« 夏休みはもう終わり | トップページ | 結婚できない男――沢崎摩耶に焦点を当ててみる »

2006年8月30日 (水)

結婚できない男――すみません、素直じゃなくて

 タイトルの「すみません、素直じゃなくて」は、夏川結衣演じる早坂先生のセリフより。
 今回の『結婚できない男』は、えっ、信介に彼女が?!という、意外な展開。

 ところで、同じ職場の30代独身のMさんとは、火曜のランチタイムにて、
「今日だね、阿部ちゃん」
 と言い合い、水曜の朝には、
「昨日の阿部ちゃん見た?」
 という言葉を交わすのが、習慣になりつつある。
 阿部ちゃんというのは、もちろん『結婚できない男』のことである。

 で、本日水曜日はこのネタで、いつにも増して盛り上がった。
「あの感じわかりますよねえ。意外な人に、彼女ができたりすると、えーーっ!と思って、なんかショックなんですよね。ほんとに先越された!って感じで」とMさん。
「わかる、わかる。その人のこと、別に好きじゃなくてもね」と私.

「こっちがいい人見つけられなくてウロウロしてるのに、
実は桑野さんに彼女がいたなんて、悔しいじゃないですか。
よりによって桑野さんに先越されるなんて!」

 とは、信介に彼女ができたと思い込んだみちる(国仲涼子)のセリフ。

 私も、離婚後しばらくしてから、元夫のHPの日記を何の気なしに読んだことがある。
 夫婦同然みたいな付き合いをしている相手がいることを知り、なるほど、やはりそうかと冷静だったが(その相手も私の知っている人だったから)、どんどん遡って読んでいくと、なんと私との離婚届けを出した直後のクリスマスに、その女性とレストランで食事をしていたことを知り、胸がちょっとざわついた。
 未練があるとか寂しいとか、増してや嫉妬という感情なんかでは全然なく、この「先を越されていたなんて」という感覚故の胸のざわつき。

 私は、そのクリスマス、どうしていたろう?
 引っ越しの荷物に埋もれ、無職だったけど年の瀬で職探しもままならず、先行きの不安に怯えつつ、ワインを飲んで引きこもっていた記憶が……。

 それにしても、こういうことを詳しく知れてしまうネット社会ってのも、どうなんでしょうねえ。
 ま、見なけりゃいいんだろうけど。ちなみに元夫は、正式に再婚したのか、全然知りません。HPの日記やめてしまったので(笑)。

 ま、自分の離婚話はさておき。
(離婚の経験をムダにしないためには、ネタにしてしまうに限る/苦笑)。

「年と共に恋愛に入るハードルが高くなった気がしません?
ましてや結婚なんて……」

 という高島礼子のセリフも、私が同世代の友人と日常交わしている言葉そのもの。

 そして、今回の聞き捨てならん、このやり取り!
 信介がえらく若い子と付き合っていると勘違いしていた早坂先生が、
「ちょっと年が離れすぎてません?」と聞くと、信介は
「男はね、相手がどんなに年下でもOKなんです
と答える。
 まさに世の男たちを代弁しているかのよう(笑)。
「そう言えば、娘みたいな年の人と
再婚する男の人ってよくいますよね。
その逆はいないのに。なんかずるい」
「若い子は素直で可愛くていいですよ。
人の言うことにいちいち茶々を入れたりしないし」
「すみません、素直じゃなくて」

 私も最近は、素直さからは遠いところに来てしまったかも……。
 ひとりで仕事して生きていると、素直なだけでは、やってられん!って感じで。
 まさに、私も「すみません、素直じゃなくて」状態。

 だけど、そんな早坂先生の「恋愛したいんだと思います」という言葉には、「素直に」頷いてしまうのであった。
 その狭間で揺れる「結婚しない女たち」の視線にも寄り添っているドラマだ。

 結局、信介は、若い女の子に振り回されただけで、何もなく終わる。
 それでも、はじめウハウハしていた信介だけれど、ゲームセンターやシミュレーションマシンで遊びまくるデートには憔悴したようで、おかしかった。年の差っていうのは、そんなささやかなところで感じるものかも知れない。


★今回のこだわりの逸品★

 早坂先生の、お見合いがうまくいって結婚するという嘘を信介が信じ、早速お祝いを買いにいくシーンでは、プレゼントにウェッジウッドのプシュケ が使われていた。
 実際に、今月発売されたばかりの新製品のようで、プシュケという名前のカップを選ぶなんて、さすがこのドラマならではのこだわりが感じられる。
 ドラマに出てきたウェッジウッドのお店は、丸の内にある本店だと思う。
 Img_0392
 ところで私は、このプシュケと同じシェイプのウェッジウッドのティーカップを持っている。
 フロレンティーンという柄。
 モノトーンでちょっとゴシックな雰囲気。聖堂のレリーフみたいな柄で気に入っている。
 カップには「ちょっと」うるさい私(笑)。Img_0393_1

 


 

 

|
|

« 夏休みはもう終わり | トップページ | 結婚できない男――沢崎摩耶に焦点を当ててみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/3263139

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚できない男――すみません、素直じゃなくて:

« 夏休みはもう終わり | トップページ | 結婚できない男――沢崎摩耶に焦点を当ててみる »