« 中秋の名月日記 | トップページ | 村上春樹にご用心 »

2007年9月30日 (日)

雨降りの誕生日は、グールドを聴きながら

 先週の金曜日、つまりつい一昨日は30℃を越す残暑で、アイスコーヒーを飲み、帰宅後も扇風機をぶんぶん回していたというのに、昨日、今日は寒さのあまり毛布を引っばり出した。
 特に、今日はずっと雨降り……。

  午前中、彼から宅急便で誕生日のプレゼントが届く。Gg__3
カードとCD。CDは、彼の「最愛のディスク」であるというグレン・グールドのバッハの「ゴールドベルク変奏曲」。
 直接会ってのお祝いは来週末にしてもらう予定なので、今日はどこへも出かけず、ひとり静かにグールドを聴いてすごすことにする。
 ああ、これがよく言われる、グールドの鼻歌が混じっているやつねと思いつつ聴く。
 雨音に似合う「ゴールドベルク変奏曲」。

 というわけで、今日でまたひとつ年を取った。
 最近はもう、どんどん年取っちゃうよ!とか(笑)、じたばたすることもなく、とにかく身体さえ大変なことにならなければ、よしとする……というような気持ちだ。
 心身ともに健やかなことが一番だと思うのは、いろいろ具合を悪くしているからこそ、思うこと。
 あとやはり思うのは、ちょっと離れていてもパートナーがいてくれることで、年を取ることへの焦燥感もなくなり、穏やかな気持ちで過ごせているんだなということ。
 そういう気持ちでいさせてくれる彼には、感謝している。

 さて、今日の朝……というか昼すぎにゆっくり起きて、たっぷりの紅茶とパンを食べながら、「デスパレートな妻たち」を見て、そのままソファにごろんと横になって、録画しておいたウディ・アレンの「マッチ・ポイント」を見る。
 「マッチ・ポイント」はよくある話なんだけれど、見事な出来栄えで面白い。面白すぎて――ていうか、実に残酷な話なんだけど――今は書ききれない。ウデイ・アレンは監督として一流だなとつくづく感じる。

 と、こんな冷たい雨降りの日曜日は、音楽を聴いたり映画を観たりして、だらだらするのが楽しい。

 あ、ちなみに、私の敬愛する内田樹氏は、なんと同じ9月30日が誕生日です!
 というわけで、内田氏に関する、次のブログへと続きます。 

|
|

« 中秋の名月日記 | トップページ | 村上春樹にご用心 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/8177055

この記事へのトラックバック一覧です: 雨降りの誕生日は、グールドを聴きながら:

« 中秋の名月日記 | トップページ | 村上春樹にご用心 »