« おかめとひょっとことソナチネと | トップページ | 夏休み生活日記―「すいか」のことなど »

2007年8月13日 (月)

ラタトュイユ

 今日(12日)も快晴。カーテンを5枚も洗う。5枚といっても、洗濯機で洗える木綿のものだから、シーツを洗っているようなものだけれど……その後のアイロンがけの方が大変。
 カーテンのほかに、麻の服やハンカチ、ランチョンマットなどもまとめてアイロンがけをしたので、かなり働いた感あり。

 その後、髪のヘナ染め。
 美容院でやってもらうと、シャンプーだのブローだのも込みになってしまい、凄い値段になってしまうけれど、自宅で自分でやれば、1回500円もかからない。
 でも、ドロドロのヘナを自分で塗って、あたふたとやるのは一苦労。
 かといって、化学染料で染める気はしないし。
 とりあえず、今回は無事終了。

 夏休みの<雑事部門>を着々とこなしているようで、嬉しい。

 Photoそれから、晩ご飯は、とうもろこし入り玄米を炊いて、ラタトュイユをつくった。
 ラタトュイユとは、玉葱、茄子、ズッキーニ、パプリカ、トマトなどの夏野菜を炒め煮する南仏の家庭料理(のはず)。
 料理研究家のつくりかた (平野由希子著/白夜書房)という本に、ラタトュイユの細かい描写が出てきて、今回参考にしてみたのだけれど、いい勉強になった。
 茄子は油を十分に吸わせて馴染ませるため、最初に(玉葱の次に)炒める、茄子が油を吸って油が少ないなと思っても足さないこと(油っぽくなるから)、トマトは十字に浅く切り込みを入れて湯剥きして、中の種を取って使うこと(水っぽくならないから)、などなど。
 トマトはいつも皮なんて剥かず、ざくざく刻んで、放り込んでいたので、面倒くさいなと思いつつ、本のとおりにやってみたら、確かに水っぽくならなかった。茄子を炒めるときのオリーブオイルも控えめにしたら、いい感じに。
 そうか、自分ではそこそこ上手くできていると思っていたけれど、油っぽくて水っぽい仕上がりになっていたんだなあということに気づく。
 料理に関しては、まだまだ知らないことがいっぱいありそう。
 自己流でやっているけれど、本当はちょっとしたコツでおいしくなるものとか、ラタトュイユ以外にもたくさんあるんだろうな。
 一度、きちんとプロに習ってみたい気もする。

 そして、ご飯を食べながら、「世界ウルルン滞在記」を見る。
 今夜は、以前司会役を務めていた相田翔子(この番組は、彼女が司会の頃が好きだったなあ)。
 モロッコのアルガンオイルという、珍しい貴重なオイルでの料理体験。
 パエリアをアレンジしたものをつくっていくのを見て、彼女は本当に料理が上手なんだなと思う。
 モロッコの料理というのも、ヘルシーでスパイシーで、私はとても好きになれそう。
 このアルガンオイルというのが本当においしそうで、イタリア人がオリーブオイルを使うような感覚で、料理にバンバン使っていた。日本で購入しようとすると、かなり高価になるらしい(一瓶8千円とか)。
 で、アルガンオイルをつくる女性だけの組合があって、そこを訪ねるのだが、興味深かった。組合で働いているのは、夫が死んだり蒸発したりという人が多く、そういう女性たちのための自立の場になっているそうだ。そのなかのひとりの女性が、
「毎日、くよくよ悲しんでいても仕方ない。自分だっていつかは死ぬんだし」
 というようなことを言っていた。イスラム圏の国だから、女性が生きるのは大変なのだろうけれど、皆、いい顔をしていて、すこやかな印象を受けた。
 
 ところで、今夜は昨日に比べて、夜がぐっとすごしやすい。
 湿度も低めで、クーラーを消して窓を開け、扇風機だけで心地よい。
 昼間暑くても、夜がこんな感じだったら、すごしやすいのだけれど。
 静かな夏の夜……と余裕で言えるのも、明日もお休みだから。

 部屋から一歩も出ず、洗濯とご飯づくりとテレビの一日。

|
|

« おかめとひょっとことソナチネと | トップページ | 夏休み生活日記―「すいか」のことなど »

コメント

こんにちは!
平野さんのこの本、拝読してみようと思います。(^^)

投稿: calvina | 2007年8月14日 (火) 14:08

calvinaさん
この本は、レシピよりエッセイ中心。
平野さんは、ル・クルーゼ料理の本をたくさん
出しているようです。

投稿: Kate | 2007年8月14日 (火) 15:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/7513807

この記事へのトラックバック一覧です: ラタトュイユ:

« おかめとひょっとことソナチネと | トップページ | 夏休み生活日記―「すいか」のことなど »