« マンダリン オリエンタル 東京 | トップページ | 初冬の味と本と音と »

2006年11月23日 (木)

残酷な神が支配する2――これはイアンの物語

 以前、萩尾望都の『残酷な神が支配する』という漫画について書いたことがある。→こちら
 そのことについて、最近また新たに思ったことを。 

 先日、ネット上でふとしたきっかけで、この作品について詳しく述べられているHPを発見した。思わず、目からウロコというか、膝を打ってしまう意見があったので、興味のある方はぜひ。ここ→残酷な神が支配する
 つまり、これは、ジェルミを中心としているように見えて、本当はイアンの物語なのではないか、ということ。否応なく巻き込まれてゆき、イアンも自分自身と深く向き合わざるを得なくなるから。
Moto2_5 それはある程度わかっていたけれど、このHPを読んで今思うのは、ジェルミを救おうとするイアン、という単純な図式で捉えていたのだけれど、実はジェルミの存在によって支えられている――というと、ちょっと語弊があるかもしれないが、イアンの方がジェルミを必要としていた、という捉え方もできるのではないだろうか?ということ。
 と思うと、ますますこの物語が深まってゆく……。

 保険調査官として登場し、たびたびイアンに親身になってアドバイスをするリンドンについても、このHPでは語られている。
 「愛や同情は助けにはならない。愛していればいるほど苦しみは過剰になり倍になり、二人をおそう」
 という、真っ当な彼の言葉。そう、彼はしばしば、専門家に任せなさい、でないとあなた自身が潰れる、というようなことを忠告する。
 このHPの方も、リンドンの言うことは、しごくまともで理解できるのだけれど、自分は冷静さに欠けるのか、読むのが辛かった、と。
 私もそうだ。リンドンの言うことは極めて冷静で正しく現実的なのだが、でも、その先に何かあるのではないか、その先にあるものを見たい、と願ってしまうのだ。
 また、ジェルミの虐待シーンが惨いので読むのが辛いという側面もあるけれど、たぶん読み手に、根源的な問い――人は人を救えるのか、愛するということは何なのか――を突きつてくるから、辛いのだと思う。
 
 ジェルミは、愛を拒絶する。
 その点も、読んでいてかなり辛いところだったことに気づく。
 いくら手を差し伸べても、振り払ってしまう。
 せめてジェルミが苦しみながらも、救いの手を求めている姿が見えれば、ほっとできたのだと思う。人は壊れてしまうと、愛を乞うこともできなくなるのか、というのが辛かったのだ。
 
 そして、『残酷な神が支配する』は、ジェルミの虐待を巡る苦難の物語であると同時に、イアンの内面への旅の物語でもあったのだ。

 現実は、たぶん、誰かひとりに救いを求めるというより、いろんな人との関わりのなかで少しずつ助けられていくものなんだろうと思う。
 私も、いろいろな人に、少しずつ助けられ救われて、今があるような気がする。
 一方、果たして、私自身は誰かの支えになっているのだろうか? 誰かを助けたことがあるだろうか? 傷つけられたことは覚えているけれど、誰かを傷つけ忘れてしまったこともたくさんあるのではないだろうか? などと自分を振り返りると、なんとも心許ない。
 そんなことを思いつつ……『残酷な神が支配する』は、私の心に奥深く住み着いてしまったようだ。

|
|

« マンダリン オリエンタル 東京 | トップページ | 初冬の味と本と音と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/4285746

この記事へのトラックバック一覧です: 残酷な神が支配する2――これはイアンの物語:

« マンダリン オリエンタル 東京 | トップページ | 初冬の味と本と音と »