« シンクロニシティ――再び村上春樹について | トップページ | 何もしたくない日 »

2007年10月28日 (日)

もうじきハロウィーン

 昨夜は、連れ合いと村上春樹のことなどについて話していたら楽しくて、つい深夜遅くまで長電話。
 Skypeの無料通話だから、安心して喋りすぎてしまう。
 だけど、NTTしかなかった頃と比べたら、天国。

Img_1185  さて、もうじきハロウィーン。
 お馴染み青山フラワーマーケットにて、飾り用のかぼちゃを見つけた。かぼちゃを買うと、「顔シール」をくれるので、それを貼ってみた。
 かぼちゃに被せた帽子とキャンドルの前のコウモリは、フェルト製で別売り。
 かぼちゃは手のひらの上に乗るくらいの可愛い大きさなので、テーブルの上にちょこんと飾れる。

 これは神戸屋のハロウィーンパイ。もちろん中味は、かぼちゃ。Img_1182
 相変わらず、あまりおいしくなかった……神戸屋(笑)。でもまあ、季節ものということで。

 昨日は、台風で一日大雨のため、一歩も外から出ず。
 今日は見事な快晴だったので、昨日できなかった洗濯に追われる。
 それからレバーペーストをつくった。夏には大汗をかきながらつくっていたのが、懐かしい。この季節は何の苦もなくつくれる。やはり火をたくさん入れる料理は、猛暑の時期は避けるべきだ……と、今さらなことを思う。 

Img_1183  そして、生協から紅玉が2キロも届いたので、ちょっと傷んでいるのを選んで使い、アップルパイを焼いた。通常は、砂糖と一緒にりんごを煮るのだけれど、これはパイ皮の上に、くし形に薄く切ったりんごを生のまま並べ、砂糖を振りかけて焼いただけ。
 物足りないかなあと思いつつ、食べてみると、これが意外と、さっぱりしていてさくさくと軽くおいしい。

↑りんごの並べ方が雑ですが(笑)、味はなかなかでした。

 市販のものは、カスタードとかいろいろ入りすぎているような気がする。
 むしろ、こういうのって外では食べられない味だと思う。
 平松洋子さんの本のタイトルではないけれど、正に「買えない味」かもしれない。
 りんごのお菓子は紅玉でつくるのが一番。
 でも、紅玉は生産者が減っているうえ、収穫時期も短い。
 生活クラブ生協では、そんな貴重な紅玉を手頃な値段で届けてくれるから嬉しい。
 来週、また2キロ届くはずだけれど、今年はこれが最後。
 思い切って、5キロ頼めばよかったかな。

 そのまま、スキンローションとリンスをつくるつもりだったが、さすがに疲れて、ブログを書きながら一休み。
 無農薬のバラの花びらをエタノールに浸してエキスを抽出して、そこに精製水とかグリセリンなんかを加えてつくる。
 「ナチュラル!」に命をかけているわけでもないのだけれど、一度手づくりしてみると、安価でできるのに凄くいい感じで、何千円もする市販のスキンケア用品なんか買う気がしなくなってしまうので、つくらざるを得ないというか、なんというか……だからもう、週末は小忙しい(さすがに、クリームなどは買っているが)。

 その他、生協の注文書きとか、アイロンかけとか……etc.
 今週末は、ソファに転がって『グレート・ギャツビー』を読み耽るはずだったのになあ。
 たぶん、凄いたくさん寝てしまうから、忙しいだけなんだと思うけど。

 もうちょっと疲れない身体にならないものか。
 「身体は下降しているけれど、バランスはますますよくなっている」という内田樹先生の言葉を、私もなんとか実践したい。

 とあたふたしている間にハロウィーンがやって来ると、今年もあと2か月ばかり……。

|
|

« シンクロニシティ――再び村上春樹について | トップページ | 何もしたくない日 »

コメント

kateさん、こんにちは。
ご無沙汰しています。
ハロウィーンのかぼちゃ、可愛いです♪
パイ、美味しくないとのことですが、見た目はなかなか好みです~。
kateさんが載せてるお料理はどれもとっても美味しそうで
是非ともレシピも載せてください。
レバーペースト希望です。
りんごパイは、市販のパイシートを買えば私にも出来そう?と思いました。
普段料理はするものの、お菓子作りまでは手が回らないのですが、このパイなら気楽に作れそうです。

投稿: rei | 2007年10月29日 (月) 10:31

reiさん
こんにちは!
パイは神戸屋のものですが、あそこのパン、
あまり好きじゃないのです。
でも、まずいというわけでもないのですが、
格別おいしくもないというか(笑)。
見た目がおもしろくて、つい買ってしまいました。

りんごパイは、私も冷凍のパイシートを使用しています。
凄く簡単です。

レバーペーストは私のオリジナルレシピではないんですよね。
平野由希子さんの『料理研究家のつくり方』という本に
載っているレシピを参考にしてしています。
平野さんは、ル・クルーゼのお料理研究家です。
もしよかったら、ご覧になってみてください。
他のレシピもいくつか載っているし、読み物としても
なかなかおもしろい本です。

投稿: Kate | 2007年10月29日 (月) 13:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/8652671

この記事へのトラックバック一覧です: もうじきハロウィーン:

« シンクロニシティ――再び村上春樹について | トップページ | 何もしたくない日 »