« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月に作成された記事

2007年7月28日 (土)

アンリ・カルティエ=ブレッソン――知られざる全貌

 先週末は、アンリ・カルティエ=ブレッソン 展<知られざる全貌>を東京国立近代美術館へ観に行った。
 ブレッソンは、1908年、フランス生まれ(来年でちょうど生誕100年)の写真家で、マグナム創設のメンバーのひとり。
 私は中学生くらいの頃から、ロバート・キャパとかの報道写真家の写真――特にモノクロ写真――に強く惹かれる傾向があって、そういう写真集を図書館でよく食い入るように眺めていた。理由はよくわからないけれど、例えば、戦争というものも、話で聞くより、よりリアルに感じられて、写真のなかに自分が入り込んでタイムスリップしているような気分を味わうのが好きだったのだろう。

 ところで、ブレッソンの名前はあまり意識したことはなかったのだけれど、いろんなところで見ていてとても印象に残っている写真のいくつかが、ブレッソンであることを知るようになって、この展示会はぜひ行かなければと思った次第。
 最近は、どうもへたれ気味で(笑)、美術館という所へ足を運ぶことがめっきり減っていたのだけれど、今回は行って本当によかった。
 言うまでもないけれど、やはりオリジナルプリントは素晴らしい。白黒というより、グレーの階調が無限に展開されている感じ。
 

 1930年代~1970年代の写真が多く、正に20世紀というひとつの世紀を駆け抜けていったような人生。
 2004年に95歳で亡くなったブレッソンは、20世紀の、戦争と激動の時代を記録するためにこの世に生を受けたかのようである。
 無名の庶民――貧しい人から豊かな人まで、世の中を動かした人、偉大な思想家や作家や詩人や画家を写真に収め、その舞台はヨーロッパだけでなく、アメリカ、アジア……と、本当に広い「世界」だ。
 肖像写真では、カポーティの若い頃の写真が素晴らしくて、しばらくその前から動けなかった。その人の本質というものを、なぜたった一枚の写真で余すところなく表現できるのか、ひたすら感嘆……正にこれが写真を観る醍醐味。

 そして、ブレッソンが凄いと思うのは、社会の「決定的瞬間」を伝える報道的な役割を担っていると同時に、その写真がとてつもなく芸術的であること。
 構図が完璧なまでに見事なのだ。それは、ブレッソン自身、絵が好きで、自らデッサンなどをよく描いていたことと大きく関係していると思う。
 とにかく、デジタルカメラなんて存在しない時代、きっと一枚の写真を撮るためにシャッターを押す重みは今と随分違ったのだろう。

 とまあ、ブレッソンの素晴らしさは私などが語るまでもないのだけれど……。

 この60年代のカナダの街角で笑っている少年たちは今、もう中年のおじさんだなあとか、ここに確かに存在している1930年代のメキシコの娼婦たちのなかで、今生きている人は何人いるだろうか?などなど、思いつつ観ていると、感慨深い。
 時は流れて人は必ず死ぬけれど、写真というものは、その瞬間を永遠に閉じ込め、記録する。
 そんなことを思うと、なんだか不思議な気分になり、あと100年もしたら今成人している人たちのほぼ全員は間違いなく死んでいるのだな……と思ったり。

Img_0932_1  数多くの写真のなかでも、気に入ったのがこれ。
 会場で売っていたポストカードを複写したものです。
 ○C(クレジット)/アンリ・カルティエ=ブレッソンです。
 時は1938年、フランス。
 ふたつの戦争の狭間の時代で、川辺のピクニックを楽しむ男女。
 この4人の背中の存在感!

 この写真を元に、短編小説でも書けそうです(書けないけど)。
 そして、どんな時代でも、人々はこんなふうにささやかな愉しみを見出して、生き抜いてきたのだと思うと、感動する。
 オリジナルプリントで観ていると、手前のおじさんが注いでいるワインが美味しそうで、1938年がつい昨日のように感じられた。

 8月12日まで開催されています。おすすめです。
 膨大な写真のもと、その全貌を知ることができます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2007年7月 8日 (日)

このところの仕事日記

 先月末は、最近、質の高いエッセイなどでも注目されている料理研究家の方のインタビューに同行。
 場所は、その方の自宅にて。センスがよく、気持ちのいいリビングとそこに微かに漂うお香の匂いにうっとりしつつ、妙に人懐こい猫を時折眺めつつ、いろいろと勉強になるお話を聞いた。料理と書くことの関係性とか、料理は蓄積の上に成り立つ、などなど。
 インタビュー後、内輪で「○○さん、素敵ですねー。お肌もピカピカだし」と私が言うと、「充実しているんでしょうね」とライターのSさん。
 今後、年を重ねていくと、当然、若さでは勝てないわけだから、この「充実していること」がポイントかもしれない。仕事もプライベートも……。
 うーん、いろいろとためになりました。
 それにしても、輝いている人(特に女性)に間近で接することができるのは、素晴らしい経験。

