらある。
 でも、彼女のつくるショコラは、官能的なまでに美味で、やがて村の人々の心を溶かしてゆく……というのがとてもいい。
 「バベットの晩餐会」のチョコレート版といった感じのストーリー。

 食べものの美味しさというのは、肉体的な快楽=官能性と通じ合っていると思う。
 「とろけるような」とか、「うっとり」とか、そういう言葉は、両方に当てはまる。
 好きな人同士が、「食事でもいかがでですか?」と、まず食べることを介して親しくなっていくのは、当然と言えば当然のことかもしれない。
 食事なんかどうでもいいから、この国の政策の貧しさについて語り合いませんか?と誘う人はいないわけで。どんな状況であれ……。

 とにかく、この映画を観て、チョコレートを食べたくならない人はいないはず。
 私は、高級ショコラより、映画のなかでジュディ・デンチが飲んでいたチリペッパー入りのホットチョコレートがむしょうに飲みたくなった。
 そこで、昨日、荻窪のグルッペで貿易屋珈琲店の黒糖ココア というインスタントココアを見つけて買ってきた。
 沖縄の黒糖とココアと珊瑚カルシウムとミルクパウダーが混ざったもので、1袋700円ほど。250gも入っているから、お得。
 はじめ少量のお湯でペースト状にしてから、お湯を注ぐだけなので簡単だし、ミルクを使わないのでそんなに高カロリーじゃないし。
 これに、チリペッパーをひと振り。なかなか美味しい! 
 私はこの映画でホットチョコレート&チリペッパーという組み合わせを初めて知って驚いたのだけれど、これが意外とマッチする。
 甘さとコクのなかに、ピリッとした辛味――だまされたと思って、ぜひお試しあれ。

 主演は、ジュリエット・ビノシュ、ジュディ・デンチ、ジョニー・デップと名役者揃い。
 かつて、「生意気で大根足!」などと、中野翠にボロクソに言われていたジュリエット・ビノシュ。私もその意見にちょっと賛同しかけたのだけれど、この映画あたりから、また好きになってきた気がする。
 レオス・カラックスの映画でデビューしたけれど、カラックスの方はあまり噂を聞かない。
 どうしてるんだろう? ビノシュとは一時期、恋人同士だったらしいけれど、彼女の方が出世したなあ。

 給料日前の週末、連れ合いとも会えない時は、こんなふうにHDDに残っている映画を観てひっそりとすごすことが多い(まあ、給料日後も、わりかしひっそりとしてる私ですが:笑)。
 それから、昨日はとっても寒かったので、今シーズン初めてミネストローネをつくった。
 通勤途中にある新宿の花園神社では、酉の市の準備が着々と進められている。
 湯たんぽも始めた。
 冬だなあ。今年もあとわずかだなあ、と思いつつ。

 さて、冷えてきたし、チリペッパー入りのホットチョコレートを一杯飲むとしよう。

  

|
|

« ポール・オースターの『トゥルー・ストーリーズ』 | トップページ | 12月のキッチン »

コメント

「ショコラ」はまだ見てませんでした。
チョコレートが媚薬だというのは何かで見たことがあるけど。
なるほど、「とろけるような」…納得。
チリペッパー入りココアも、眼からウロコです。
お汁粉に少しお塩を入れるようなものかな?

投稿: ローズ・マダー | 2007年11月23日 (金) 06:19

ローズ・マダーさん
そう、この映画では、チリペッパー入りショコラは、「情熱の復活」みたいな感じで使われていましたよ。
お汁粉に塩より、もうちょっと主張する味です。

投稿: Kate | 2007年11月23日 (金) 13:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/8984463

この記事へのトラックバック一覧です: ショコラ:

« ポール・オースターの『トゥルー・ストーリーズ』 | トップページ | 12月のキッチン »