« 元教育大臣オッリペッカ・ヘイノネン フィンランド学力世界一の秘密――「下流志向」な日本と比べると…… | トップページ | 善福寺公園の桜を眺めながら »

2007年3月25日 (日)

かもめ食堂――大切な誰かとテーブルを囲む幸せ


Img_0778_3

 公開時に見逃していたかもめ食堂、 WOWOWでやっていたので、ようやく観ることができた。
 かもめ食堂はフィンランドが舞台、というわけで、今週末はフィンランド特集(笑)。 
 小林聡美、片桐はいり、もたいまさこが主演、というだけで、その空気感が伝わってくると思うので、あまり説明する必要もないかなと思う。

 主人公は、フィンランドで「かもめ食堂」というレストランをひとりで経営しているサチエ(小林聡美)。
 でもお客はなく、来るのは日本のアニメおたくの青年だけ。日本語堪能なフィンランド人で「武士道」と漢字が描かれたTシャツなんかを嬉々として着ている。彼とのやり取りが絶妙で、こういう人、ヨーロッパに、ほんとにちょこちょこっと、いそうだなと思わせる。
 そんなかもめ食堂へ、日本からふらりとフィンランドにやって来たミドリ(片桐はいり)ややっと両親の介護から開放されたという、マサコ(もたいまさこ)が吸い寄せられるように集まる。
 そしていつしか、かもめ食堂を手伝うようになり、閑古鳥が鳴いていた食堂は、連日大賑わい……と、ストーリーは単純なのだけれど、その世界は奥深く、フィンランドを舞台にしながら、日本人らしさがとってもいい感じに出ている、静かで味わい深い映画だ。
 
 小林聡美の清潔感のある美しさ、穏やかで温かみのある人柄、彼女がコーヒーやお茶を煎れる時、料理をする時の、Img_0750見ていて気持ちがいい手際のよさ、片桐はいりのすっとぼけた味わい、もたいまさこの強いて笑わせようとはしていないのに、思わず笑わずにはいられない微妙な間の取り方、淡々とした演技などなど、本当に素晴らしくて、楽しい。
 3人の魅力がいっぱいで、TVドラマの「やっぱり猫が好き」「すいか」(すいかは、私の人生のなかでもっとも好きなドラマ)ファンには、こたえられない。
 あちらこちらに北欧のテーブルウェア(イッタラとかあの辺の)やインテリアが上手く使われていて、マリメッコ のテキスタイルの洋服も次々登場するし、その辺のディテールも北欧好きにはたまらなく、見ていて飽きない。
 とにかく、食べものや飲みものが本当においしそう! コーヒーを煎れるシーンでは、コーヒーの芳しい香りが画面の向こうから匂い立つようだし、シナモンロールのシナモンの香りや(見ていると、ほんとに今すぐ食べたくなる!)、鮭の焼ける匂いや炊き立てのほかほかのごはんの匂いまでしてくるようだった(ちなみに今夜の晩ご飯は、早速、鮭の塩焼きに決めた私)。
 コーヒー煎れる時に「コピ・ルアック」とおまじない唱えてしまいそう(影響を受けやすい私/笑)。「コピ・ルアック」の意味を知りたい方は、ぜひ映画をご覧ください!

Img_0754_1

かもめ食堂のインテリアは、白にブルーグレイっぽい色がアクセントになっていて、シンプルでよかった。白木のすっきりとしたテーブルとかも。自分の部屋も北欧風にしたい欲求がむくむくと……。 
フィンランド、行ってみたくなりました。
ムーミンもいるしね。