 今月早々には校了があり、その合い間を縫って、某私大の名誉教授におそるおそる原稿の依頼をしたら、快く引き受けてくださって、ほっとしたり。
 電話に出た奥様が、なんというか、有能な秘書のようであり、電話を取り次ぎながら、「ほら、先程、FAXを送られた方ですよ。ご覧になりました?」みたいなことを言っているのが聞こえてくるのが、おかしかった。住所を聞こうとすると、「ああ、じゃあ替わります」と、また奥様が出てぱっと答えてくれて。教授は、もう80歳を超えているので、夫婦連れ添って50年……という感じかも。 
 あ・うんの呼吸というのだろうか。うーん、なんだかいいなあと思ってしまった。 

 で、6日の金曜日は、午後から東京国際ブックフェアへ。
 最近、独立して小さな出版社を立ち上げたSさんに、あの広大な会場で、偶然、ばったり出くわして驚く。
 そして、秋に実現するというビッグ!?な出版企画話にさらに驚く。
 いつか、このブログでも大々的に宣伝します(といっても効果の程は……??/苦笑)。

 それから、グーグル主催の「書籍検索」の話を聞き、ここまで便利になるのかあという感慨と共に、行動・思考形態がどこか退化してしまうのではないだろうか、とちらっと思ったり。でもまあ、確かに、本とネットというのも切り離せなくなっているし。
 実際、私も仕事で、アマゾンを見ない日はないし、グーグルで検索しまくっているし。
 この先、どうなるんでしょうか。

 Img_0900_1 モリサワでデザイナーやオペレーターでもないのに、アンケートを書いて、いろんな書体が印刷してある缶のサクマドロップスをもらったり、プチグラパブリッシングでスウェーデン製の可愛い馬の焼き印が付いた木製のバターナイフにひと目ぼれして買ったり(20%オフだったので嬉しい)。
 こういうものがやたら好きな私。すでに木製バターナイフは1本持っているのに。木製だと、使っているうちに、色合いが深くなって実にいい感じになるんですよねえ。

 

 そして、以前、某雑誌で一緒にお仕事をさせていただいた丹治さんの出版社、アノニマスタジオ のブースへ。
 丹治さんは夏っぽい爽やかなシャツを着て、お洒落なカフェのオーナーのようなたたずまいで、自らおいしいコーヒーを煎れてくれた。
 コーヒーを煎れるのがこんなに似合う編集者は、丹治さんの他にいないと思う。
 かつて、その某雑誌にいて、私の仕事の引き継ぎをしてくれたKさんは、今、京都でダンナさんとカフェアノニマというお店をやっていると聞かされて、さらにふたりのお子さんもいるとかで、へえーっとびっくりしたり。
 もちろん、アノニマスタジオにちなんだ店名だそうだ。京都に行く機会があったら、覗いてみたい。

 アノニマスタジオでは、秋に高山なおみさんの新刊が出るそうで、とても楽しみ。
 丹治さんは、さりげなくいろんな人に影響を与えている人だなあと思う。

 と、ここでも、Sさんに続き、驚きの報告があったり、なんか今年はおもしろかった。

 ――と遊んでばかりいたわけではなく、目録を集めつつ、歩き回り、このままでは電車に乗れないというほど疲れてしまったので一休みすることに(考えてみれば、午前中も忙しかったので、結構くたびれた……)。
 戸外の休憩所スペースにタリーズがあったので、アイス・ラテを。梅雨の中休みの天候で、心地よい風が吹いていた。
 金曜日ということもあり、皆、このまま直帰しまーすという感じで(もちろん私も!)、コーヒーを飲んだり、早くもビールで乾杯している人たちもいた。
 出版不況とずーっと言われ続けているが、この日は天気がよかったせいか、あるいはボーナス支給日の人が多かったのか、皆、なんとはなしに晴れやかな顔をしていた人が多かった(ように思う)。

  これから、お盆休み進行に従って、じわじわと忙しくなりつつあるけれど、夏休みに向けて、もうひとがんばりの日々です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

天国的なスイーツ――ピエール・エルメ

 6月末から7月にかけての先週末、大阪から連れ合い来たる。2週間ぶりの再会。
 今回は、珍しく新宿で待ち合わせ。
 高島屋1Fのフォーションのティールームが前から気になっていたので、とりあえずそこでお茶と食事。紅茶とサンドイッチやクロクムッシュ、なめらかなポテトクリームにサーモンや夏の野菜が入っている料理など試してみた。
 食べものもおいしかったけれど、さすが、紅茶が有名な老舗だけあって、「エテ」という夏のブレンドがとっても美味だった。おいしずぎて、デザートのキャラメルクリームのエクレア(フランス語だとエクレール?)を食べる際、また違う紅茶を頼む。レモンタルトというフレーバーにしたら、本当にレモンの香りの奥に、焼いたタルト生地のような香りが! フランス人って香りに関しては、こういう独特の凝り方をするよなあと、感心する。
 フォーションのティールームは、シルバーにショッキングピンクを効かせたモダンなインテリアで、天井がなく、売り場の1階の吹き抜けにつながっていて、デパートの中にあるお店としては、いい感じだった。

