« 海老名香葉子さんの話に思うこと | トップページ | 夏休みはもう終わり »

2006年8月18日 (金)

ゆれる

 8月16日水曜日は、新宿武蔵野館にて映画ゆれる を観に行った。
 オダギリジョーと香川照之主演。
 監督・脚本は、まだ30代前半の女性、西川美和さん。

 

 Img_0379_3ポスターを見た時は、今、人気の俳優を使った、雰囲気だけの、ぼそぼそとセリフを喋る、けだるい映画かな……という印象を受けたのだが、そういう思いは覆された。
 冗長なところはなく、冒頭から最後まで一気に引き込まれた。

 東京でカメラマンとして活躍する弟(オダギリジョー)と田舎で実家のガソリンスタンドを継ぎ黙々と働く兄(香川照之)。
 法事で帰郷した弟は、兄と幼な馴染みの女性と3人で渓谷へ出かける。
 その渓谷にあった、壊れかけた吊り橋で、ある事件が起きる。
 ゆれる吊り橋。ゆれる兄弟の思い。
 その橋さえ渡らなければ、平穏に続いたかも知れない日常……。
 その日常に亀裂が入ったことによって、それぞれの胸に隠されていた葛藤や嫉妬や憎しみがあらわになる。

 
 吊り橋での事件を巡り、何が真実で現実なのか、迷路に彷徨い込んでしまうそうになる。そんなミステリー仕立てのおもしろさもある。
 そして、人の心の奥底に潜む見たくない部分をえぐりだすような、ひりひりする映画でもあった。

 弟は、人生の「オイシイところ」を上手くつかめた人間。
 家のしがらみもなく、仕事も女もうまく操り、すっかり都会の生活が板に付いている。
 金もそこそこ、彼の元にいい感じに回ってくるようだ。
  何しろ、白いキャディラック(車は詳しくないのだけれど、あの車体の長い車はそうだと思う)に乗っているんだから。
 で、レイバンのサングラス(たぶん)をかけ、実家に帰るのにも革 のジャケットを着ている弟。
 ところで、そんなアイテムに囲まれていたら、失笑したくなるが、オダギリジョーだとそれほど厭味にならないのが不思議(笑)。
 ちょっとした動作、佇まいなどが、やけにサマになる。モテる男役には、なるほどうってつけの俳優だ。カッコいい(何を今さらという感じか)。
 今まで何を見ても印象が薄く、人気があるわりには、私はあまり好きではなかったのだが、この映画のオダギリジョーは凄くいい。

 逆に兄は、「ハズレクジ」人生。
 頑固な父親とちょっとさびれたガソリンスタンドで働きづくめ、厭な客にもぺこぺこと頭を下げる。家では、亡くなった母親の代わりに家事も引き受けている――ああ、香川照之が洗濯ものをたたんでいるあの背中、あの佇まい!
 30代半ばで、地方で暮らしているのに、結婚もしていない。
 で、兄役の香川照之。この人も、映画やドラマに今ひっぱりだこ状態。
 彼はほんとに、上手い! 素晴らしい役者だ。
 ふだんは温厚で堅実な人間が、ある瞬間に見せる、暴力性と怒りの感情……があまりに真に迫っていて鳥肌が立った。

 そんなふうに、都会と地方のふたつの風景のなかで生きる、まったく異なる兄弟の姿。
 言葉にはしないけれど、そんな確執が、ひっそりと澱のように溜まってゆき、吊り橋の事件をきっかけに噴出するのだ。

 事件の発端の場として、ぐらぐら揺れる吊り橋を舞台に選んだのがいい。
 そこからさまざまに動く気持ちのありようも含んだ「ゆれる」というタイトルも秀逸。

 また、ガソリンスタンドで寡黙に働くアルバイトの男の子の存在がよかった。
 その後もずっと働き続け、結婚して、娘が生まれ父親になる。
 彼は、「ハズレクジだった兄」のかけがえのなさをちゃんとわかっていた人間である。
 こういう厚みのある人物の描き方が深い!

 それから、頑固親父役の伊武雅刀もよかったし、地元の刑事役がなんとピエール瀧で、妙に貫禄があってはまっていたのがおかしかった。彼は、今後も役者やるといいんじゃないかな。

 あまり女、女と言いたくないが、男の世界と言われる映画界で、女性でこの若さでこんな傑作を撮ってしまった西川監督。
 どんな場所でも、表現すべきものを持っている人は、必ず出てくるものだと思った。
 これからが楽しみな監督だ。

|
|

« 海老名香葉子さんの話に思うこと | トップページ | 夏休みはもう終わり »

コメント

マイミクのmemexさんも賞賛していたので、見に行きたい、と思いつつ、なにしろ映画ってほんと、ぜんぜん見られず。いま一番気になってるのはソクーロフの『太陽』なんだけど。

投稿: beeswing | 2006年8月19日 (土) 19:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/3107668

この記事へのトラックバック一覧です: ゆれる:

« 海老名香葉子さんの話に思うこと | トップページ | 夏休みはもう終わり »