 観て真っ先に思ったのは、これは今の日本女性がとっても求めている映画なんじゃないかなということ。ハリウッドの恋愛ものでもなく、SFXを屈指したアクションものでもなく、犯罪ものでもなく……。
 食べること、毎日を丁寧に送ること、そんなことの歓びが伝わってくるようで、少々疲れ気味だった最近の日常に、しみじみと潤いを与えてもらった感じ。
 3人のファンで、北欧好きで、食べることが好きで、という女性――それもあまり若くない/笑――のツボを上手く押さえているなと思った。ものを創るならこれくらいツボを押さえまくる必要もあるのかもなあ、なんてことも思ってしまった。
(また年齢に関わらず、雑誌クウネルの読者だったら、大好きになりそうな感じ)

 そして、見終わった後には、むしょうに料理がしたくなる。何かおいしいものをつくりたくなる。自分のためだけではなく、大切な誰かと一緒にテーブルを囲むために……。それって、人生で一番幸せなことなんだと思う。
 映画のなかでも、「コーヒーは自分で煎れるより、誰かに煎れてもらった方がおいしい」という言葉があったっけ。
 いい映画でした。身体にやさしくておいしいごはんをゆったりとご馳走になったような気分で、「ごちそうさまでした」と言いたくなります。

☆おまけ~フィンランド・グッズじまん☆
Img_0749十数年前に購入したフィンランドのアラビアのマグ。
左のマグは釣り、右のマグはバードウォッチングの絵で、いずれもいかにも北欧らしい冬景色。400mlくらい入るかなりの大容量で、内側もこげ茶っぽい色で、あまり繊細な感じではないので、紅茶やコーヒーよりスープ向き。
今はもうどこにも売っていない、大切なマグです。

 ☆北欧グッズ好きな方へ☆
おすすめのサイト biotope へどうぞ。
北欧の有名デザイナーによるテーブルウェアなどの通販ショップ。
かもめ食堂に置かれていたヌルメスニエミのコーヒーポットもあります。
でもほとんど売り切れ……北欧ブームなんでしょうか。

|
|

« 元教育大臣オッリペッカ・ヘイノネン フィンランド学力世界一の秘密――「下流志向」な日本と比べると…… | トップページ | 善福寺公園の桜を眺めながら »

コメント

「やっぱり猫が好き」「すいか」大好きでした!
「かもめ食堂」もずっと見たくて楽しみにしていたんですけど
WOWOW加入してないし、DVDが旧作になったら借りようと思って
いてまだ見てない~(泣)
ブログ読んでますます見たくなりました~!
北欧グッズ大好きです。滅多に衝動買いしない私なのですが
北欧モノに関しては理性がきかなくなります(笑)。

>3人のファンで、北欧好きで、食べることが好きで、という女性――それもあまり若くない....

という表現が、すごく的確にとらえていてさすが!って思いました。

楽しみが増えました。

投稿: マルガリータ | 2007年3月26日 (月) 00:37

マルガリータさん
かもめ食堂、マルガリータさんもきっとお好きだと思います。
機会があったらぜひご覧になってみてください。

フィンランドって憧れの国だけど、料理は何がおいしいんでしょうね? ニシンとか?(笑)
映画の中でも登場するのは、シナモンロールとコーヒーの他は、和食でした。

投稿: Kate | 2007年3月26日 (月) 23:59

kateさん
 昨日ブログにKateさんのブログをリンクさせていただきました。私の感想って、物足りない感じの内容なのでKateさんのをリンクさせていただいて、正解でした。ありがとうございました。

投稿: うめめだか | 2008年1月28日 (月) 22:57

うめめだかさん
リンク、ありがとうございました。
うめめだかさんのエントリーを読んでいたら、
また見たくなりました。
そう言えば、吉祥寺にマリメッコができたらしいです。
私はまだ覗いていないのですが……。
北欧ものは、密かに人気です。

投稿: Kate | 2008年1月29日 (火) 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/5811677

この記事へのトラックバック一覧です: かもめ食堂――大切な誰かとテーブルを囲む幸せ:

« 元教育大臣オッリペッカ・ヘイノネン フィンランド学力世界一の秘密――「下流志向」な日本と比べると…… | トップページ | 善福寺公園の桜を眺めながら »