« 週末の和みもの | トップページ | テス――美しすぎるが故に »

2007年3月11日 (日)

ヘレン・ミレンとアンブリッジローズ

 第79回アカデミー賞授賞式のダイジェスト編を見る。
 ケイト・ブランシェットが、まるでアール・デコの絵画から抜け出たように美しかった。
 そして、ヘレン・ミレンも素敵だった。ふんだんにレースをあしらったアンティーク風のドレスで、後ろの腰の辺りにやはりアンティーク風のブローチがひとつ。華やかなのに決して過剰ではなく、とてもきれいだった。ああいうドレスは、若い人よりある程度年を重ねた女性の方が甘くなりすぎず、似合うのかも。
 そのヘレン・ミレンは、見事、主演女優賞を「クィーン」で獲得。
 今回のアカデミー賞のノミネートの中では一番見たい作品。その名のとおり、英国の現エリザベス女王を描いたお話。私は、エリザベス女王って結構好きだ。チャールズ皇太子の、今ひとつ頼りない感じと比べると、頼もしいというか(笑)。ヘレン・ミレンも女王のことを「威厳と責任感を持った人」とスピーチで語っていたけれど、感傷に流されずいつも毅然としている姿が、清々しい。故・ダイアナ妃とは非常に対照的な人物だと思う。
 ヘレン・ミレンは、大好きな女優さんのひとり。「コックと泥棒、その妻と愛人」のような妖艶な役から、「カレンダー・ガールズ」の英国カントリーの主婦まで、幅広く演じられる深みのある女優だ。「第一容疑者」という、英国のTVドラマシリーズの捜査官役も凄くカッコよかった。前にNHKで放送していたのだけれど、あのドラマ、もう一度見たいなあ。

 そのほか、「バベル」(ノミネートされた菊地凛子が出演)、「あるスキャンダルの覚え書き」(ベテラン、ジュディ・ディンチとケイト・ブランシェットが主演!)、「リトル・ミス・サンシャイン」(主演の女の子が可愛い!)などが、おもしろそうだった。
 それにしても、毎回思うのだけれど――よくコメディアンの人たちが司会をこなしているけれど、本当に芸があるというか、上手いなあと思う。攻撃的にならない程度の皮肉を盛り込みつつ、ユーモアたっぷりに進める。字幕でも充分おもしろい。
 だから、この手の授賞式ものは、日本のタレントがごちゃごちゃと出てこない、字幕付きの総集編で見ることにしている。本当は1から10まですべて見たいのだけれど、さすがに時間が……(笑)。

Img_0735_1 













 「クィーン」はこのGWから公開なので、楽しみ。

 というわけで、英国にゆかりの深いバラの画像で――昨日の夜まで、まだ蕾だったバラが、どんどん花開いている。
 ころんとしていた蕾からは想像できなかったのだけれど、開くと、花びらが幾重にもびっしり詰まったオールド・ローズ風。私はこういうバラが好き。アンブリッジローズという英国の種類で、アプリコット色に薄いピンクを混ぜたような微妙な色合い(青山フラワーマーケットでまたこのバラを買ってこよう)。
 この香りを届けられないのが残念。

|
|

« 週末の和みもの | トップページ | テス――美しすぎるが故に »

コメント

Kateさん、こんばんは。
光に透き通るアンブリッジローズの画像が、映画のスティル写真のように美しいですね。
夜の碧い背景から浮かび上がる、前日のつぼみの画像とのコントラストも鮮やか!
これで、リンゴのような甘く爽やかな香りがモニターから漂って来れば最高なのですが(笑)

Kateさんのエントリーを読ませて頂いていると、青山フラワーマーケットは、単にビジネスだけではなくて、「花を買ってくれる人たちに喜んでもらいたい」というマインドが強くある企業なんだな、という風に感じます。

映画『クィーン』、面白そうですね。英国王室のことには詳しくないのですが、日本の皇族の方々、特に皇位継承者にあたられる方々は、幼い頃から、教養と立ち居振る舞いの両面において、徹底した訓練と教育をお受けになっていると聞いたことがあります。そういうディシプリンが、自然なものとして身についていらっしゃるからこそ、諸外国との文化交流などの場面で、大きな成果をあげ続けておられるのでしょうね。

簡単には比較できませんが、エリザベス女王からは、特にそうした意味での「帝王学」を体現していらっしゃる方だという印象を受けます。この点、おっしゃる通り、故・ダイアナ妃とは対照的だと僕も思います。

最後におまけ、「男前豆腐店」の公式H.PのURLです。戦いが行われている模様です(笑)
http://otokomae.jp/

投稿: 灯 | 2007年3月12日 (月) 00:34

一晩置いて、こんばんは。
アンブリッジローズ、今夜もますます美しく咲いてます(笑)。
そろそろ次は、チューリップでしょうか。
ヒアシンスもいいなと思います。

エリザベス女王は威厳がありますが、チャールズ皇太子も、ある種典型的な「英国紳士」なんですよ。
チャールズ皇太子プロデュースのオーガニックのビスケット、日本でも買えるのですが、これがまたおいしいんです。他にもジュースとかジャムとかいろいろあります。すべて、オーガニック、というところがポイント(笑)。結構いい仕事してると思います。畑仕事とか庭仕事がお好きだそうで。あと、ハンサムじゃないけど、スーツの趣味とかいいし(実は結構チャールズファンだったりして……ていうか、私って何気に英国王室ファン?)
ダイアナはそんなことより、きれいな服を着て夜遊びをしたかったんじゃないでしょうか。

それから、男前豆腐店のHP見てみました。
――弊社男前豆腐店株式会社と三和豆友食品株式会社は、資本関係は一切ございません。三和豆友食品株式会社の製造する「男前豆腐」「波乗りジョニー」は弊社製造の豆腐とは製造方法、使用原料も全く異なるものです。――
としつこいくらいに書いてありますね(笑)。
類似品ってやつですか。
確かに、私も「男前豆腐店」の製品かと思ったのですが、メーカー名が違うので、?でした。
それにしても、本物の男前豆腐は、どこで買えるのかな……。
 

投稿: Kate | 2007年3月12日 (月) 21:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/5653298

この記事へのトラックバック一覧です: ヘレン・ミレンとアンブリッジローズ:

« 週末の和みもの | トップページ | テス――美しすぎるが故に »