« 微笑みに出会う街角――トラウマの乗り越え方 | トップページ | 新宿伊勢丹のクリスマス・ディスプレイ »

2006年11月 8日 (水)

桃色の龍

 今日は、残業も買い物なしで、早めに帰宅。
 西荻窪の駅に降りたときは、まだほんのり夕焼け空。ホームからふと空を見る上げると……細ながーい雲が。
 一見、飛行機雲のようだけれど、それよりは明らかに太い。
 ゆるやかに天を駆け昇っていくような、細長い桃色の雲。
 なぜか咄嗟に、あ、龍神!と思う。
 と思って眺めていると、見れば見るほど龍に見えてくる。
 尾の方はうねっているし、背びれのようなものまでたくさん付いているではないか。

 駅を出て銀行へ寄り、さすがに龍はもういないだろうと、また空を見上げると……今度は、桃色ではなく、白に変化した龍がしっかりと天を昇っていた。
 どうして、誰も気づかないのだろう?
 今、この上空では、龍神が駆けているというのに……と空ばかり見て歩いていたら、自転車にぶつかりそうになった。
 よかった、自転車で。車に轢かれてしまったら、私も昇天してしまうところだった(シャレにならん)。
 帰り道の三分の二くらい、白い龍と一緒だった。
 家に着く頃は、あっという間に日が暮れて、龍は姿を消した。
 その代わり、ちょっと欠けたきれいな月が見えてきた。

 前に、とある賢人(ということにしておく/笑)に
「あなたは、龍が付いているから大変ですね」
 と言われる夢を見たことがある。
 何を意味していたのか、未だに謎のままである。
 この世のものではないものが付いているから、大変なのだろうか?

 何にせよ、今日の桃色の龍の雲は、この世のものとは思えないほど、神秘的だった。
 とりあえず、自分のなかで吉兆……ということにしておく。

|
|

« 微笑みに出会う街角――トラウマの乗り越え方 | トップページ | 新宿伊勢丹のクリスマス・ディスプレイ »

コメント

Kateさん、こんにちは。
以前「オーラの泉」という番組で前田日明さんが
同じように龍(龍が天に登って行くような雲)を見た
とおっしゃってました。
確か悪いものではないという解釈だったような。
むしろ守ってくれてるようなものだったと思います。
美しい桃色の龍。きっと吉兆です!

投稿: rei | 2006年11月 9日 (木) 13:26

私も吉兆に一票!

投稿: eco | 2006年11月 9日 (木) 15:25

reiさん
私もその番組見てます。
だから、すぐに龍神!と思ったのです。
前田日明さんの龍と比べると、ちょっと弱々しく、
昇り方がもっとゆるやかでしたが。
女性的な龍でした(笑)。
ところで、龍にも性別ってあるのかしら?!

ecoさん
今年はプライヴェートも体調もなかなかに悲惨なことが
続きましたが(笑)、今までの悪いものが出て、
今は「解毒の時期」と思うようにしています。
祓い清めるために現れてくれたのかなーと思います。

投稿: Kate | 2006年11月 9日 (木) 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/4116549

この記事へのトラックバック一覧です: 桃色の龍:

« 微笑みに出会う街角――トラウマの乗り越え方 | トップページ | 新宿伊勢丹のクリスマス・ディスプレイ »