« のりたまと煙突 | トップページ | ゲド戦記――ファンタジーの力 »

2006年6月25日 (日)

紫陽花、紅茶、そしてサッカー

 

Img_0265 ふと気づいたら、6月も最後の週ではありませんか。梅雨の時期は、今ひとつ調子が出ないけれど、この季節ならではの楽しみは、紫陽花。
 以前派遣先でお世話になったT女史――と、働いていた私たちは彼女のことをよくこう呼んでいたので――から、「実家の庭の紫陽花をお分けしますので、ぜひ会いましょうという」メールをいただいた。紫陽花、いいけど、忙しいのだよなあ……と思いつつも、先週、四谷のPAULにて会った。ピンク色になった紫陽花と墨田の花火という白いガクアジサイをたっぷりもらった(最近、お誘いのメールは、女性からばかりです/笑)。
 うちに戻って束をほぐしてみると、何枝もあったので小分けにして、白い水差しやピンクのラベルのレモネードの空き瓶などに差し、テーブルの上、キッチン、トイレとあちこちに飾ってみる。
 こんなにたくさん部屋中に花を飾ることはないので、確かになんだかいい感じ。庭から直に切ったものなので、元気だし。
 梅雨のどんより気分が、ちょっぴり、華やいだ。Img_0270_1

自然にちょっと触れただけで、
全世界を身近に感じる。
――ウィリアム・シエクスピア
『イギリス・言葉の花束 人生はまだ開かない薔薇の希望』出口保夫編より

 

 それから、今飲んでいるのは、Janat(ジャンナッツ)というフランスのブランドの紅茶。
 Img_0276このジャンナッツブレンドは、「厳選されたダージリンの紅茶にグレープフルーツをはじめとするシトラス系のフルーツとローズで香りをつけました」というもの。

←2匹の猫が寄り添うマーク付きの缶も可愛い

 シトラス系と薔薇という組み合わせは、おいしいかまずいか賭けだなあと思い、でも試しにと飲んでみたら、大当たり! ダージリンとシトロン系のすっきり とした味わいのなかに、薔薇の甘味がふわりと広がる。なんとも不思議な紅茶。意外な組み合わせなのに、違和感がない。さすが、フレグランスの国、フランス の紅茶。香りの付け方が独特で繊細(カルディエという輸入食品店にて購入)。
Img_0272_1 清涼感と甘さ両方あるので、今の微妙な季節にも合うし、ほんとにおいしーい! あと、ミルクなしで十分おいしいというのも嬉しい(ミルクたっぷり入れると、太るんだな、これが)。

←薔薇の花びらがそのまま入っている茶葉



よい紅茶とは、よい仲間をつくり、
気分を壮快にし、心をひらき、
会話から緊張を取り去り、
人びととの交際にあって、至福の時間を高めてくれる。
――アーサー・ブルック
『イギリス・言葉の花束 人生はまだ開かない薔薇の希望』出口保夫編より

 そして、ワールドカップに全然追いつけない私……録画が溜まる一方で焦っている。
 今日はさっきやっとイングランド×スウェーデン戦の2対2の引き分けを見終わったところ(いつの試合だよ)。ジョー・コールのシュートが素晴らしかった! イングランドはのっぽのクラウチがお気に入りなので、応援している。イングランドが勝つと思いきや、後半、スウェーデンの怒涛の攻撃で、ぎりぎりで同点に。スウェーデンってあまりサッカーのイメージがなかったけど、わりかし強いんですね。
 日本代表については……きっと1000万人くらいの日本人がああだこうだと言っていそうなので、私は黙って通り過ぎようっと。
 ただ、試合終了後、グラウンドから立ち上がれない中田の、なんとも哀切きわまりない姿……が目に焼きついた。

 しかし、日本は消えたけど、決勝戦はこれから。
 「強くて美しい男」たちを当分観賞できる(!)日々が続くと思うと、この鬱陶しい梅雨もなんとか乗り切れそうな気分。

|
|

« のりたまと煙突 | トップページ | ゲド戦記――ファンタジーの力 »

コメント

Janatの紅茶、うちの近くの喫茶店で出してくれるところがあります。
そこではメニューにたくさんの種類のJanat紅茶が載っていて、名前と特徴が書いてあってナンバーがふってあるので、私は「○×番をアイスで!」みたいに頼んでいますよ。
それにあじさい、部屋中に飾って眺めていると、梅雨のうっとうしい気分もちょっと変わるのではないでしょうか?
梅雨時でないと気分が出ない花ですものね。

投稿: ローズ・マダー | 2006年6月26日 (月) 05:40

ローズ・マダーさん
Janatは、他にMerciというブレンドがおすすめ。
ストロベリーの果肉とバニラをたっぷり使った甘い香りのブレンド。
はじめはストレートで、2杯目からミルクティーで飲むとおいしい。

紫陽花を部屋のなかに豪快に飾るのは、なかなかよいです。

投稿: Kate | 2006年6月27日 (火) 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84419/2372440

この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花、紅茶、そしてサッカー:

« のりたまと煙突 | トップページ | ゲド戦記――ファンタジーの力 »