« 結婚できない男――桑野信介と私の共通点 | トップページ | イニシュモア――ギネスで乾杯 »

2006年8月 3日 (木)

結婚できない男――食材ヲタ的視点で見ると

――昨日のさらなる補足――
 信介が茹でていた、あの素麺。
 黒い紙(黒帯?)で束ねてあったけれど、あれはきっと通常のより長く寝かせて熟成させた高級品のはず→揖保の糸素麺 手延そうめん古特級品 
 普通のは、赤帯なのだ。

 それから、その素麺が入っている引き出しに、パスタもちらっと見えたけれど、あれはディチェコ。歯応えがあってソースの絡まりがよく、おいしいブランド。別に高級品ではないけれど、よく選択してあるなあって。
 あれがママースパゲッティだったら、がっかりだもんね。

 と、食材ヲタ的視点からの補足でした。
 人それぞれの興味の持ち方で、気づくところが違うのがおもしろい。

 ところで、こんなHPもあるのご存じ?
 「ちょっと行くのが好きな」金田のHP→建築家 金田裕之
 何気に公式HPにあるんです、こんな仕掛けが。

 ところで、昨夜、せっせと「『結婚できない男』――桑野信介と私の共通点」を書いているうちに、ジョアン・ジルベルトの先行予約の締め切りが過ぎていた……。
 正にブログをUpした昨夜、2日の夜までだったはず……すっかり忘れていたのだ。
 もう大ショック。
 何をやっているんだ、自分。

 だからもう、来週は書かないっ!(……でいられるか?)

|
|

« 結婚できない男――桑野信介と私の共通点 | トップページ | イニシュモア――ギネスで乾杯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/2921935

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚できない男――食材ヲタ的視点で見ると:

« 結婚できない男――桑野信介と私の共通点 | トップページ | イニシュモア――ギネスで乾杯 »