 ところで、この日は、ちょうどどこもセール開始日で、凄い人出だった。
 しかし……。
 今期から、ようやく嘱託から正社員になれて、ボーナスを凄く楽しみにしていたのだけれど、支給対象期間は、正社員になったこの4月からなので、それも5月締めだとかで、ということはほとんど対象期間がないってことで……。
 会社の規定としてはもっともなのだけれど、正社員とほとんど変わらない仕事内容・責任で嘱託で1年間やってきて、残業も職場の中では多い方だし、でもって、その前の委託契約も含めると、ほぼ2年近く働いているので、なんとなく釈然としない。
 そのうえ、正社員になってからは、嘱託より毎月の給与もぐっと下がったので、プラスになるには、1年以上かかるというわけで、お買いものもそうそうできず、なかなか楽になりません(笑)。道は遠し……。
 でもまあ、世の中がやれボーナスだ、セールだと浮かれいている時、何ひとついいことのなかった派遣に比べると、「贅沢なぼやき」ではある。 

Img_0894_1 と、ぼやいていたからというわけでもないのだろうけれど(笑)、移動した新宿伊勢丹で、彼がボーナスが出たからと、ヘレン・カミンスキーの帽子、Provenceをプレゼントしてくれた。
 ここ3年ぐらいずーっとほしかった帽子だ。でも、絶対にセールはしないブランドだし、私は長いことワーキングプアでボーナスとは無縁の生活を送っていたので、我慢していた(結構なお値段なので)。

↑実際にかぶってみた方が、きれいに見えるのだけれど。 

 随分前に買ったヘレン・カミンスキーをひとつ持っているけれど(詳しくは、以前のエントリー、ラヴェンダーの咲く庭で この時も、このProvenceがほしいと書いている/笑)、これは折り畳めるから凄く重宝するのだ。麦わら帽子って、かぶった後、持ち運ぶのが厄介なので、折り畳めるというのは素晴らしい発明だと思う。
 素材は、ラフィア。天然巨大椰子の葉で、麦わらではない。通気性がよいので、蒸し暑い日本の夏には、ぴったり。
 街中でかぶっている人を見るたびにいいなーと思っていた。
 思いがけないプレゼントで嬉しい。大事にしようと思う。

 マーガレット・ハウエルの上質な、麻の白いシャリッとしたシャツなんかがとても似合いそうなのだけれど、来年、ボーナスがしっかり出た時のお楽しみにしようと思う。
 さらに、お揃いのヘレン・カミンスキーのラフィアのバッグなんかもほしいところだけれど、それも来年に。少しずつ、揃えていければいいかなと。

  さて、その後、伊勢丹の地下にあるピエール・エルメ。私が今まで何度か用意しておいたマカロンやクッキーがおいしかったということで、今回はイスパハンというケーキとレーズンとオートミールのクッキーを。
 Img_0890_3 イスパハンは、バラの香りがする鮮やかなピンクのマカロンに、ライチとフランボワーズ、バラ風味のバタークレームをサンドしたピエール・エルメの代表作(HPより)――という、 マカロン好きにはたまらないケーキ。味的には結構主張するライチが、バラ、フランボワーズ、バタークリームなどの味と絶妙に溶け合っている。マカロンのサクサク感とクリームのしっとり感、フルーツのフレッシュさと、重層的な味わい。

真上から。花びらは、食べられる本物の赤いバラ。水滴がひとしずく……なんと、水あめ。美しい演出。

 おいしい、という言葉で間単に褒めてしまうのはもったいないような味。Img_0891_1

 官能的、天国的、などなど、ふたりしていろいろと言葉を探しながら、味わった。
 リーフレットにあった「スイーツ界のピカソ」という言葉に納得。これはもう、食べる「芸術品」。
 口へ運べば、一瞬で消えてしまうけれど、記憶にはしっかりと刻まれる。
 おいしいものを食べていると、その周りを囲んでいた雰囲気や場所、光の感じから交わした会話まで、いろいろな思い出も一緒に残る。おいしいものは人を幸せにするなあと思う。

 横から見たところ。真ん中に挟まれているフランボワーズの奥に、バタークリームとライチが眠っている。

  というわけで、お酒もいいけれど、スイーツでうっとりするのも、なかなか楽しい。
 それから、ピエール・エルメは、フォーションのシェフ・パティシエであったこともリーフレットで知った。
 不思議な符合を感じたおいしい1日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »